サブマリーナー

ダイバーズウォッチの原型

オイスター パーペチュアル サブマリーナーは、ダイバーズウォッチの中でも比類なき存在。深海への扉をひらく。

1953年発表当時、サブマリーナーは、水深100 m(330フィート)までの防水性能を備えた初のダイバーズウォッチでした。これは1926年の世界初防水腕時計オイスターの発明に続く、防水性能の技術発展における2度目の飛躍的進歩であった。時計製造において、サブマリーナーはダイバーズウォッチの基準を定め、歴史的ターニングポイントの象徴となった。現在、サブマリーナーは水深300m(1,000フィート)までの防水性能を備えている。

  • 真のダイバーズウォッチ
    ダイバーズウォッチ
    としてのデザイン

    デザイン

  • 水中のサバイバルツールとして、この時計のデザインは常にダイバーたちのニーズに応えてきた。1953年以来、サブマリーナーは、全体的な機能性向上のための特性を備えながら、技術面とデザイン面で進化を遂げてきた。初代モデルがパイオニアとなり、その後継機種もダイバーズウォッチにおけるベンチマークであり続けた。

  • 新世代のサブマリーナーおよびサブマリーナー デイトは、デザインが新しくなり、少し大きくなった41mmのオイスターケース、大型のルミネッセンスのアワーマーカーを備える独自のダイアル、セラクロムベゼルインサートを備えた逆回転防止ベゼル、オイスターブレスレットを搭載し、オリジナルモデルの特徴を忠実に継承している。

  • ダイアルのクロマライト ディスプレイは、暗闇の中でも視認性を高めるイノベーションであり、ダイバーにとって不可欠な特徴である。三角形、円形、長方形といったシンプルな形のアワーマーカーと、幅広の時針と分針により、水中で瞬時に正確な時刻を読み取ることができる。

逆回転防止べゼルはサブマリーナーにとって欠かせない機能のひとつである。べゼルには60分の目盛りが刻まれ、ダイバーは潜水時間と減圧停止を正確かつ安全に測定することができる。耐蝕性に優れた硬いセラミックを素材とし、ロレックスが製造したこのセラクロムべゼルインサートは、ほぼ完全な耐傷性を備え、紫外線、海水、塩素水に晒されても影響を受けない。

グリーン サブマリーナー
  • 信頼性、
    堅牢性と
    機能性

    特徴

  • サブマリーナーのオイスターケースは水深300m(1,000フィート)までの防水性能を保証し、水や埃、圧力や衝撃からロレックスムーブメントを最適に保護し、高精度を提供する。三重密閉構造のトリプロックリューズは、ケースにしっかりとねじ込まれ、完璧な防水性を実現する。

  • サブマリーナーの逆回転防止ベゼルのエッジの刻みにより、潜水時間を設定する際に確実に操作できる。ベゼルは回転時のカチカチという明確な音でその機能の信頼性を確認できる。ゼロマーカーにはクロマライトの発光塗料が施され、暗い水中でもはっきりと見ることができる。

  • オイスターブレスレットは、技術とデザインの融合であり、堅牢性と快適性を伴うように設計されている。ブレスレットが誤って開くことを防ぐオイスターロッククラスプと、工具を使わずにブレスレットの長さを微調整できる画期的なロレックス グライドロックエクステンションシステムを備え、ダイビングスーツの上からでも快適に着用することができるようになっている。

  • サブマリーナーは2020年発表のキャリバー 3230、サブマリーナー デイトはキャリバー 3235を搭載しています。これらは、ロレックスが独自に開発・製造した機械式自動巻ムーブメントです。その構造、製造品質と革新的な特徴により、並外れた精度と信頼性を誇ります。

  • 深海への

    歴史

  • 1953年
  • 1954年
  • サブマリーナーはもともと、水中探検とダイビングのために特別に作られた。時を経て、水中以外でも活躍の場が広がり、探検家、アスリート、映画監督、アーティスト、その他の様々な職業の人々に愛用されるオールラウンンドな象徴的な腕時計となった。

  • 1969年
  • 1984年
  • サブマリーナーが世に送り出されると、ロレックスの依頼により試験に協力した多くの先駆的な深海のプロフェッショナルたちにより、瞬く間に成功をおさめた。 

  • 2010年
  • 1953年の発売以来、サブマリーナーはその防水性能、堅牢性、機能性を高めながら常に進化してきた。ケースは38mmから40mmサイズになり、クラウンガードが備わった。そして2020年には41mmサイズになった。

ページをシェアする