professional_watches_sea-dweller_video_cover_0001_1920x1080.mp4

シードゥエラー

深海を制覇した時計

シードゥエラー

シードゥエラーとロレックス ディープシーは、深海遠征用のツールとしてロレックスが開発した、究極の防水機能を備えたダイバーズウォッチである。1967年に誕生したロレックス シードゥエラーは現在、1,220m(4,000フィート)、2008年に誕生したロレックス ディープシーは3,900m(12,800フィート)までの防水機能を誇る。これらは、ロレックスのダイバーズウォッチにおける牽引役としての究極の表明であり、何十年にもわたるプロダイバー達との協力関係の成果である。

2014年、ロレックスはジェームズ・キャメロンによる水深約11,000mのマリアナ海溝の海洋最深部への歴史的単独潜水を記念し、スペシャルバージョンのロレックス ディープシー D-ブルーダイアルを発表した。あざやかなブルーから漆黒へとグラデーションを描くダイアルは、海洋最深部に到達した1人の男性の旅を称える。

デザイン

超深海のためのデザイン

シードゥエラー

43 mm、オイスタースチール

シードゥエラーの60 分の目盛り入り逆回転防止ベゼルにより、ダイバーは正確かつ安全に潜水と減圧の時間をモニターすることができる。ベゼルには、ロレックスが製造・特許を取得した、

極めて耐傷性と耐蝕性に優れ、紫外線の影響を受けにくいセラミックを素材とした、ブラック セラクロム ベゼルインサートが装備されている。目盛りにはPVD(物理蒸着)によりプラチナの薄い層がコーティングされている。

ロレックス ディープシーのように設計された時計は他にはない。 3,900m (12,800フィート)の深海までの防水性能を備えたこの新世代のダイバーズウォッチには、プロダイバー達の最も厳しい要求を超えるためにロレックスが開発した、独自の革新的技術が取り入れられている。

リングロックシステムと呼ばれる、特許を取得したケース構造で強化された44 mmオイスターケースは、実用的サイズでありながら、最高レベルの耐久性と信頼性を提供するために設計された。

暗闇でも優れた視認性を提供するために、光沢のあるブラックのダイアルには、ブルーに発光する長時間継続のルミネッセンスを採用した、クロマライトの大きなアワーマーカーと針が搭載されている。

特徴

水圧への耐久性

シードゥエラー

43 mm、オイスタースチール

初期の頃の飽和潜水では、ヘリウムが大半を占める呼吸用混合ガスで満ちた高圧室での減圧段階において、ダイバー達は自分たちの時計に起こる厄介な現象に直面していた。

ヘリウム分子は非常に小さいため、ガスケットを通して時計のケース内に浸透し、時計内部の圧力が室内の圧力と等しくなる。しかしながら、ゆっくりと通常の気圧へと戻っていくダイバーの減圧過程で、

ガスは十分な迅速さで防水ケースから出ていくことができない。その結果、時計の内部と外部の圧力差が生じることで、しばしば時計のクリスタルが、まるでシャンパンコルクのように飛び出してしまったのだ。

ロレックス ディープシー D‑ブルーダイアル

オイスター、44 mm、オイスタースチール

この問題に対処するため、ロレックスは時計用のヘリウム排出バルブを発明し特許を取得した。この一方向バルブにより、オイスターケースの高度な防水性能は保ったまま、時計内のヘリウムを減圧の際に一定の圧力で安全に放出できるようになった。

シードゥエラー

オイスター、43 mm、オイスタースチール

この革新的技術によって、シードゥエラーのケースの耐圧性能は内装的にも外装的にも完成し、結果として深海ダイバーの要求に完璧に応じた時計が生まれた。独自のリングロックシステムのおかげで、ロレックス ディープシーには並外れた強度、防水性能、耐水圧性能が備わっている。

ロレックスが特許を取得したこの革新的なケース構造が、水深3,900m(12,800フィート)でかかる約3トンに相当する膨大な水圧から時計を守る。主要部品はシステムの中核を成す窒素合金ステンレススチール製のセンターリング、厚さ5.5mmのドーム型サファイアクリスタル、グレード5のチタン合金の裏蓋の3つである。

professional_watches_sea-dweller_the_rolex_way_0001.mp4

世界観

深海への探求

1960年

トリエステ号の内部にいる ドン・ウォルシュとジャック・ピカール

1960年、深海用潜水艇トリエステ号がアメリカ海軍大尉のドン・ウォルシュとスイス人海洋学者のジャック・ピカールを乗せて世界最深部であるマリアナ海溝のチャレンジャー海淵に到達し、潜水世界記録を樹立した。

歴史的な潜水を終え、10,916m(35,800フィート)の海底から太平洋上に姿を現したトリエステ号の外側には、ロレックスの試作品であるディープシー スペシャルが取り付けられていた。

この試作品は完璧に作動しており、実際の使用条件をはるかに超える深海に到達して無事に帰還した初の時計となった。このパフォーマンスにより、防水性を備える腕時計製造の先駆者であり、リーダーであるロレックスの専門性は揺るぎない名声を手にした。

ディープシー スペシャル

極限の条件にも耐え抜いた

2012年3月26日、映画監督でナショナルジオグラフィックの探検家、ジェームズ・キャメロンは、自身が操縦する潜水艇でマリアナ海溝を目指し、海洋最深地点への単独潜水を成し遂げた。

2012年 − オイスター パーペチュアル ロレックス ディープシー チャレンジ

世界最深地点への潜水を成し遂げた時計として記録を樹立した

1960年の2人を乗せたトリエステ号の探査以来、チャレンジャー海淵として知られる海洋最深地点に有人で到達した初の潜水だった。

ジェームズ・キャメロンはまた、トリエステ号の先駆者達への敬意として、そして2つの時代の探検のつながりの象徴として、ロレックスが製造した1960年のディープシー スペシャルをコックピットに乗せて連れて行った。

ひとつひとつのロレックスには
ストーリーがある

デヴィッド・デュビレ

シードゥエラーを

店頭にて

実際に体感する

お客様ご自身がロレックスの細部にまでいたるこだわり、均衡のとれた重量感、快適性と操作性、そして感触を実際に確かめ、体感することが最良だと信じています。

全ての販売店を見る
No Authorized Retailers were found in your Location

シードゥエラーの
シミュレーション

関連記事