全米オープン
熱狂的な雰囲気

ロレックスとテニス

夏の夜の風物詩

アーサー・アッシュ・スタジアムでは、観客席がコートを見下ろすようにそびえ立つ。収容人数は23,500人、テニスのグランドスラム大会でも最大級のコートだ。興奮が最高潮に達するビッグマッチでは、センターコートはまさに「ライオンの巣穴」と化す。多くの試合がニューヨークの夏のような熱気の中で夜に行われる。これが、全米オープンが他の大会と違う点だ。チャンピオンたちは観客のあふれるエネルギーを糧に、この環境に打ち勝たねばならない。2ヶ月前のウィンブルドンでの静寂さとは対照的だ。グランドスラム大会の最終戦は、選手にとっても観衆にとっても、シーズンのクライマックスを飾るものであり、毎年75万人もの熱狂的な観客が訪れる。

全米オープンのパートナー

2018年以来、ロレックスはグランドスラム大会の最終戦である全米オープンのオフィシャルタイムキーパーを務めている。

クリス・エバート
先駆的なテニスチャンピオン

全米オープンで初めて準決勝まで勝ち進んだ時、クリス・エバートはまだ17歳だった。その後、この大会で6回の優勝を果たした。全豪オープン(2回)、全仏オープン(7回)、ウィンブルドン(3回)でも優勝している彼女は、グランドスラム4大会のすべてで優勝を果たした数少ないチャンピオンのひとりである。

全米オープンを制したテスティモニーたち

  • ロッド・レーバー
    1962、1969年
  • クリス・エバート
    1975、1976、1977、1978、1980、1982年
  • ステファン・エドバーグ
    1991、1992年
  • パット・ラフター
    1997、1998年
  • ジュスティーヌ・エナン
    2003、2007年
  • ロジャー・フェデラー
    2004、2005、2006、2007、2008年
  • フアン・マルティン・デル・ポトロ
    2009年
  • アンゲリク・ケルバー
    2016年
  • スローン・スティーブンス
    2017年
  • ビアンカ・アンドレスク
    2019年
  • ドミニク・ティエム
    2020年
  • イガ・シフィオンテク
    2022年
  • カルロス・アルカラス
    2022年

ページをシェアする