ジェームズ・キャメロン

ジェームズ・キャメロン、映画監督・探検家

ロレックスと映画

常に創造への熱意を押し拡げ、最も大胆な技術的挑戦をするのが彼の得意とすることだ。監督、脚本家、プロデューサー、そして探検家でもあるジェームズ・キャメロンは、ロレックス テスティモニーのひとりである。

ジェームズ・キャメロン:映画を探求し、探求を撮影する

ジェームズ・キャメロンの作品は、夢であり、冒険であり、革新への彼の情熱を示している。何度もアカデミー賞を受賞している監督でありながら、探検というもうひとつの情熱を失うことはない。ジェームズ・キャメロンの2つの側面は、彼のぞれぞれの快挙と作品に織り込まれている。

また、技術を駆使する厳格なストーリーテラーとして、彼にはあらゆるタイプの観客を魅了する確かな能力がある。ジェームズ・キャメロンは、最も野心的な作品であっても、プレッシャーに負けず常にインスピレーションを優先させることに成功している。それゆえ、ビジョンを完成させ、知識を広げ、自身の芸術を高めている。

「想像力は、実際に現実を表すことができる力です。自分に制限をかけないでください。それは他の人たちがやってくれるでしょうから」

『アビス』から23年後、彼は自ら設計した潜水艇ディープシー チャレンジャー号に乗り、マリアナ海溝の底―水深10,908 m―まで単独で降下した。

1997年の『タイタニック』では、北大西洋の海底で錆びついた船の残骸という私たちが共通して抱くイメージを、サウサンプトン沖の波を切り裂いて進む進水したばかりの巨大な船というイメージに変えてしまった。その4年後、ドキュメンタリー映画『ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密』の撮影のため、彼は本物のタイタニック号の沈没地点まで3,700 m潜水した。

驚異的な潜水から3Dでの復元まで、ジェームズ・キャメロンは人間、技術、そして芸術で成し遂げられることの限界を押し拡げ続けている。彼は映画芸術の改革を目指し、最も複雑な課題に対する解決策を見つけるために、根気強い尽力を続けている。『タイタニック』、『アバター』、『ターミネーター』は、単なる興行的な成功をはるかにしのぐ映画史に残る名作となった。

「私たちの唯一の競争相手は、自分自身の過去の功績なのです」

ジェームズ・キャメロンは、『アバター』の続編となる『Avatar II: The Way of Water』の公開を予定している。The Way of Water この作品は、新たな芸術的、技術的基準を定め、この監督の卓越性への追求を改めて証明するものである。

ページをシェアする