全仏オープン
クレーコートでの挑戦

ロレックスとテニス

赤土で繰り広げられるストーリー

全仏オープンは、毎年5月下旬から開催されるシーズン2戦目のグランドスラム大会であり、テニスの4大大会の中で唯一、クレーコートで行われる。パリ西部ポルト・ドートゥイユにあり、最も球足が遅いとされるこのコートでの長いラリーに耐えて輝くには、選手は万全の体調で臨まなくてはならない。クレーコートの最高峰である全仏オープンは、年間を通じて開催される大会の中でも、より特別な位置を占めている。

2020年、およそ130年の歴史を誇るローラン・ギャロスは、長期にわたる大規模な改修を終えた。これにより、センターコートであるフィリップ・シャトリエ・コートは15,000人以上の観客を収容でき、新しい開閉式の屋根が選手と観客を天候の変化から守ってくれるようになった。2021年以降、一部の試合は照明の下で夜間に行われている。

全仏オープンのパートナー

2019年より、ロレックスは全仏オープンのプレミアムパートナーおよびオフィシャルタイムキーパーを務めている。

ビョルン・ボルグ
輝かしい戦績と粘り強さ

ビョルン・ボルグはテニスに革命を起こし、世界中の人々を熱狂させたチャンピオンだ。しかし、それは彼の記録だけが理由ではない。グランドスラムでの成功はもちろん、粘り強さや卓越した技術、エレガンス、スポーツマンシップなど、彼はその価値を体現する象徴であり続けている。彼は全仏オープンのクレーコートで6度勝利している。

全仏オープンを制したテスティモニーたち

  • ロッド・レーバー
    1962、1969年
  • クリス・エバート
    1974、1975、1979、1980、1983、1985、1986年
  • ビョルン・ボルグ
    1974、1975、1978、1979、1980、1981年
  • ジム・クーリエ
    1991、1992年
  • ジュスティーヌ・エナン
    2003、2005、2006、2007年
  • アナ・イバノビッチ
    2008年
  • ロジャー・フェデラー
    2009年
  • リー・ナ
    2011年
  • ガルビネ・ムグルサ
    2016年
  • エレナ・オスタペンコ
    2017年
  • イガ・シフィオンテク
    2020、2022年

ページをシェアする