ロレックスは、テニスにおいて最も格式の高いトーナメント、傑出したプレーヤー、組織を支援している。 

ウィンブルドン選手権、全豪オープン、そしてスイスの天才、ロジャー・フェデラー。スポーツのこの上なき伝統に敬意を払いながら競技を後援するという、テニスの卓越性に対するロレックスの貢献は、40年もの歴史を誇る豊かな遺産である。

全豪オープン

その年のグランドスラムの最初の大会である全豪オープンは、いつも人々に特別な想いを抱かせる。オフシーズンを経て緊張から解き放たれ活力を取り戻したプレーヤーたちは、ロジャー・フェデラーによって付けられた「ハッピースラム」という愛称を持つこの大会のため、毎年1月メルボルンに再び集う。スイス人のフェデラーは、ロッド・レーバー・アリーナでこれまで6度の優勝を飾った。このセンターコートに名付けられたオーストラリア出身の伝説的プレーヤー、ロッド・レーバーは、オーストラリアで3度のタイトルを獲得し、絶え間ない成長とあくなき卓越性の追求において限界を押し広げるべく、何世代にもわたるプレーヤーたちに多大な影響を与えた。

全豪オープン

全仏オープン

今年、ロレックスはプレミアムパートナー、オフィシャルタイムキーパー、オフィシャルウォッチとして全仏オープンとの特別な絆を結ぶ。1928年以来、超一流のテニスプレーヤーが開催地パリに集結してきた。グランドスラム・トーナメントの第2戦、そしクレーコートを使用する唯一の大会であり、1891年初開催という歴史を誇る。

全仏オープン

ロレックスとテニスのパートナーシップは、ロレックスがウィンブルドンのオフィシャル タイムキーパーとなった1978年までさかのぼる。

ロレックスとウィンブルドン

1978年にロレックスはウィンブルドンのオフィシャルタイムキーパーになった。この先駆的な結びつきがきっかけとなり、ロレックスとテニスとのパートナーシップは、発展を遂げることになった。ロレックスは、敬愛されるこの大会において常に存在を示してきた。チャンピオンたちが勝利し、伝説が生まれ、かけがいのない思い出がつくられる。その輝かしい歴史において最も伝説的な瞬間を目撃してきた。

ロレックスとウィンブルドン

ロレックスと
全米オープン

大きく、際立つ会場は、ニューヨークそのもののようである。全米オープンは熱狂的な観衆と壮大な試合で知られる。40年以上にわたり、フラッシング・メドウズ園内にあるUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターは、テニス史上最も感動的な瞬間の舞台となってきた。ロレックスは2018年より、4番目で最終戦のグランドスラム・トーナメント、全米オープンのオフィシャル タイムキーパーを務めている。

全米オープン

ロジャー・フェデラー

ロジャー・フェデラーがコートに立つと、たちまち時が止まり、観衆はテニス界の生きる伝説から繰り出されるプレーの虜となる。スイス生まれのフェデラーはグランドスラム男子シングルス最多優勝20回を達成し、世界で親しまれているテニスというスポーツの歴史を書き換えた。品位とエレガンス、そして卓越のパフォーマンス。フェデラーはそれらすべてを兼ね備えている。

ロジャー・フェデラー
  • ロレックス上海マスターズ ロレックスとテニス 詳細を見る
  • レーバーカップ ロレックスとテニス 詳細を見る
  • ロレックス・モンテカルロ・マスターズ ロレックスとテニス 詳細を見る
  • NITTO ATP ファイナルズ ロレックスとテニス 詳細を見る
  • インディアンウェルズ ロレックスとテニス 詳細を見る

トップクラスのスポーツマン

ロレックスはトップクラスの男子テニスプレーヤーたちと強い絆で結ばれている。コートに登場するたびに技術力と粘り強さを見せつけるチャンピオンたちだ。ステファノス・チチパス、ジョー=ウィルフリード・ツォンガをはじめとしてグリゴール・ディミトロフそしてドミニク・ティエム。テニスのロレックス テスティモニーに名を連ねるのは、テニス界屈指のスポーツマンたちである。

  • ステファノス・チチパス
  • ミロシュ・ラオニッチ
  • カイル・エドマンド
  • ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
  • フアン・マルティン・デル・ポトロ
  • グリゴール・ディミトロフ
  • ドミニク・ティエム

資生堂WTAファイナルズ深セン

資生堂WTAファイナルズ深センは、女子のテニスシーズン閉幕フィナーレだ。シングルスでは今季成績上位8名のみ、ダブルスでは上位8組だけが出場できる大会である。2019年から2028年まで、シンガポールに代わり中国の深圳市がこの最高峰トーナメントの開催地となる。ロレックス テスティモニーにして伝説的テニスプレーヤーであるアメリカ人のクリス・エバート。1972年に初開催されたこの大会の歴代勝者21人に名を連ねる。

資生堂WTAファイナルズ深セン

トップクラスのスポーツウーマン

ロレックス ファミリーやテスティモニーには、女子テニス界屈指の選手が名を連ねる。スペインのガルビネ・ムグルサ、ドイツのアンゲリク・ケルバー、そしてデンマーク人チャンピオンのカロライン・ウォズニアッキ。この極めて秀でた能力を誇るアスリートたちは、伝説的プレーヤーである先人たちにならい、スポーツの歴史にその名を刻もうとしている。

  • アンゲリク・ケルバー
  • ガルビネ・ムグルサ
  • カロライン・ウォズニアッキ

ページをシェアする