レガッタレース
精度を示す

ロレックスとヨットレース

一流のレガッタ

レガッタは海岸近くのブイや地形標識で示されたセーリング会場で開催される。観客の目の前で繰り広げられるレースは、世界中の人々の間で人気を博している。

オフィシャルタイムピースやタイトルスポンサーを務めるロレックスは、ロレックス・マキシ・ヨット・カップやロレックス・スワン・カップ、ロレックス ビッグボート・シリーズといった毎年開催される主要なレガッタのパートナーとなっている。

ロレックスはまた、F50フォイリングカタマランが水面を飛び交うように競う世界的な大会であるSailGP チャンピオンシップと、同様に高性能なモノハルのリアルタイムレースである52スーパーシリーズの、2つの有名なレースサーキットのパートナーでもある。

SailGP
史上最速のヨット

最高のセーラーで構成されるクルー。フォイルと堅いウィングセールを持つ同型のカタマランで50ノット、つまり時速100km近くにまで到達することができる。壮大なレースは、長くても15分程度で終了する。シーズンは5大陸の海を舞台に11ラウンドで繰り広げられる。2018年に始まったSailGPトーナメントは、革新的で常に最適化されたカタマランが卓越した競技性能を発揮し、競技セーリングの世界を再定義する。代表する9カ国のカラーをまといながら飛ぶように進むヨットは、史上最速の船団を形成する。

イギリスチームのスキッパーを務めるサー・ベン・エインズリーにとって、「SailGPトーナメントはヨットレースの発展における重要なマイルストーンだ」という。ヨットに最先端技術が用いられる一方で、この大会はセーリングの魅力を広げ続けているのです」。

優れたセーラー

  • サー・ベン・エインズリー
    レガッタレースにおける黄金律
  • ハンナ・ミルズ
    インクルージョンに取り組むスキッパー
  • ロベルト・シェイド
    優れた舵手

マキシ・ヨット・
ロレックス・カップ
レースの偉人たちのイベント

1980年以来、マキシ・ヨット・ロレックス・カップは全長70フィート(21 m)を超えるのマキシモノハルのためのフラッグシップイベントとして、毎年開催されている。ヨットクラブ・コスタ・スメラルダがサルデーニャで主催するこの大会には最も多くのマキシヨットが参加し、15 - 35海里(28 - 65 km)の距離で1週間近くにわたりレースが行われる。

造船学の宝石と呼ばれるこれらのヨットは、これまでに製造された中で最もパワフルであり、世界最高のスキッパーとチームがクルーとして乗船する。モノハルが巨大でも、ゴールラインでの差は小さいままだ。どんなレガッタであっても、良い成績を収めるには精度が不可欠である。

ロレックスとマキシ・ヨット・ロレックス・カップを結びつけたパートナーシップは1985年に始まり、これはセーリング史上最も古いもののひとつだ。

52スーパーシリーズ
極めて高い精度

TP52クラスの世界的なレースは、ヨット競技において過酷なもののひとつである。全長15 - 30海里(28 - 56 km)に及ぶこのレースは、厳しい計測基準を満たした全長52フィート(15.85 m)のモノハルで競われる。

52スーパーシリーズでは、タイミングがチームワークを発揮するための鍵となる。このレベルにおいては1秒1秒が重要となり、精度が勝利の行方を左右するのだ。ブラジル人選手のロベルト・シェイドが強調するように、この要件はロレックスをレースの理想的なパートナーとしている。「ロレックスは精度を体現しており、全てにおいて卓越しています。これらはチームワークとタイミングが不可欠な要素である、最も成功したTP52のクルーに見られる特徴です」。

2017年以来、ロレックスは52スーパーシリーズの一環としてシーズン途中に開催される、ロレックスTP52 ワールドチャンピオンシップのタイトルスポンサーも務めている。

世界中の有名なレガッタ

  • ロレックス・スワン・カップ
    エレガンスの真髄
  • ロレックス・ニューヨーク・ヨットクラブ インビテーショナルカップ
    ヨットクラブが集結
  • ロレックス ビッグボート・シリーズ
    アメリカ西海岸のイベント
  • レ ヴォワル・ド・サントロペ
    地中海の伝統と現代性

ページをシェアする