professional_watches_cosmograph_daytona_0001_1920x1080.mp4

コスモグラフ デイトナ

走り続けるために生まれたウォッチ

オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナは、ドライヴィングとスピードに情熱を捧げる人々の究極の実用時計である。1963年に誕生したコスモグラフ デイトナは、プロのカーレーサーのニーズに応えるよう設計された。最高のパフォーマンスを求めるモータースポーツの世界に、永遠の、そして真のアイコンが加わった。コスモグラフ デイトナは、誕生から50年以上経ってもなお、スポーツクロノグラフにおける比類なき存在として君臨し、時間を超越し続けている。

コスモグラフ デイトナ

デザイン

シンメトリーと
バランス

タキメーター目盛り、および3つのカウンターとプッシャーを備えたコスモグラフ デイトナは、耐久レースドライバーの究極の計時ツールとなるようにデザインされた。このクロノグラフによってドライバーは経過時間を計り、その時間は時間、分、秒ごとにダイアル上に表示される。時間と分は、9時位置と3時位置の特徴的なカウンター上にそれぞれ表示され、秒は先端が矢印のセンター針とダイアルの周りの60秒目盛りによって示される。

セラクロム べゼルは、経過時間に基づき所定の距離間の平均速度を示すタキメーター目盛りを備えている。この目盛りの最適な視認性により、コスモグラフ デイトナは、キロまたはマイルで表示される、時速400ユニットまでのスピードが計測可能な理想的なツールとなっている。

デイトナのクロノグラフ機能は、使用しない時にはリューズのようにケースにねじ込まれているプッシャーにより作動する。クロノグラフ機能のスタート、ストップ、リセットのために押下すると、カチっとした鋭い音が響く。ロレックスのウォッチメーカーは、プッシャーを押した時に指に理想的な感触が得られるよう、そして瞬時に、正確に計測が開始できるよう、機構を完成させた。

professional_watches_cosmograph_daytona_the_rolex_way_0001.mp4

コスモグラフ デイトナには、ロレックスが開発・製造した機械式自動巻クロノグラフムーブメント、キャリバー 4130が搭載されている。このムーブメントの設計は、標準的なクロノグラフより部品数が少なく、それゆえにムーブメントの信頼性が向上した。また、省スペース化によって、より大きいメインスプリングを搭載できるようになったため、パワーリザーブは約50時間から約72時間に延長された。

特徴

レースサーキット
のために生まれた
クロノグラフ

キャリバー 4130の性能は、クロノグラフ機能への動力伝達に従来の水平クラッチではなく垂直クラッチを採用することで実現している。

このメカニズムは、上下に重なった2枚のディスクが直接、摩擦、接触することによって共に作動するという原理に基づいており、プッシャーが押されると同時に、スムーズに動くクロノグラフの秒針を正確にスタート、またはストップさせることができるという大きな利点がある。また、長時間クロノグラフ機能を使用しても、時計の精度に影響を及ぼすことがない。

デイトナの特定モデルに採用されているハイテク セラミック製のモノブロック セラクロムベゼルには、耐蝕性と耐傷性に優れ、紫外線による影響を受けにくいなど多くの利点がある。また、この極めて耐久性に優れるベゼルには、セラミックに型取られ、PVD(物理蒸着)加工によりプラチナまたはゴールドの薄い層でコーティングされたタキメーター目盛りが備わり、高い視認性を提供する。一体型のモノブロック セラクロム べゼルは、クリスタルをミドルケースの所定の位置にしっかりと固定し、防水性能を保証する。

コスモグラフ デイトナはモーターレースの世界と密接なつながりがある。ドライバーは経過時間を計り、トレードマークであるタキメーターベゼルで平均速度を読み取ることができる。この腕時計は、20世紀初めにスピードとレースへの情熱が栄華を極めた場所、フロリダ州デイトナに敬意を表している。この名前が具現化するロレックスとモータースポーツの歴史的かつ特別な絆は、2013年にロレックスがFormula 1®の世界にグローバルパートナー及びオフィシャルタイムピースとして参入したことによってより強まった。

世界観

キング・オブ・
スピード

1960年

デイトナビーチ

1903年から1935年にかけて、フロリダ州デイトナの固く締まった砂のビーチは、スピードの新記録を達成するための理想的な場所として世界的に有名になった。80もの公式記録がこの地で測定され、そのうち14は世界最高速度を記録した。デイトナはスピードの世界の中心として知られるようになった。

1931年

「秒を競う」

1960年

デイトナビーチ

1935年3月にはイギリスのドライバー、マルコム・キャンベルが、愛車のブルーバードで時速276マイル(445km)という地上最高速度の記録を達成した。数カ月後には、ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツにて、時速300マイル(482km)の壁を破った。キング・オブ・スピードとして知られる彼は、1930年代初めからロレックス オイスターを身に着けていた。モータースポーツにおける初のロレックス テスティモニーとデイトナは当初から緊密な関係にあったのである。

1963年

最初のコスモグラフ デイトナ

1965年

コスモグラフ デイトナはさらなる進化を続けている

デイトナ・インターナショナル・スピードウェイは1959年にオープンし、以来ロレックスは同サーキットのオフィシャルタイムピースを務めている。数年後、このアメリカのレーストラックとの関係を深めるため、新しいモデルをコスモグラフ デイトナと名付けた。24時間を通して人間とマシンの限界が試される、ロレックス デイトナ 24時間レースは、今日“ザ・ロレックス”として知られている。

ひとつひとつのロレックスには
ストーリーがある

ジャッキー・スチュワート卿

コスモグラフ デイトナを

店頭にて

実際に体感する

お客様ご自身がロレックスの細部にまでいたるこだわり、均衡のとれた重量感、快適性と操作性、そして感触を実際に確かめ、体感することが最良だと信じています。

全ての販売店を見る
No Authorized Retailers were found in your Location
関連記事

パーペチュアル

ダイアルに記された言葉以上の意味をもち、
パーペチュアルとは私たちを突き動かす精神である。