全米オープン

ロレックスの世界

全米オープンは、興奮、喧噪、そして熱狂という表現がぴったりの雰囲気が特徴だ。

グランドスラムの最終幕は、昼は人々を惹きつけ、夜は明るい照明に浮き上がる眠らない街、ニューヨークのあふれるエネルギーを放出する場である。このような環境では、選手たちは否応なしに、他のどの場所とも異なる観客の歓声に刺激される。卓越性を追求する中で、世界最高峰のプレーヤーはUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターの観客の声援を受けて、動揺を克服し、持てる力を最大限に引き出さなければならない。

  • 全米オープン

    ロレックスとテニス

  • ドミニク・ティエム
    ドミニク・ティエムは最高の栄誉を目前にしてきたが、2020年の全米オープンで初のグランドスラムのタイトルを獲得した。今年初めの全豪オープン決勝進出に続くニューヨークでの優勝により、2度の全仏オープンのファイナリストが、クレーコートと同様にハードコートでも熟達していることを示した。

  • ビアンカ・アンドレスク
    2019年、カナダ人のビアンカ・アンドレスクは世界テニス界屈指の有望な若手プレーヤーとして頭角を現した。ハードコートシーズン中、彼女は驚異的な活躍を見せた。インディアンウェルズで開催されたBNPパリバ・オープンでは主催者推薦枠で出場して優勝を果たすと、地元ナショナルバンク オープンで錦を飾っただけでなく、全米オープンでも見事に勝利した。

  • ロジャー・フェデラー
    ロジャー・フェデラーは20年以上にわたり、その卓越したスキルと技術的な精度により、世界中のテニスファンを魅了してきた。驚くべき粘り強さと技術への専心は、グランドスラムのシングルス20勝を初めて達成した最初の選手となったことを始め、輝かしいキャリアをもたらした。

  • ベリンダ・ベンチッチ
    ベリンダ・ベンチッチは全米オープンで軌跡を残してきた。彼女は2014年に17歳で全米オープン準々決勝に進み、15年以上ぶりに最年少で進出した選手となった。 

  • アレクサンダー・ズベレフ
    ビッグサーブで力強いグランドストロークを持つアレクサンダー・ズベレフは、テニスコートを制する。2017年7月以来、世界トップ10入りを成し遂げている彼は、2018年ATPツアーファイナルズや5つのATPマスターズ1000トーナメントを含め、これまでに十数個以上のタイトルを獲得している。

デイトジャスト 36

流行に左右されない美しさと機能を兼ね備えるクラシックなデイトジャスト。革新的でありながら常にエレガントであり、自動巻防水クロノメーター腕時計として初めて3時位置の小窓に日付を表示した。全米オープンのチャンピオンのように、この時計は時代を超えても、従来の品質を保ち続け、世界で最も知られている時計のひとつとなっている。

全米オープン デイトジャスト 41

ページをシェアする