ロレックスの時計製造技術を結集した傑作時計

デイデイトは、献身的な努力や人間性、そして創造的な才能により、それぞれの分野で世界を形づくる人々に寄り添っている。

リンゼイ・ボン
PERSEVERANCE IS A LADY

ワールドカップで82勝を収め、オリンピックで3つのメダルを獲得したリンゼイ・ボンは、類まれなスキーのキャリアを歩んできた。2013年のワールドカップで転倒して重傷を負い、残りのシーズンを欠場せざるを得なくなった。療養中に贈られた宝石入りベゼルを備えたイエローゴールドのデイデイトは、彼女にとって自身の粘り強さを象徴するものとなった。

2014-2015年シーズンにゲレンデに戻ったボンは、更なるタイトルを獲得し、内なる強さを完璧に証明した。2019年に35歳で引退した彼女は、若い世代を対象とした教育とスポーツプログラムに資金を提供するリンゼイ・ボン財団を通じて、今日まで影響を与え続けている。

「私に不屈の精神を思い出させてくれます」

リンゼイ・ボン

ロジャー・フェデラー
MOVEMENT REINVENTED

ロジャー・フェデラーの優れた功績には、グランドスラムのシングルスでの優勝20回、ATPファイナルズでの優勝6回、生涯勝利数1,200以上、オリンピックメダル2個、デビスカップでの優勝1回、世界ランキング1位在位期間310週が挙げられる。彼は、チャンピオンとしての言動、コートでの立ち居振る舞い、エレガンス、そして自身に挑み競技を高め続ける能力でも知られている。このような資質に恵まれた彼は、時の試練に耐え、15年以上もテニス界のトップに立ち続けている。このような素晴らしいキャリアは、常に時間とあらゆる要素を管理していなければ成し得ないだろう。その類まれな軌跡は、彼が身につけるデイデイトと共鳴している。

ビッグ・スリー
アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレイヤー:
THE DAY-DATE CLUB

1960年代から70年代にかけて、この3人の卓越したプレーヤーは競技の頂点に君臨していた。彼らのキャリアを合わせると、メジャー大会で34勝をあげたことになる。しかし、この称賛すべき3人のゴルファーの伝説は、ゴルフの優れた能力にとどまらない。彼らは友情、フェアプレー、ファイティングスピリットを見事に融合させ、偉業は他人に対してではなく、自身のために達成されるべきものであることを見事に証明したのだ。そして、時にはゴルフコースで激しい戦いを繰り広げた翌日に、一緒にトレーニングをして笑っている姿を見せることも珍しくなかった。エレガンスとスポーツマンシップの他に、ビッグ・スリーは50年近くにわたり共に歩んだデイデイトとの揺るぎない絆も分かち合った。

マーティン・スコセッシ
A CINEMATIC LEGEND

マーティン・スコセッシの映画は世界中の観客を魅了し、26本の長編映画は数々の賞を受賞してきた。この伝説的な監督は、体系的に自身の道を歩み、自らが選んだメディアを変革させてきた。

ヒューマニストのこの監督は、さまざまなスタイルを融合させ、時代映画からスリラー、ノワールからミュージカル、心理劇まで、あらゆるジャンルを探求してきた。彼が身につけるデイデイトには、彼のあくなき卓越性への追求が反映されており、また現代性の探求により突き動かされた彼の作品も同様である。

スティーブ・ゲルダ RENEWING
AN AGE-OLD DISCIPLINE

スティーブ・ゲルダは、障害馬術競技において素晴らしい栄誉の数々を手にしたひとりである。このスイス人チャンピオンは、他の騎手とは一線を画す存在だ。オリンピック、世界馬術選手権大会、FEI ジャンピングワールドカップ ファイナル、そしてヨーロッパ選手権といった、この競技における最高レベルの大会で複数のメダルを獲得してきた。しかし、彼をチャンピオンにふさわしい存在にしているのは、その数々の勝利だけではない。そのエレガントなスタイルと冷静な判断力で魅了する。真の馬術家である彼の乗馬スタイルは、何よりも馬を尊重したものである。彼は次のように語る。「この競技の特徴は、単独では支配することができず、常に馬と連動していることです。まさに、朝から晩までついてまわる人生哲学です」

ロドニー・ジャクソン
THE MAN WHO SAVES SNOW LEOPARDS

世界的に著名な生物学者であるロドニー・ジャクソンは、絶滅危惧種の保護における先駆者である。ユキヒョウの研究と保護に人生を捧げ、時と共に、アジアの山岳地帯に生息するこの種のネコ科動物の専門家として世界的に知られるようになった。40年にわたり、彼は地域社会と共に根気強く取り組み、このなかなか姿を現さない臆病な肉食動物の保護と共存のために彼らを支援してきた。この絶滅危惧種は、ネパール、中国、ロシア、モンゴルなど12カ国にわたり生息しているため、挑戦はより困難なものとなっている。1981年度ロレックス賞受賞者として、ジャクソンはデイデイトを贈られ、以来そのデイデイトは彼の数々の遠征に同行してきた。

ページをシェアする