ロレックスは、テニスにおいて最も格式の高いトーナメント、傑出したプレーヤー、組織を支援している。

全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープン、そしてスイスの天才、ロジャー・フェデラー。テニスの素晴らしい伝統に敬意を払いながら支援するという、この競技の卓越性に対するロレックスの貢献は、40年以上にわたる歴史を誇る豊かな遺産である。

全豪オープン

全豪オープンは、年間を通じて開催されるテニス選手権の中でも特別な位置付けにある。オフシーズンを経て活力を取り戻したプレーヤーたちが、その年最初のグランドスラムに出場するためオーストラリアに再集結する。メルボルン・パークにあるセンターコート、ロッド・レーバー・アリーナは、オーストラリアで3度のタイトルを獲得し、絶え間ない成長とあくなき卓越性の追求において限界を押し広げるべく、何世代にもわたるプレーヤーたちに多大な影響を与えたオーストラリア出身の伝説的プレーヤーに因んで名付けられた。スイスの名選手ロジャー・フェデラーは、この大会でこれまで6度男子シングルスのタイトルを獲得し、大きな成功を収めてきた。

全豪オープン

全仏オープン

プレミアムパートナー、オフィシャルタイムキーパー、オフィシャルウォッチを務めるロレックスと全仏オープンとの特別な絆は2019年に結ばれた。1928年以来、超一流のテニスプレーヤーたちがこのグランドスラム・トーナメントのためにパリに集結してきた。4大会のうちクレーコートを使用する唯一の大会であり、1891年初開催という歴史を誇る。

全仏オープン

ロレックスとテニスのパートナーシップは、ロレックスがウィンブルドンのオフィシャル タイムキーパーとなった1978年までさかのぼる。

ロレックスとウィンブルドン

1978年、ロレックスは、世界で最も歴史あるテニストーナメントであるウィンブルドン選手権のオフィシャルタイムキーパーになった。この先駆的な結び付きは、ロレックスとテニスとのパートナーシップの幕開けとなった。ロレックスは、敬愛されるこの大会において常に存在を示してきた。チャンピオンたちが勝利し、伝説が生まれ、かけがえのない思い出がつくられる、その輝かしい歴史において、最も伝説的な瞬間を目撃してきた。

ロレックスとウィンブルドン

ロレックスと
全米オープン

1881年に開催された大会にルーツをもつ全米オープンは、世界で最も古いテニス選手権のひとつである。伝統的にグランドスラムの4番目にして最後のトーナメントを飾ってきた、その独特の雰囲気とエネルギーは、開催都市であるニューヨークならではのものだ。40年以上前にイベントの本拠地となって以来、スポーツ史上に残る伝説的な試合のいくつもが、USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターで展開されてきた。ロレックスはテニス界と結んできた長年のパートナーシップの一環として、2018年よりこのグランドスラムのオフィシャルタイムキーパーを務めている。

全米オープン

ロジャー・フェデラー

ロジャー・フェデラーは20年以上にわたり、その卓越したスキルと技術的な精度、そしてコート内外での彼の優雅さとスタイルにより、世界中のテニスファンを魅了してきた。グランドスラム男子シングルスのタイトルを史上初、20も獲得したこのスイスの天才プレーヤーは、あくなき卓越性と揺るぎないスポーツマンシップで、未来の世代のプレーヤーたちのベンチマークとなっている。

ロジャー・フェデラー

ベリンダ・ベンチッチ

ベリンダ・ベンチッチはテニス界に影響を与えている。彼女は2014年に17歳で全米オープン準々決勝に進出し、15年以上ぶり最年少での進出を成し遂げた。怪我に見舞われた後、このスイス人の右利きプレーヤーは、2019年には全米オープンで初めてグランドスラムの準決勝に進出し、2度の優勝を果たした。さらにシーズン最終戦のWTAファイナルズでベスト4進出、世界トップ10入りで終えた。最近では、東京2020オリンピックで金メダルを獲得し、スイスで初のオリンピック 女子シングルス チャンピオンとなった。

ベリンダ・ベンチッチ

アレクサンダー・ズベレフ

ビッグサーブで力強いグランドストロークを持つアレクサンダー・ズベレフは、テニスコートを制する。2017年7月以来、世界トップ10入りを成し遂げている彼は、2018年ATPツアーファイナルズや5つのATPマスターズ1000トーナメントを含め、これまでに十数個以上のタイトルを獲得している。2020年全米オープンで初めてグランドスラム決勝に進出し、198㎝の長身のこのドイツ人は、エリート選手の仲間入りを証明した。東京2020オリンピックで金メダルを獲得し、ドイツで初のオリンピック 男子シングルス チャンピオンとなり、彼は大きな大会で、さらなる実力を示した。

アレクサンダー・ズベレフ
  • ロレックス上海マスターズ ロレックスとテニス
  • レーバーカップ ロレックスとテニス
  • ロレックス・モンテカルロ・マスターズ ロレックスとテニス
  • NITTO ATP ファイナルズ ロレックスとテニス
  • インディアンウェルズ ロレックスとテニス
  • ロレックス・パリ・マスターズ ロレックスとテニス

トップクラスのスポーツマン

ロレックスは一流の男子テニスプレーヤーたちと強い絆で結ばれている。彼らはみな、コートに登場するたびに技術力と粘り強さを見せるチャンピオンたちだ。ドミニク・ティエム、ステファノス・チチパス、カレン・ハチャノフをはじめとしてフアン・マルティン・デル・ポトロそしてジョー=ウィルフリード・ツォンガ。テニスのロレックス テスティモニーに名を連ねるのは、テニス界屈指のスポーツマンたちである。

  • ドミニク・ティエム
  • ステファノス・チチパス
  • カレン・ハチャノフ
  • フアン・マルティン・デル・ポトロ
  • ジョー=ウィルフリード・ツォンガ

資生堂WTAファイナルズ深セン

資生堂WTAファイナルズ深センは、女子のテニスシーズン閉幕フィナーレだ。シングルスでは今季成績上位8名のみ、ダブルスでは上位8組だけが出場できる大会である。2019年から、シンガポールに代わって中国の深セン市がこの最高峰トーナメントの開催地となる。ロレックス テスティモニーにして伝説的テニスプレーヤーであるアメリカ人のクリス・エバート。1972年に初開催されたこの大会の歴代勝者に名を連ねる。

資生堂WTAファイナルズ深セン

トップクラスのスポーツウーマン

ロレックス テスティモニーたちの中でも、今日優れた成績を上げる女子テニスプレーヤーたちには、スペインのガルビネ・ムグルサ、ドイツのアンゲリク・ケルバー、カナダのビアンカ・アンドレスクなどがいる。この並外れた才能を誇るアスリートたちは、伝説的プレーヤーである先人たちにならい、スポーツの歴史にその名を刻もうとしている。

  • ガルビネ・ムグルサ
  • アンゲリク・ケルバー
  • ビアンカ・アンドレスク

ページをシェアする