不眠不休の628海里。クルーに休息の時間はない。

一日の終わりには「とにかく無傷で夜を乗り切れ」と同じ祈りを唱える。鉄の意志を持ち、風と波に鍛錬され、荒れ狂う黒い大海原と闘う彼らは、まさしく海の男と女たちである。

シドニー湾からのスタート

オーストラリア・クルージング・ヨットクラブ主催のロレックス・シドニー・ホバート・レースは、 12月26日午後1時に開始され、100艇以上のヨットが一斉にシドニー湾のスタートラインを越える。クリスマスの翌日に、世界中のヨットレースの中で、最も壮観なスタートの瞬間を見ようと、40万人を越える観客が集まる。

  • 出航
    628海里先のタスマニアのホバートを目指し、ヨットはシドニー湾の北に向け出発する。
  • 試練を乗り越えて
    荒波と吹き荒れる風がロレックス・シドニー・ホバート・レースを過酷なものにする。
  • フィニッシュは間近
    ストーム湾へのアプローチでタスマン島の壮大なオルガンパイプパイプ奇岩を通過するとき、競技者はフィニッシュラインに引き寄せられる。
  • 手腕が試される
    常に危険が伴う、ロレックス・シドニー・ホバート・レースに挑むには、迅速な判断力と反射神経が、不可欠である。
  • 最終レグ
    目的地のホバートに向けて、ダーウェント川でのラストスパートが展開されると興奮は最高潮に達する。

健闘を讃えて

大晦日の夜、花火が照らす、コンスティテューション埠頭でクルーと観客は海での熱戦に思いを馳せる。

ページをシェアする