professional_watches_gmt-master_ii_video_cover_0001_1920x1080.mp4

GMTマスターⅡ

グローバルに活躍する時計

1955年に発表され、2つの異なるタイムゾーンの時刻を同時に表示できるよう設計されたGMTマスターは、本来は世界を縦横無尽に飛び回るプロフェッショナルパイロット向けのナビゲーション機器として開発された。1982年、新しいムーブメントを搭載して使用感が向上したGMTマスターⅡが、初代モデルの後継者として登場した。その比類なき機能性と堅牢性、一目でわかるデザインは、広く世界を旅する人々を魅了してきた。

GMTマスターⅡ

デザイン

ハイテクセラミック

象徴的な2色のベゼルにより、GMTマスターⅡは一目でわかる時計となっている。両方向回転ベゼルには、24時間目盛り入りセラクロムベゼルインサートが備わっている。ロレックスが開発した革新的な方法によって製造された、極めて硬いセラミックから作られている。一つの部品として製造されており、耐傷性と耐蝕性に極めて優れているため、年月を経ても鮮やかなカラーを保つ。

2色のセラクロムベゼルインサートは半分ずつ色分けされており、それぞれ昼間と夜間を表す。ロレックスは、独自の技術を開発。初代GMTマスターのカラーであるレッドとブルーに色分けされた、セラクロムベゼルインサートの製造に成功した。2色の境目がはっきりと明確なのは、精巧かつ精密な、何段階にもおよぶ着色工程による成果である。

数字と目盛りはセラミックに型どられ、PVD(物理蒸着)により、ゴールドまたはプラチナの薄い層でコーティングされる。最後の研磨でベゼルの表面から金属を取り除くことで、なめらかで光沢のある仕上がりとなっている。

2018年に発表された、18 ctエバーローズゴールドと、エバーローズロレゾールモデルのGMTマスターⅡは、どちらもブラックとブラウンのセラミック製セラクロムベゼルインサートを備えたベゼルを特徴としている。いずれのモデルにもこのコレクションでは初めて、ダイアルにパウダーローズカラーでGMTマスターⅡと記されている。

2019年に発表された18 ctホワイトゴールド製のGMTマスターⅡには、メテオライトのダイアルが初めて採用されている。このダイアルは、極めて希少な鉄隕石片で作られている。数十億kmの彼方からはるばる地球にやって来た隕石だ。旅の途中、鉄やニッケルといった、隕石の主成分が徐々に結晶化し、金属構造が現れる。これらの自然の造形により、ロレックスのメテオライトダイアルには、一つとして同じものはない。

GMTマスターⅡ
professional_watches_gmt-master_ii_rolex_way_0001.mp4

特徴

2つのタイムゾーンを
同時に表示

旅行者は、外国にいても2つのタイムゾーンの時刻を同時に読み取ることができる。従来の時針、分針、秒針と、先端に三角形がついた24時間針、そして24時間目盛り入りセラクロムベゼルインサートを備えた両方向回転ベゼルにより、GMTマスターⅡはローカルタイム(現在地の時刻)とホームタイム(基準時刻)や、ローカルタイムと別のタイムゾーンの時刻を表示することができる。

GMTマスターⅡにはキャリバー3285が搭載され、24時間針に影響を与えることなく、リューズでローカルタイムを容易に調整することが可能だ。そして、ローカルタイムだけでなく、ホームタイムの時刻も同時に読み取ることができる。日付変更は従来の時針(ローカルタイム)と連動する。

キャリバー 3285はロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメントである。技術の粋を尽くした、この機械式自動巻ムーブメントは、精確性、利便性、信頼性だけでなく、耐衝撃性と耐磁性においても抜本的な進歩を遂げている。キャリバー3285は、約70時間のパワーリザーブを誇る。

18 ctゴールバージョンのGMTマスターⅡには、3列リンクのオイスターブレスレットが、オイスタースチールバージョンには5列リンクのジュビリーブレスレットが採用されている。2019年、ブルーとブラックのセラクロム ベゼルインサート、オイスタースチール、ジュビリーブレスレットの組み合わせはGMTマスターⅡで初めて実現した。

オイスターブレスレットとジュビリーブレスレットには、誤って開くことがないよう、ロレックスが設計したセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプが備わっている。また、イージーリンク (エクステンションリンク)システムも備わっており、ブレスレットの長さを約 5 mm調節することができ、快適な着用感を得られる。

GMTマスターⅡ

歴史

空を制するもの

1955年、大陸間旅行が急速に広まり始めたころ、GMTマスターは誕生した。かつてパンナムとして知られた、当時最も有名なアメリカの航空会社、パン・アメリカン航空の公式時計として採用された。

世界初の超音速旅客機コンコルドが1960年代に最後のテスト飛行を行った際、英国人とフランス人のテストパイロットがGMTマスターを着用していたことをロレックスは誇らしく発表した。超音速飛行の時代において、GMTマスターの地位が確立した瞬間である。

1955年 - GMTマスターを発売

プレキシガラス製24時間目盛り入りの2色のインサート。

象徴的なデザイン
1955年の初代モデルでは、インサートは昼間を表すレッドと夜間を表すブルーの2色に分かれていた。

長年にわたり、インサートはカラーを様々なカラーの組み合わせで展開されている。初代はプレキシグラス製。1959年に陽極酸化処理を施したアルミニウム製に、2005年にはハイテクセラミック製となった。

1982年 - GMTマスターⅡを発表

新しいムーブメントは時針を独立して操作できる。

独立した時針
初代GMTマスターは、従来の時針、分針、24時間針が同期していた。1982年、ロレックスは時針を他の針とは独立して操作できる新たなムーブメントを採用。

この進化を明確にするため、そして既存のGMTマスターとの混合を避けるべく、最適化されたムーブメントを搭載したモデルはGMTマスターⅡと命名された。以降、使い方と設定方法はより簡単で直感的になった。

2005年 - GMTマスターⅡ

ブラックセラミック製の24時間目盛り入りセラクロムインサート。

セラミックベゼルインサート
2005年、ロレックスはさらなる革新として、アルミニウム製をセラミック製へと変更した。セラミック部品のデザインと製造におけるパイオニアであるロレックスは、モノブロックベゼルとモノブロックインサートを自社で開発した。

以来、視認性を最大限に高めるために、数字と目盛りはセラミックに型どられ、PVD(物理蒸着)により、ゴールドまたはプラチナの薄い層でコーティングされる。  

2013年 - GMTマスターⅡ

24時間目盛り入りのブルーとブラックのセラミック製セラクロムインサート。

2014年 - GMTマスターⅡ

24時間目盛り入りのレッドとブルーのセラミック製セラクロムインサート。

2018年 - GMTマスターⅡ

24時間目盛り入りのブラウンとブラックのセラミック製セラクロムインサート。

ひとつひとつのロレックスには
ストーリーがある

マーク・ウェバー

GMTマスターⅡを

店頭にて

実際に体感する

お客様ご自身がロレックスの細部にまでいたるこだわり、均衡のとれた重量感、快適性と操作性、そして感触を実際に確かめ、体感することが最良だと信じています。

全ての販売店を見る
No Authorized Retailers were found in your Location

2019年 新作モデル

GMTマスターⅡ

関連記事

パーペチュアル

ダイアルに記された言葉以上の意味をもち、パーペチュアルとは私たちを突き動かす精神である。