アカデミー賞授賞式:名作を生み出す卓越性、インスピレーション、名作を生み出すために必要な技術的な才能をたたえる唯一無二の祝祭。

映画シーズンのハイライト

2017年より、ロレックスはハリウッドのドルビー・シアターで開催されるアカデミー賞授賞式のプラウドスポンサーを務めている。200を超える地域で生中継されるこのイベントは、映画をたたえるだけではなく、毎年、世界中の映画の展望を形作る助けとなっている。

卓越性への賛辞

アカデミー賞授賞式は、同業者による評価以上のはるかに大きなのものを意味する。インスピレーションや感性だけでなく、制作プロセスや技術的専門知識など、映画制作に関わるすべてをたたえるものである。ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフが好んだ表現を借りれば、これは「見事に仕上げられた仕事」への頌歌である。映画とは芸術であり、科学であり、産業であり、アカデミー賞のセレモニーはそのすべての側面に光を当てる。

アカデミー賞授賞式は、卓越性を追求するチームの功績と尽力を表彰するもの、ロレックスの価値観を体現している。

ロレックスと映画芸術科学アカデミー:卓越性により際立つ歴史的なパートナーシップ

2017年、ロレックスは映画業界の最高権威である映画芸術科学アカデミーのパートナーになった。2つを結び付けた創立時の関心は、卓越性、才能の育成、進歩の促進、次世代への知識継承の重要性に対する共通の信念でだった。

ロレックスは映画芸術科学アカデミーのエクスクルーシブウォッチとなり、アカデミー賞のプラウドスポンサー、ガバナーズ賞のエクスクルーシブスポンサーとなった。またロレックスは、2021年9月にロサンゼルスにオープンしたアカデミー・ミュージアム・オブ・モーション・ピクチャーズの創設サポーターでもある。

ロレックスは、映画界における生涯の功績に対して個人をたたえるガバナーズ賞のエクスクルーシブスポンサーである。

ロレックスとアカデミー賞 グリーンルーム

ロレックスは、アカデミー賞の控室、グリーンルームのオフィシャル ホストである。候補者やプレゼンターはアカデミー賞授賞式のステージに上がる前後に、このラウンジに集い、中には憧れのオスカー像を手に戻ってくる者もいる。

ロレックスは毎年、グリーンルームのためにユニークな没入型の体験と新たな装飾を作り上げている。2022年のスペースは、伝説的なハリウッド映画に敬意を表し、映画と時計製造の技術の融合を称えている。

ページをシェアする