私にとって、目的地までの道のりは成功の定義でもあるのです。キャリアの終わりには、自分自身と自身の達成に満足していること、つまり自分のポテンシャルが発揮されていることがとても重要です。

「光栄に思います。この時計は永遠に私の記憶に残るでしょう」

ベリンダ・ベンチッチはテニス界に影響を与えている。

彼女は2014年に17歳で全米オープン準々決勝に進出し、15年以上ぶり最年少での進出を成し遂げた。怪我に見舞われた後、このスイス人の右利きプレーヤーは、2019年には全米オープンで初めてグランドスラムの準決勝に進出し、2度の優勝を果たした。さらにシーズン最終戦のWTAファイナルズでベスト4進出、世界トップ10入りで終えた。最近では、東京2020オリンピックで金メダルを獲得し、スイスで初のオリンピック 女子シングルス チャンピオンとなった。

ページをシェアする