ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
ロレックスと芸術

ロレックスと芸術

ロレックスの世界

芸術と文化に対するロレックスの情熱は、ロレックスの創立者ハンス・ウィルスドルフの価値観を受け継いでいる。卓越した才能を育み、それを未来の世代へと伝える。ロレックスはその願いを抱きながら、それぞれの分野の頂点に立つために常に努力を重ねる世界のトップアーティストたちとの永続的なパートナーシップを発展させてきた。ロレックスはまた、一流のイベントや組織、オーケストラとの長期的な絆を結んでいる。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ウィーン・フィル -
ニューイヤーコンサート

ロレックスと芸術

ウィーン・フィルハーモニー  サマーナイト コンサート

ウィーン・フィル
サマーナイト コンサート

ロレックスと芸術

待望のウィーン・フィルのサマーナイト コンサートを鑑賞するために、毎年10万人以上がシェーンブルン宮殿の庭園に集う。この世界有数の野外イベントは2009年よりロレックスが提供しており、すべての人々にクラシック音楽を楽しむ機会を提供するという社会的貢献であるとともに、世界最高のオーケストラの一つと称されるウィーン・フィルとのパートナーシップの象徴である。

ロレックスとパリ国立オペラ

ザルツブルク音楽祭

ロレックスと芸術

1920年に設立されたザルツブルク音楽祭は、このような音楽祭の中で最も由緒あるイベントのひとつである。そこでは舞台芸術が娯楽と結び付き、独特の体験を創出する。オペラ、演劇やコンサートの多彩な芸術プログラムで素晴らしいパフォーマンスを披露するために世界トップクラスの指揮者、演出家、ソリスト、音楽家、役者たちが一同に集う。ロレックスは2012年より、この音楽祭のメインスポンサーを務めている。

ザルツブルク音楽祭
ロレックスとザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭

ザルツブルク
聖霊降臨祭音楽祭

ロレックスと芸術

聖霊降臨祭の時期に開催されるザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭では、オペラとコンサートの豪華なレパートリーが披露される。この音楽祭は、1994年以来、ロレックスのテスティモニーを務める、世界的に著名なメゾソプラノ歌手のチェチリア・バルトリが主導している。ロレックスは芸術の発展への世界的な取り組みの一環として、ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭のエクスクルーシブ・スポンサーを務めることを誇りに思う。

スカラ座

ロレックスと芸術

18世紀後半、オペラの黄金期に創設されたスカラ座は、今もなお、オペラ界の中心であり続けている。歴史と時間を超えて受け継がれる、スカラ座でのパフォーマンス。現代の天井桟敷の観客も、強い情熱を持ち舞台を批評する。そして、誰もが同じ思いを抱く。スカラ座ほど不思議な魅力を持った劇場が他にあるだろうか、と。

ロレックスとスカラ座
ロイヤル・ オペラ・ハウス

ロイヤル・
オペラ・ハウス

ロレックスと芸術

ここは、世界有数のバレエ、オペラ、オーケストラの魂が込められたパフォーマンスに目も耳も奪われる、荘厳で感動的な場所。中でも、有名なソプラノ歌手、 キリ・テ・カナワは、1976年からロレックスのテスティモニーとなっている。壮麗、かつ刺激的。ひとつひとつの傑作が、芸術の過去と未来を物語る。文化の聖地として、300年以上に渡り美と優雅さを湛えてきたこの偉大な舞台は、今も次のステージの開幕を待ちわびている。

ロレックスとパリ国立オペラ

メトロポリタン歌劇場

ロレックスと芸術

METとも呼ばれるメトロポリタン歌劇場は、世界トップクラスの文化施設である。ニューヨークシティの中心部に位置するこの劇場は、国際的に有名な歌手、指揮者、作曲家、オーケストラ奏者、舞台監督、デザイナー、ビジュアルアーティスト、振付家、ダンサーたちを、活気に満ちたステージに惹きつけてきた。歴史と伝説に彩られるMETでのパフォーマンスは、芸術のプロフェッショナルにとっての成功、卓越、そして喝采の象徴に他ならない。

メトロポリタン歌劇場
ロレックスとパリ・ガルニエ宮

パリ国立オペラ

ロレックスと芸術

3世紀にわたり、オペラ座は伝統と現代性の融合に努めてきた。フランス屈指のこの歌劇団は、最も難易度の高いレパートリーや上演がまれな作品を、一流のアーティストとともに見事に上演することでその名を知られている。オリジナルの公演とその洗練された雰囲気が、毎年、何十万ものオペラ愛好家を惹きつけているパリ国立オペラは、国際舞台で常に芸術の第一線に立っている。

サー・アントニオ・パッパーノ

ロレックスと芸術

人の心を揺さぶり強いカリスマ性をもつ指揮者のひとりであるサー・アントニオ・パッパーノは、2002年よりロイヤルオペラハウスの音楽監督を務めている。それ以来イタリア人としてのルーツに由来する情熱的な指揮で、コベントガーデンや世界各地の舞台に幅広い豊かなレパートリーを響かせ、多くの聴衆を魅了し続けている。彼は指揮者としても、ピアニストとしてもレコーディング経験のある多才なアーティストだ。

サー・アントニオ・パッパーノ
プラシド・ドミンゴ

プラシド・ドミンゴ

ロレックスと芸術

「休めば、鈍る」。驚異的なキャリアの軌跡は、この一言に凝縮されている。 3,500回を超える公演回数にもかかわらず、休むことなく新境地を追い求めつづけるテノール歌手。
絶えることのない情熱。それは、もっとも偉大な美徳のひとつである。

デイム・キリ・テ・カナワ

ロレックスと芸術

1971年、ロイヤル・オペラ・ハウスにおけるモーツァルト作『フィガロの結婚』の伯爵夫人役の大成功で一躍スターダムに上がったデイム・キリ・テ・カナワは、世界中の主要歌劇団と共演してきた。1976年に文化の分野で初のロレックス テスティモニーとなって以来、堅い絆で結ばれた両者は長きにわたり若き才能の育成に力を注いでいる。壮麗な歌声と寛大な精神によって、オペラ界で伝説的な地位を確立している。

デイム・キリ・テ・カナワとロレックス
グスターボ・ドゥダメル

グスターボ・ドゥダメル

ロレックスと芸術

ベネズエラ人のグスターボ・ドゥダメルは、同世代の中で最も有名でカリスマ性がある指揮者である。1981年に生まれ、バイオリニストでもあった彼は、2009年からロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督と、エル・システマのシモン・ボリバル・シンフォニー・オーケストラ・オブ・ベネズエラの監督を務めている。このオーケストラは18歳から28歳までの200名を超える若い団員で構成されている。湧き上がる情熱と若者たちの音楽教育への献身によって、ドゥダメルは世界的な名声を得ている。

ベンジャミン・ベルンハイム

ロレックスと芸術

澄んだ歌声、奥深い音楽表現、優れた演技力。フランス人テノール歌手のベンジャミン・ベルンハイムは、ロイヤル・オペラ・ハウス、チューリッヒ歌劇場、パリ国立オペラ、リリック・オペラ・オブ・シカゴをはじめとする、世界の名だたるオペラハウスで観衆の心を掴んできた。類い稀な才能に恵まれたこのテノール歌手は、レンスキー、ロドルフォ、ファウストなどの様々な役を演じ、数々の代表的アリアを歌い上げる。現在最も評価されているオペラ歌手の一人として名声を確立している。

ベンジャミン・ベルンハイム
ソーニャ・ヨンチェヴァ

ソーニャ・ヨンチェヴァ

ロレックスと芸術

チェチリア・バルトリ

ロレックスと芸術

世界最高のメゾソプラノ歌手の一人、チェチリア・バルトリは音程の正確さで知られている。1987年21歳でデビューを果たした、このイタリアのオペラスターは、モーツアルトやロッシーニのパフォーマンスで国際的な名声を瞬く間に獲得した。1996年、『コジ・ファン・トゥッテ』でメトロポリタン・オペラでのセンセーショナルなデビューを果たした後、世界の一流オペラハウスでさまざまな大役を務めることになる。彼女はまたマイナーなバロック音楽をはじめとしたリサイタル歌手としても知られ、ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭にて過去に8年間、芸術監督を務めたこともある。

チェチリア・バルトリ
ロレックスとロイヤル・ オペラ・ハウス

ヨナス・カウフマン

ロレックスと芸術

全身に響き渡るような、彼の滑らかな歌声とステージでの存在感で、ドイツ人テノールのヨナス・カウフマンは、世界一流のオペラの舞台で輝くトップパフォーマーの一人である。彼はヴェルディ、ワーグナー、ビゼー、マスネ、プッチーニによるロマン派のオペラ作品で主要な役を演じ、名声を得ている。英雄詩形の歌であれ、シューベルトの歌曲であれ、カウフマンの統制の取れた強さと荘厳なフレージングは評論家たちに高く評価されている。

ヨナス・カウフマン
ファン・ディエゴ・フローレス

ファン・ディエゴ・フローレス

ロレックスと芸術

ペルー人テノール、ファン・ディエゴ・フローレスほど、“ベルカント”を極めたテノールはそういない。世界有数のステージでのパフォーマンスを重ねながら、彼は表現豊かな歌唱力で、オペラ歌手としての才能を自ら世界に認めさせてきた。しかし彼への称賛は、オペラでの存在感や質の高いレコーディングだけにとどまらない。その寛大さとカリスマ性、そして溢れる情熱が彼をさまざまな慈善活動にも駆り立てているのだ。2015年にロレックスファミリーに加わったファン・ディエゴ・フローレスは、その卓越性と音楽の世界への貢献が認められ、栄誉ある賞を数々手にしている。

サー・ブリン・ターフェル

ロレックスと芸術

名高いバス・バリトンのサー・ブリン・ターフェルは、その才能の源を自らのルーツであるウェールズから引き出している。1990年半ばより、サー・ブリンは、リヒャルト・シュトラウス、ストラヴィンスキー、ギルバート、サリヴァンなど多彩な作曲家の作品を歌い、ワーグナーの歌い手として世界で最も人気の高い歌手の一人となった。グラミー賞受賞者である彼のディスコグラフィーには、モーツアルト、ワーグナー、シュトラウスのオペラに加え、多くのソロレコーディングも含まれている。

サー・ブリン・ターフェル
ユジャ・ワンとロレックス

ローランド・ビリャソン

ロレックスと芸術

メキシコ生まれでフランス国籍のローランド・ビリャソンは、世界が誇るテノール歌手の一人である。2005年以来ロレックス テスティモニーである彼が最初に注目を浴びたのは1999年、プラシド・ドミンゴ主催のコンクール、オペラリアであった。以来数々のオペラハウスにて舞台を踏んできた。今日、彼は最もマルチな才能を持ったアーティストとして知られ、そのキャリアは舞台監督、小説家、テレビ・ラジオパーソナリティーの分野で成功を収めている。2019年、ロレックスがスポンサーするモーツァルト・ウィーク音楽祭にて初監督を務め、記録的な動員観客数とチケット完売を達成した。

ユジャ・ワン

ロレックスと芸術

2011年、カーネギーホールでのデビュー後、「眩しいほどに壮麗だ」と称されたこの若い中国人ピアニスト、ユジャ・ワンはこれまで、彼女をテクニックの巨匠と認める世界中のクラシック音楽ファンの心をとらえてきた。現在定期的に世界最高峰のオーケストラと演奏している彼女は、バッハからバルトークなど、幅広いレパートリーでのリサイタルでも世界を魅了している。

ユジャ・ワンとロレックス
マイケル・ブーブレ

マイケル・ブーブレ

ロレックスと芸術

魅力的な声、カリスマ性、そして一見何気ない歌のスタイル。世界的な名声を得ているカナダのスーパースター、マイケル・ブーブレは、今日の「キング・オブ・スウィング」としばしば称される。シルクのような滑らかな声で、彼は世界中の観衆を魅了する。そのレパートリーにはジャズ・エイジから今日までのスタンダード曲や彼自身の作曲によるものも含まれる。これまでにグラミー賞を数回受賞するなど、多くの賞賛を手にしている。

芸術 - 時を超越したロレックスのラグジュアリーウォッチ