classic_watches_the_air-king_video_cover_0001_1920x1080.mp4

エアキング

飛行史へのオマージュ

エアキング

ロレックス エアキングは飛行のパイオニアたち、そして壮大な飛行史においてオイスターが果たした役割へのオマージュである。

オイスタースチールの40 mm ケース、オイスタークラスプ付ブレスレットと、特徴的なブラックダイアルを備えたエアキングは、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ時計なのだ。

デザイン

飛行時間を
読み取るために

エアキングは大きな 3、6、9 のアワーマーカーと、飛行時間の計測が可能な一際目を引くミニッツスケールを配する特徴的なブラックダイアルを備える。ダイアルには1950 年代当時のモデルのために特別にデザインされた書体で「Air-King」の名前が記されている。

エアキングは、航空の世界とロレックスが1930年代の黄金期に築いた特別な絆を象徴する。飛行機の性能が飛躍的な発展を遂げ、人類の能力が空への征服に進み、長距離飛行が始まったのがこの時代である。

世界観

航空界黄金期の
パイオニアたち

1958年

エアキング

エアキングは1930年代の航空の黄金期にオマージュを捧げる。この全盛期に活躍したパイオニアのひとりで、数多くの飛行記録を打ち立てた英国人飛行士チャールズ・ダグラス・バーナードは、オイスターについて次のように語った。「このロレックスの腕時計は飛行に極めて適した特別な機能を備えている。今後の長距離飛行でも使うつもりだ」。

1933年

エベレストの上空を飛ぶ

1933 年、オイスターウォッチは高度10,000m(33,000 フィート)の極限の気候条件のもとで、初めてエベレストの上空を飛び越えたヒューストン・エクスペディション に同行した。また、1934 年にオーウェン・カスカート・ジョーンズとケン・ウォーラーが、双発飛行機のデ・ハビランド・コメットでロンドンとメルボルン(オーストラリア)間を記録的短時間で飛行した際に

機上でクロノメーターとして使用されたのもロレックス オイスターだった。今日の新しいエアキングは飛行のパイオニアたち、そして壮大な飛行史においてオイスターが果たした役割へのオマージュである。

1958年

「ロレックスが貢献した3つの勝利」
エアキング

エアキングを

店頭にて

実際に体感する

お客様ご自身がロレックスの細部にまでいたるこだわり、均衡のとれた重量感、快適性と操作性、そして感触を実際に確かめ、体感することが最良だと信じています。

全ての販売店を見る
No Authorized Retailers were found in your Location
関連記事

パーペチュアル

ダイアルに記された言葉以上の意味をもち、パーペチュアルとは私たちを突き動かす精神である。