ロジャー・フェデラー
美しいストローク

ロレックスとテニス

数々の偉業だけでなく、エレガンス、忍耐力、謙虚さをもつロジャー・フェデラー

ロジャー・フェデラー 全豪オープン

熟達したプレーをたたえて

ロジャー・フェデラーの偉業には、グランドスラムのシングルスでの優勝20回、ATPファイナルズでの優勝6回、生涯勝利数1,200以上、オリンピックメダル2個、デビスカップでの優勝1回、世界ランキング1位在位期間310週が挙げられる。

キャリアの初期、トップ100プレーヤーにランクインしていた頃、フェデラーは自ら認めるように、非常に短気で気難しいアスリートだった。そして、彼自身の言葉によれば「自分にとって一番の友達になる」ことを決心した。こうしてこのチャンピオンはプレッシャーを克服し、試合に最大限の敬意を示すことを学んだ。2003年、フェデラーは初のグランドスラムタイトルを手にした。

このスイス人プレーヤーは、コートでの立ち居振る舞い、エレガンス、意欲をかき立て精進し続ける能力でも知られている。このような資質に恵まれた彼は、時の試練に耐え、15年以上もテニス界のトップに立ち続けている。

内面からの変化

ロジャー・フェデラーのキャリアにおいて、戦略が重要な役割を果たしているが、技術も全く同じように重要だ。卓越へのあくなき追求によって、彼は身体の状態変化に対応したプレーができるようになった。

ロジャー・フェデラーは、シーズンごとに自身のテニスを改革し、最高レベルで競争力を維持している。彼のキャリアは天賦の才能によって築かれたものだが、彼の熟達したプレーと歴史的な地位は、たゆまぬ努力のたまものである。

そして、彼自身の言葉によれば「自分にとって一番の友達になる」ことを決心した。

ロジャー・フェデラー 引用

ロジャー・フェデラーのレガシーは、どんな数字よりも永続すると証明されるだろう。

ページをシェアする