その年のグランドスラムの最初の大会である全豪オープンは、いつも人々に特別な想いを抱かせる。

メルボルンに世界最高峰のプレーヤーや新進気鋭のプレーヤーたちが集い、今シーズンを輝かしいスタートで切れるよう切磋琢磨している。

ドミニク・ティエム

ドミニク・ティエムは、2020年の全豪オープンで準優勝を果たし、同年の全米オープンで初のグランドスラム優勝という難関を突破することで、ハードコートでも同様に才能を発揮できることを証明した。複数のATPタイトルを獲得してきた彼は、2018年と2019年に全仏オープンの男子シングルス決勝に進出することで、テニスの精鋭としての才能を示した。

ドミニク・ティエム

ガルビネ・ムグルサ

ガルビネ・ムグルサは、2020年全豪オープンで決勝に進んだことで、彼女が未だ女子テニスの実力者であることを示した。当時5歳だった彼女のテニスの上達をサポートするために両親がベネズエラからスペインに移住する事を決意したその時から形作られてきた素晴らしいキャリアに、更なる報いがもたらされた。彼らの犠牲は、2016年の全仏オープンにおけるグランドスラムシングルスのタイトルと、ムグルサが世界ランキング1位を獲得した年でもある翌年のウィンブルドン選手権でのタイトル獲得により、見事に報われた。

ガルビネ・ムグルサ

ロジャー・フェデラー

全豪オープンで6冠を獲得したロジャー・フェデラーは、メルボルン・パークで観客を大歓声の渦に巻き込んできた。この偉大なスイス人テニスプレーヤーは、スキルと技術的正確性、確固たる意志と揺るぎないスポーツマンシップを兼ね備え、その品格とエレガンスでコート内外において世界中の観客を魅了してきた。グランドスラム男子シングルスのタイトルを史上初、20も獲得したこの天才プレーヤーは、あくなき卓越性と揺るぎないスポーツマンシップで、未来の世代のプレーヤーたちのベンチマークとなっている。

ロジャー・フェデラー

オイスターパーペチュアル 41

ロレックスの代表的な腕時計、オイスター パーペチュアルは、時代を超えた美しさと精度を兼ね備える。ダイナミックかつ洗練されたこの時計は、テニスシーズンの開幕を告げる全豪オープンの精神を表現する。

オイスターパーペチュアル 41

ページをシェアする