レディ デイトジャスト

Graceful elegance

“A classic timepiece, designed for a lady.”

オイスター パーペチュアル レディ デイトジャストを、そう表現する人がいる。その通りかもしれない。20世紀初頭からロレックスは、すべての女性の手元にふさわしい腕時計を伝説的な他のモデルと同じ基準でデザインし、作り上げてきた。もし「クラシック」が、より高い基準を追求し続けることであり、エレガンスと精度、優雅さと耐久性、そして美しさとパフォーマンスを融合しながら伝統を永続させることを意味するならば、レディ デイトジャストは確かにレディのためにデザインされた、クラシックなタイムピースである。

ロレックスの華やかな女性用クラシックモデル。洗練された魅力とスタイル、そして技術的性能を備える。

プロポーション、堅牢性、エレガンスの完璧な調和。

コレクションの中で最もバリエーションが豊富なモデルのひとつ。

レディ デイトジャスト ロレゾール

ロレックスと20世紀の女性たち

ロレックスは創立当初より、大きな目標を持ち続けてきた。そして20世紀初期に、腕時計は最先端技術を取り入れ、当時の標準だった懐中時計と同等の信頼性と精度を備えたものであるべきだと考えていた。

腕時計に必要な小型で精密なムーブメントを製造することは、ロレックスの創立者であるハンス・ウイルスドルフのビジョンを実現するための課題であった。当時、腕時計は脆く、女性のための宝飾品とみなされていたが、彼は男性だけでなく、女性にもモダンで信頼できる腕時計を提供しようと考えていた。

着用ウォッチ

1914年、時計の精度測定において世界で最も権威のあるイギリスのキュー天文台より、ロレックスのモデルに腕時計として初のA級証明書が与えられた。この証明書はそれまで、航海用のクロノメーターのみに与えられるものだった。

これをきっかけに、ロレックスは1957年、精度が保証され、日付表示を備え、女性向けに特別にデザインされたクロノメーター腕時計を発表した。レディ デイトジャストは、ハンス・ウイルスドルフの永続的なミッションに敬意を表し、時計製造における新たなランドマークとして誕生した。

「女性は、小さな時計と精確なムーブメントという両方の良いところを求めます。しかし、時計が小さくなればなるほど、精度を保つのが難しくなるのです」

1957年 レディ デイトジャスト
レディ デイトジャスト

Heir to the Datejust

1957年に発表されたレディ デイトジャストは、1945年の発表以来、スタイルと技術的性能の代名詞としてロレックスを象徴してきたデイトジャストの特質のすべてを備えている。

この日付表示付きクロノメーターの女性用モデルであるレディ デイトジャストは、デイトジャストのエレガンスを華奢な手首にぴったりな小さなサイズで表現している。

ホワイトゴールドのレディ デイトジャスト

伝統

レディ デイトジャスト ロレゾール

レディ デイトジャスト

オイスター、28 mm、オイスタースチール&エバーローズゴールド

このモデルを見る
  • ソーニャ・ヨンチェヴァ
    詳細を見る
  • エバーローズ レディ デイトジャスト
    詳細を見る
  • オイスタースチール - レディ デイトジャスト