パイオニア精神と先見性を兼ね備えたロレックスの創立者、ハンス・ウイルスドルフは、20世紀の初めには腕時計の成功を予見していました。

パイオニア精神と先見性を兼ね備えたロレックスの創立者、ハンス・ウイルスドルフは、20世紀の初めには腕時計の成功を予見していました。 

彼は、信頼性と耐久性に優れた時計のみを提供すべきであるという信念のもと、一つひとつのロレックス ウォッチを品質の象徴にしたいと考えました。そのため、時計のデザインと製造に細心の注意を払うだけではなく、ブランドを展開する各国において万全なアフターサービスを提供することにしたのです。

この取り組みによってロレックスは、すべての時計において、最高基準の品質と卓越した性能の維持を保証できるようになりました。その結果、ロレックス ウォッチは時を刻み続け、長きにわたりその価値を維持し続けます。

ロレックス サービスセンターの世界的なネットワーク

ロレックスではサービスセンターをワールドワイドに展開し、ロレックス ウォッチのメンテナンスを行っています。最先端の設備があるサービスセンターは、厳しい基準に従ってトレーニングされ、高いスキルを持つ時計技術者を擁しています。ロレックスのワールドサービスでは、ブレスレットの長さ調整からオーバーホールまで、様々なアフターサービスを承っています。

品質と耐久性の保証

ロレックス ウォッチの品質は、並外れた信頼性と堅牢性を礎としています。 当初から、ロレックスの時計技術者やエンジニアたちは、後には科学者たちも加わり、時計のデザインと製造における革新的な企業文化と独自の専門技術を育んできました。

ロレックスはその歴史において500件以上の特許を取得しており、常に時計製造技術の限界を押し広げ続けています。ロレックス ウォッチは並外れた時計です。今日、明日そして将来に渡って完璧に動き続けるよう設計されています。

ロレックスは、高品質な時計を作ることに専心してきました。一つひとつの時計の開発過程、つまり様々な製造工程から出荷されるまで、そしてアフターサービスの際にも、信頼性と耐久性を最優先にした厳格な要件を課してきました。

ダイアルの検査

トレーニングとアフターサービス

サービスセンターに最適な時計技術者を新たに採用する上で、ロレックスは時計製造におけるキャリアを追求したい人々のサポートに尽力しています。ロレックスは、世界中のすべての地域が同じ時計製造の伝統をもっているわけではないことを考慮し、地域に応じた方法でトレーニングに貢献しています。

ロレックスのトレーニング

いくつかの国には、ロレックスと定期的に連携し、カリキュラムの継続性と開発を保証する時計製造学校があります。ロレックスはさらに、研修生の練習用に時計も提供しています。これにより、トレーニングを終えた研修生がロレックスのサービスセンターに入社した場合、ロレックスの時計の技術的な仕様の細部にまで自然に精通していることが期待できます。

ロレックスのトレーニング

近年の取り組みの一環として、ロレックスは2018年に、実践的指導と理論的指導を組み合わせた独自の時計製造トレーニングプログラムを発表しました。ロレックス ワールド サービスの支援のもと、このコースは各支社で実施され、ロレックス ウォッチのメンテナンスを専門に行いたい人々のためのものとなっています。トレーニングコースが終了し、ジュネーブ本社で一連の試験を受けた卒業生は、ロレックスのアフターサービス部門に加わります。

ロレックスのトレーニング

卓越へのあくなき追求

時計の製作や製造のあらゆる側面での卓越性を確保するために、先進技術を最大限に利用する一方で、ロレックスは研ぎ澄まされた人間の技能と経験豊富な専門家チームの力も活用しています。このアプローチが、腕時計の世界に大変革を起こし、今なお新たな発展をもたらしている先駆的偉業に繋がっているのです。

ロレックス ウォッチの品質は、ブランドの歴史を作り上げてきた革新への情熱と卓越へのあくなき追求によるものなのです。

優れた耐久性

ロレックスのアフターサービス

ページをシェアする