ロレックスのアフターサービス

優れた耐久性

ロレックス正規品販売店およびロレックスの支社では、ロレックス ウォッチのアフターサービスを承っています。

アフターサービスのプロセス

お預かりした時計は、お客様のご要望をお聞きしたうえで、時計技術者へ届けられます。

時計の状態の点検

時計技術者が時計の状態を入念に点検し、必要な作業の見積もりを作成します。見積内容にご了承いただいた後、オーバーホール・修理が開始されます。

時計の状態の点検

オーバーホールの準備

ブレスレットを外したケースから、ダイアルと針が付いた状態のまま、ムーブメントを取り外します。オーバーホールではムーブメント、ケース、ブレスレットにそれぞれの作業が行われ、最後に再び組み立てられます。

ムーブメントの分解

ムーブメントは完全に分解され、すべての部品は綿密に検査されます。ロレックスの品質基準を満たしていない部品は交換されます。

キャリバー 分解

ムーブメントの組み立てと注油

洗浄した部品を乾燥させた後、ムーブメントを再び組み立て、注油します。ロレックスの精度基準に従い、最初の調整を行います。

ケースとブレスレットの仕上げ

ケースを完全に分解し、ミドルケース、ベゼル、裏蓋およびブレスレットに、本来の仕上げに従ってポリッシュ仕上げまたはサテン仕上げを施します。これらの繊細な作業では、細心の注意と高度な技術が求められます。

ケースの仕上げ

ケースの組み立て

洗浄した後、ケースの部品を再び組み立て、パッキンを交換します。そしてケースの防水性を検査します。

ケースの組み立て

ムーブメントのケーシング

ダイアルと針が再び取り付けられたムーブメントをケースに収め、機能および外観を点検します。

ムーブメントのケーシング

精度検査

再び精度を測定機器で計測し、必要に応じて、ロレックスの条件を満たすよう最終調整を行います。

精度検査

裏蓋を閉めた後、さらにロレックス独自の検査にて、24時間以上をかけてムーブメントの性能を確認します。

防水検査

水中で時計の耐圧検査を行い防水性能を確認した後、ケースにブレスレットを取り付けます。

防水検査
  • 最終品質検査

    ロレックスのオーバーホールの手順

  • 最終品質検査では、時計が完璧に作動し、そして外観も厳しい基準を満たしていることを確認します。

時計の返却

オーバーホールを終えた時計は専用のポーチに入れられ、2年間有効な国際サービス保証書とともにお客様に返却されます。この保証には、技術料と必要に応じた部品交換が含まれます。

最高基準のアフターサービス

ロレックスは、最高基準のアフターサービスを提供します。ロレックス ウォッチは、厳格な基準と時計技術者の高度な技術により、優れた信頼性と極めて美しい外観を保ちながら、長期間にわたり、その性能を発揮し続けることができるのです。

最高基準のアフターサービス

ページをシェアする