ロレックスのスポンサーシップの歴史は、自社の時計製造から、スポーツや探検、芸術における偉大な人物たちに至るまで、ロレックスの関心のあらゆる面を支える卓越性のあくなき追求のストーリーだ。

20世紀初頭は探検とスポーツにおける挑戦の時代だった。時計製造の世界において、ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフは可能性の限界を押し広げようと、従来の懐中時計に代わる、彼の時代における最高の革新のひとつである、埃や水に強い腕時計を目指した。

彼のビジョンは、1926年に初の防水腕時計、ロレックス オイスターの発表により現実のものとなった。そして広く認知してもらうために、彼はイギリス人女性として初となるイギリス海峡の泳断を翌年に予定していた、ブライトン出身の若きタイピスト、メルセデス・グライツにロレックス オイスターの着用を依頼した。泳断し終えたとき、その腕時計は10時間以上も冷たい水中にあったにもかかわらず、完璧に動いていた。この歴史的偉業により、グライツは初のロレックス テスティモニーとなった。

メルセデス・グライツ

当時、探検家たちはロレックスの時計を遠征の際に装備したいとウイルスドルフに依頼していた。そして彼は、世界が彼の時計にとって「生きた実験室」になるかもしれないと気づいた。探検家やスポーツ界のチャンピオンたちがロレックスの時計についてのフィードバックを提供することで、彼は時計の信頼性を高めることができた。

ウイルスドルフは、英雄たちの栄光の残像に浸るのではなく、有意義なパートナーシップを築き、長期的な支援をしたいと考えた。その結果得られた関係は、強固な理念、共有されたビジョン、そして相互の敬意に基づいて築き上げられた。これがスポンサーシップにおけるRolex way(ロレックスの流儀)である。

1930年、ロレックスとモータースポーツとのつながりはサー・マルコム・キャンベルから始まった。1924年から1935年の間に、「スピードの王者」は時速300マイル (483 km)の壁を破るなど、地上最速記録を9回更新した。

マルコム・キャンベル

1930年代以降、登山家たちはエベレスト遠征の間、ロレックスの腕時計を頼りにした。極度の気温と高度は、このスイスの時計メーカーに完璧なテスト環境をもたらした。サー・ジョン・ハント率いる1953年の遠征隊はロレックス オイスターの時計を装備し、5月29日、チームのうちの2人、サー・エドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイがエベレスト登頂に初めて成功した。同年、この歴史的偉業を記念して、ロレックス オイスター パーペチュアル エクスプローラーが発表された。

山岳探検

ロレックスは、テスティモニーたちや団体とパートナーシップを組んだり、支援するイベントを決定したりする際に、同じ価値観を共有する個人や団体と関わることを常に誇りとしてきた。

ロレックスは常に、卓越性のシンボルであり続けている。 ロレックスは、可能と思われる範囲を超えて、専門技術と知識の継承を確かなものとし、未来の世代の発展に投資するという永続的な取り組みで知られている。

これらの指針は、ロレックスが馬術競技との関わりを開始した1957年に決定的に重要となった。イギリス人で障害馬術選手のパット・スマイズが、テスティモニーとなり、有名になると、男性騎手に匹敵する以上の存在となった。以来、障害馬術、馬場馬術、総合馬術において最高峰の騎手や競技会とのパートナーシップを育み、卓越性と高い実績を追求し続けることを目指してきた。このような卓越性へのこだわりから、ロレックスは4大会で構成されるロレックス障害馬術グランドスラムの創設スポンサーとなった。

テスティモニー 広告

1958年、ロレックスはニューヨーク・ヨットクラブを皮切りに、ヨットレースとのつながりを築いた。それ以来、ロレックスはこれらの結びつきを強化し、世界中で最も影響力のあるクラブと幾多の主要なレースを支援してきた。

ロレックスとヨットレース

サー・マルコム・キャンベルとのパートナーシップを基盤に、1959年、ロレックスは今日のロレックス デイトナ 24時間レースが開催されるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイと提携し、最も初期のスポーツとの関わりのひとつを新たなものにした。1963年、ロレックスは最新モデルにアメリカの著名なレーストラックとのつながりを象徴するコスモグラフ デイトナという名前を付けた。シンプルに「デイトナ」として知られるこの時計は、スピードとモータースポーツへの情熱に満ちた歴史を体現しており、世界で最も知られるクロノグラフのひとつとしてアイコンの地位を確立した。

デイトナビーチ

地上からはるか遠く、人間とマシンは新たな高み、あるいはこの場合は深みへと、自らを駆り立てた。1960年1月23日、アメリカ海軍大尉のドン・ウォルシュとスイス人海洋学者のジャック・ピカールは、トリエステ号で海洋最深部のマリアナ海溝へと潜航し、水深10,916 m (35,800フィート)の海底に到達した。この水深では、潜水艇と船体に取り付けられたロレックスの試作モデル、ディープシー スペシャルには、非常に大きな水圧がかかった。トリエステ号 は約9時間後に再浮上したが、時計は無傷であった。

トリエステ号

1967年にロレックスとアーノルド・パーマーの握手によって結ばれたゴルフとの強いつながりに、ブランドの卓越性への追求が表れている。パーマーと、彼の最大のライバルであり友人でもあるジャック・ニクラウスとゲーリー・プレイヤーのビッグスリーは、ゴルフを世界中に広めた。ゴルフ界の偉大な人物たちとの画期的なパートナーシップにより、ロレックスとゴルフの関係は発展し、世界的な広がりを持つようになった。

ビッグ・スリー

ロレックスは、タイガー・ウッズやアニカ・ソレンスタムなどの伝説的な選手からジュニアやアマチュアのゴルファーまで、あらゆるレベルの男子と女子の大会を支援している。今日、ロレックスは多くの最も権威あるトーナメントのスポンサーとなっており、この歴史ある競技の骨組みそのものの一部となっている。ロレックスとスポーツのつながりは、品質、エレガンス、信頼性、そしてパイオニア精神を表している。

ゴルフ パートナーシップ

1968年には、新たなスポーツチャンピオンがテスティモニーとなった。FIA Formula One World Championships™で3度の優勝を果たしたレーシングドライバーのサー・ジャッキー・スチュワートである。ロレックスは、グローバルパートナーおよびオフィシャルタイムピースとしてフォーミュラ 1の支持者であり続けるとともに、一部のグランプリレースのタイトルスポンサーを務めている。これらの耐久性と技術が求められるレースは、象徴的な腕時計と見事に合致する。

ジャッキー・スチュワート卿

1970年代後半には、ロレックスは最高峰のテニスプレーヤーや大会へと支援を広げ、このスイスブランドの理念との完璧な組み合わせの始まりを告げた。クリス・エバートが女性テニスプレーヤーとして初のテスティモニーとなった1978年以来、ロレックスの時計はウィンブルドン選手権でオフィシャル タイムキーパーを務めている。現在では、グランドスラムの全4大会のほか、傑出したチーム対抗戦であるデビスカップとレーバーカップ、およびその他の一流のトーナメントを支援している。羨望を集めるトロフィーには、ウィンブルドンで5連覇を果たしたビョルン・ボルグや、テニス史上最高の選手の1人であるロッド・レーバーを含む、テニス界の多くのロレックス テスティモニーの名が刻まれている。そこにはグランドスラム男子シングルス20勝を初めて達成したスイス人チャンピオンのロジャー・フェデラーも含まれる。

ロレックスとテニス
  • ウィンブルドン選手権
  • 全豪オープン
  • 全仏オープン
  • 全米オープン

半世紀にわたって探検家やアスリートを支援してきたロレックスは、並外れたパフォーマンスというもう一つの領域において卓越性を追求する決意を新たにした。1976年には、著名なソプラノ歌手、デイム・キリ・テ・カナワが芸術界初のロレックス テスティモニーとなり、数年後にはスペイン人テノール歌手、プラシド・ドミンゴも加わった。

デイム・キリ

メゾソプラノのチェチリア・バルトリ、バスバリトンのサー・ブリン・ターフェル、ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァなど、オペラ界の他の名前も続いた。ロサンゼルス・フィルハーモニックの指揮者兼音楽監督のグスターボ・ドゥダメルとピアニストのユジャ・ワンはクラシック音楽界からのテスティモニーである一方、マイケル・ブーブレのようなポピュラーミュージックのアーティストともパートナーシップを組んでいる。

マイケル・ブーブレ

ロレックスと芸術とのつながりは、今や世界の文化的景観に欠くことのできない特色となっている。ロレックスは、スカラ座、ロイヤル・ オペラ・ハウス、メトロポリタン歌劇場などの主要なオペラ劇場を含む、一流の組織のパートナーとなっている。現在では、芸術におけるスポンサーシップは、建築、音楽祭、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団にまでわたる。

スカラ座

2017年には、映画芸術科学アカデミーとのパートナーシップにおいて、アカデミー賞のプラウドスポンサーとなるとともに、ロサンゼルスに新設されるアカデミー・ミュージアム・オブ・モーション・ピクチャーズの創設サポーターとなった。 映画の世界との長きにわたる絆には、アカデミー賞受賞監督であるジェームズ・キャメロンやマーティン・スコセッシとの関わりも含まれ、彼らの卓越したストーリーテリングと指導は、次世代のフィルムメーカーたちに影響を与えている。

ロレックスと映画

ロレックスは、あらゆるスポンサーシップ活動において、ある世代から次世代への知識と専門技術の伝承を支援している。メントー&プロトジェ アート・イニシアチヴでは、新進アーティストに、学び、創造し、成長する時間を提供している。2002年に創設されたこのイニシアチヴは、芸術とは何世代にもわたり蓄積されてきた過去の経験の連続したつながりであり、すべてのアーティストは先人たちからインスピレーションを得ているという信念に基づいている。

RMP

ロレックス賞を通じて、探検家や環境科学者も次世代の育成に貢献することができる。1976年、当時ロレックスの会長であったアンドレ・J・ハイニガーが、世界初の防水腕時計であるロレックス オイスターの50周年を記念して設立したロレックス賞は、一度きりの開催を予定していた。しかしながら、この賞が国際的に大きな関心を集めたことから、ハイニガーとロレックスは継続的なプログラムへと変革した。長年にわたり、150人もの受賞者を支援しており、彼らの活動は生活の向上や地球を守ることにおいて世界中で多大なる貢献を果たしてきた。彼らは、より広く世界に貢献し続けるというロレックスの決意を体現している。

ロレックス賞

初期のテスティモニーたちは純然たる探検の要素を定義づけた男女たちであったが、ロレックスはここ数十年で、自然界の保護に積極的に乗り出した探検家たちに目を向けるようになった。

ロレックスは、波の下に隠された広大な地球を保護する科学活動を支援している。長年のテスティモニーである伝説的な海洋学者シルビア・アールには、海が直面している脅威について身をもって得た知識がある。50年以上にわたり水中でのキャリアを積んできた彼女は、世界に教え、環境を保全するために、たゆまぬ取り組みを続けてきた。2014年、ロレックスは海域の保護を目指す彼女のミッション・ブルー・イニシアチヴへの支援を発表した。

ロレックスと映画

ロレックスの地球の未来への揺るぎない関与は、従来のスポンサーシップを超えるものだ。これらの取り組みは、私たちの共通の遺産が何世代にもわたって守られていくことへの希望の表明である。90年以上にわたり、ロレックスのスポンサーシップは、無数の専門分野からの並外れて優れた才能のある多くの人々、そして彼らが関わるイベントや組織を含むまでに成長した。

ロレックス賞

彼らは皆、ロレックスの創立者であるハンス・ウイルスドルフの理念を全うし、自身の分野の限界を押し広げようとする。ウイルスドルフは次のように断言していた。「私たちの任務はまだ完了しておらず、私たちは取り組みを強化するつもりです。しかし、過去に達成してきたことは、 未来で私の信念を固める助けとなります。」

前例のない時代に揺るぎないロレックス

2020年、ロレックスはスポーツ、探検、芸術といった各分野のパートナーとともに、この年の困難な状況を乗り越えるために尽力しました。

スポーツの世界では、大会のスケジュールを維持しようとするテスティモニーたちをサポートすると同時に、革新的な方法でイベントを開催しながらも、参加者の健康を守りファンの関心を高め、自宅から試合を観戦できるようにした組織を支援しました。

ジンベエザメと共に潜る
  • ル・マン24時間レース
  • ロレックス・ミドル・シー・レース
  • 全仏オープン
  • アバディーン・スタンダード・インベストメンツ スコットランドオープン

このようなサポートは、他のパートナーシップにも見られました

音楽家や歌手が劇場で演奏できなくなると、ロレックスは「パーペチュアル ミュージック」という取り組みを開始し、彼らに機会を提供して、medici.tvでライブ配信された、印象的な一連のコンサートへの参加を促しました。 

世界が困難な状況に直面している中でも、2020年もロレックスによる地球を守るための永続的な活動は揺るぎませんでした。ロレックスは、自然界の保護のためにたゆまぬ努力をしている個人や組織とのパートナーシップを継続的に支援することで、彼らのプロジェクトを前進させる手助けをすることを決意しました。

ロレックスと音楽

ページをシェアする