マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシ、映画監督、映画愛好家

ロレックスと映画

マーティン・スコセッシは、その豊かな作品群と独自のスタイルにより、現代屈指の偉大な監督である。彼もロレックス テスティモニーのひとりである。

マーティン・スコセッシ:映画界の巨匠

マーティン・スコセッシの映画は、世界中の観客の心をとらえてきた。彼は26本の長編映画で数々の賞を受賞している。この伝説的な監督は、体系的に自身の道を歩み、自らが選んだメディアを変革させてきた。

スコセッシの作品の特徴のひとつは、脚本家と共に深いニュアンスを持つ登場人物を作り上げるにしても、各シーンを彩る音楽を選ぶにしても、特定の時代の雰囲気を再現するにしても、制作の各段階に細心の注意を払っていることである。映画の言語に精通し、俳優が自信を持って即興で演じることができる現場の雰囲気を作り出す能力も兼ね備えている。

「映画は私たちの心を動かし、私たちのビジョンを目覚めさせ、物事の見方を変えてくれます。私たちを別の場所に連れて行ってくれ、扉や心を開いてくれます」

この多彩でヒューマニストの監督は、時代映画からスリラー、ノワールからミュージカル、心理劇まで、あらゆるジャンルを探求してきた。彼の作品は、映画史に残るような登場人物を世に送り出してきた。偉大な古典作品の遺産が染み込んでいながらも、現代性への追求に突き動かされたマーティン・スコセッシの映画は、アメリカについての個人的なビジョンを示す一方で、人間のありようを理知的に探求している。

長編映画、ドキュメンタリー、シリーズ、短編を問わず、監督またはプロデューサーとして、マーティン・スコセッシは何十年にもわたり膨大な映画の文献を構築してきた。彼は、世界中の映画の保存と修復を目的としたフィルム財団を立ち上げており、この活動をロレックスは支援している。また、高い評価を得ている映像作家たちに敬意を表する一方で、芸術的コラボレーションやロレックス メントー&プロトジェ イニシアチヴへの関わりを通じて、若い世代との創造的な対話を続けている。

「映画は生涯私たちの記憶に残ります。存続させなければなりません」

勤勉で情熱的、古典作品とデビュー作品を同じように賞賛する彼は、自らの貢献よりも偉大であると自身が考える大義、つまり映画界全体のためにに尽くしている。

ロレックス メントー&プロトジェ アート・イニシアチヴ

ロレックス メントー&プロトジェ アート・イニシアチヴは、新たな才能と映画制作における偉大な人物たちと共に作業し、アイデアを探求し、創造することを可能にする。これが世界中のアーティストたちの世代を超えた豊かな対話の火付け役となる。

ページをシェアする