ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
”A Portrait of The Open” by Tom Watson

全英オープン

ロレックスとゴルフ

イングランドの北西に位置するロイヤル バークデール ゴルフクラブは、これまでに何度も全英オープンを迎え入れてきた。2017年はここで開催される10度目の大会となる。1889年の設立以来、ロイヤル バークデールは、ゴルフにおける最高レベルのスキルと実力を試す理想的なコンディションをゴルファーたちに提供してきた。それがこの場所を歴史と権威あるゴルフ選手権の舞台にふさわしいものとしている。

デイデイト 40

オイスター パーペチュアル

1956年、オイスター パーペチュアル デイデイトが誕生。18 ct ゴールドまたはプラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアルに日付だけではなくフルスペルの曜日も表示する、世界初の腕時計であった。特別にデザインされたプレジデントブレスレットを装備するデイデイトは、世界中のエリートのための究極の逸品であり続けている。

アーノルド・パーマー

全英オープン

全英オープン – ロレックスとゴルフ
ロレックスは、全英オープンのオフィシャルタイムキーパーであることを誇りに思う。ロレックスとゴルフについて、ロレックス公式サイトで詳細を見る。

アーノルド・“ザ・キング”パーマーは、ゴルフ界のパイオニアだ。カリスマ性を備えたこのアメリカ人ゴルファーは、持って生まれた才能とコース上での数々の勝利、そしてゴルフの歴史におけるその先駆者的な役割を果たしてきたことで、ゴルフの伝説の中でも特別な地位にある。彼はこのスポーツの人気向上に貢献し、全英オープンでの2度のタイトル獲得が、結果として最も古いゴルフトーナメントの知名度を世界レベルで高めることになった。彼が残した遺産は、若い世代のゴルファーたちにも強い影響を与えていくだろう。

ジョーダン・スピース

ジョーダン・スピース

全英オープン

2015年は、ジョーダン・スピースにとって歴史的な年となった。22歳という史上2番目の若さでメジャーを2大会連続で制するという偉業を成し遂げた。それ以外にも上位入賞を果たし、新たな伝説の誕生を告げるシーズンを飾った。スピースは現在、ゴルフ界において究極の試練である、ロイヤルトゥルーンにおける2017年全英オープン勝者の有力候補の一人である。真のチャンピオンとして、スピースは再び歴史をつくろうとしている。

フィル・ミケルソン

全英オープン

フィル・ミケルソンの2013年全英オープン優勝は、輝かしいゴルフキャリアに絶頂期をもたらした。「全英オープンの歴史の一部になれた瞬間は感無量でした。自分にとってこの大会を制するのは最も大きなチャレンジであり、遂にクラレット・ジャグを手にしたことは、私にとっても自分のキャリアにとっても、素晴らしい功績となりました。」と、彼は勝利後に語った。メジャー大会で5つのタイトルを獲得したアメリカ人ゴルファーのミケルソンは、ロイヤル バークデールで開催される2017年全英オープンの有力な優勝候補の一人である。

ジェイソン・デイ 全英オープン
ジョーダン・スピース 全英オープン

ブルックス・ケプカ

全英オープン

アメリカ人若手ゴルファー、ブルックス・ケプカは、全英オープンでの優勝を夢見ている。2015年の同大会でトップ10入り、2017年の初のメジャー大会制覇。大西洋の両岸での勝利を味わったこの新鋭が今、ゴルフ界で最も熱望されるトロフィーのひとつを獲得することに焦点を定めた。冷静沈着な精神とパワフルなスイングで知られるケプカは、2017年ロイヤル バークデールで開催される全英オープンでの優勝を狙う。

トーマス・ピータース

トーマス・ピータース

全英オープン

トーマス・ピータースは、2013年にプロ転向以降、ランキングを一気に駆け上ったベルギー人ゴルファーだ。欧州ツアー、特に2016年のライダーカップでは目覚ましいパフォーマンスを披露し、ピータースはゴルフ界の頂点で着実なキャリアを築きつつある。コース上で彼は最も若いプレーヤーかもしれない。しかし全英オープンで“チャンピオン ゴルファー オブ ザ イヤー”になるという偉大な目標に見合う実力を備えた不屈の挑戦者のひとりであることは間違いない。

ジャック・ニクラウス 全英オープン

トム・ワトソン

全英オープン

全英オープン – ロレックスとゴルフ
ロレックスは、全英オープンのオフィシャルタイムキーパーであることを誇りに思う。ロレックスとゴルフについて、ロレックス公式サイトで詳細を見る。

トム・ワトソンは、今日なお現役で活躍する最も成功したオープンチャンピオンの一人とされている。僅か9年間でオープン5度優勝という、比類ない偉業を達成。8度のメジャー優勝とトータル39勝をPGAツアーで収めた、アメリカ人にとってアイコン的存在であるワトソンは、ゴルフ界の伝説だ。PGA年間最優秀選手に6回選ばれ、1978年から1982年まで世界ランク1位を保持し、不滅のプロゴルファーの一人として名声を確立している。2011年には61歳で全米プロシニア選手権優勝。1980年創設のシニアツアー史上最高齢のメジャー優勝者となり、その健在ぶりを証明した。

他の記事を見る

ロレックスの世界についてさらに見る