全仏オープン

クレーコートでの挑戦

赤土で繰り広げられるストーリー

全仏オープンは、毎年5月下旬から開催されるシーズン2戦目のグランドスラム大会で、テニスの4大大会で唯一、クレーコートで行われる。パリ西部ポルト・ドートゥイユにあり、球足が遅く、高く跳ねるこのコートが生む長いラリーに耐えて輝くには、選手は万全の体調で臨まなくてはならない。


2020年、オープンから90年以上が経つローラン・ギャロスは、長期にわたる大規模な改修を終えた。これにより、センターコートであるフィリップ・シャトリエ・コートは15,000人以上の観客を収容でき、新しい開閉式の屋根が選手と観客を天候の変化から守ってくれるようになった。2021年以降、一部の試合は照明の下で夜間に行われている。

2019年より、ロレックスは全仏オープンのプレミアムパートナーおよびオフィシャルタイムキーパーを務めている。

ロレックスのクロック
センターコート

エバートとボルグ –
50年目のマイルストーン

2024年、テスティモニーであるクリス・エバートとビョルン・ボルグが全仏オープンシングルス決勝戦に勝利し、初めてグランドスラムのトロフィーを掲げてから50周年を迎えることをロレックスはたたえる。その後エバートは更に6回、ボルグは5回、パリのクレーコートで優勝に輝いた。

ボルグとエバート

全仏オープンの
チャンピオンたち