ロレックスと
全米オープン 2019

初めてプロ選手の出場が認められた全米オープンは1968年に初開催され、当時の優勝者はアーサー・アッシュだった。後に、USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターに彼の名を冠したスタジアムが建設された。ロレックスは、全米テニス協会とのパートナーシップおよび広く長年にわたるテニスへの支援の一環として、この大会のオフィシャル タイムキーパーを務めている。ロレックス テスティモニーたちは、4番目で最終戦のグランドスラム・トーナメント、全米オープンで、再びトロフィーの栄光を競い合うことになるだろう。

Rolex and the US Open

ロジャー・フェデラー

ロジャー・フェデラーはその輝かしいキャリアにおいて、全米オープンでの5年連続優勝を含む、グランドスラム・トーナメントにおける男子シングルス20勝という最多優勝記録を持つ。このスイスの名選手は、2004年から2008年の間、ニューヨークのUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターで頂点に立ち、他にも2回の準優勝を果たしている。フェデラーのエレガントなスタイルと技術面での正確性は20年以上にわたってテニス界を楽しませ、彼はフラッシング・メドウズにおいてファンが選ぶ最も好きなプレーヤーであり続けている。

クリス・エバート

クリス・エバートは、全米オープンでの6タイトルを含むグランドスラムの女子シングルスにおいて18のタイトルを獲得し、17年間の輝かしいプロ生活を経て引退した。このアメリカ人選手はプレッシャーの中における優美さの代名詞であったが、簡単にこなしているように見える彼女のスタイルには断固とした決意が隠されていた。1995年、彼女は国際テニス殿堂入りを果たした。

スローン・スティーブンス

2017年全米オープン女子シングルスで優勝したスローン・スティーブンスは、強い精神力と立ち直る力に定評がある。世界ランキング83位で始まったトーナメントだったが、シード選手を次々に破り、決勝戦はストレート勝ち。2018年全仏オープンでも決勝進出を果たしたカルフォルニア出身のスティーブンスは、挫折しても目の前の課題に集中し、臨機応変に切り抜ける能力が称賛されている。

デイトジャスト 41

流行に左右されない美しさと機能を兼ね備えるクラシックなデイトジャスト。革新的でありながら常にエレガントであり、自動巻防水クロノメーター腕時計として初めて3時位置の小窓に日付を表示した。全米オープンのチャンピオンのように、この時計は時代を超えても、従来の品質を保ち続け、世界で最も知られている時計の一つとなっている。