ロレックスは毎年、映画制作における卓越性を称えている。

2017年以来、ロレックスと映画芸術科学アカデミーは共に、あらゆる形態の伝達を奨励し、卓越性を推進し、インスピレーションと進歩を称えてきた。

2021年
名作を生み出す

ビジョンで止める者もいるだろう。それを実現する意志と強さをもつ者は稀である。数え切れないほどの技師、技術者、職人たちによる作業を要する。それぞれが、複雑な機構の中で不可欠な役割を担っている。これらのスキルや専門知識、数え切れないほどの細かな意思表示の積み重ねが、唯一無二の感情を呼び起こす。しかし、ロレックス ウォッチ同様、名作には、やはりそれ以上のものがある。名作が呼び起こす感情は決して色あせることがない。芸術であると同時に科学でもある。そして、それらはただひとつの才能の成果である:常に限界を越えるために。

2020年
自身のメントーに敬意を表す4人の映画監督たち

マーティン・スコセッシ、キャスリン・ビグロー、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、そしてジェームズ・キャメロンら、伝説的な映画監督たちは若い映画監督たちが直面する課題を知っている。これらの伝説的な監督は、自身に創造性を与えてくれた人々に敬意を表することで、次の世代に自身を超え芸術的な卓越性を追求するよう促す。

2019年
未来のフィルムメーカーへ

映画監督のマーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、キャスリン・ビグロー。それぞれが映画界に名を刻んできた。次世代に熱心に経験を共有し、妥協を許さぬ情熱をもって自らの信念を貫くよう、鼓舞してきた。それこそが彼らの映画の特徴だからだ。

2018年
映画の巨匠を称えて

映画史に名を残すのは、ビジョンやインスピレーション、芸術性と卓越した技術を融合させることのできる人物たちの作品だ。ロレックスは、アカデミー賞受賞監督のマーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、キャスリン・ビグロー、アレハンドロ ・G・イニャリトゥをサポートできることを誇りに思う。彼らこそ、常に卓越性の限界を押し拡げている監督である。

2017年
ジェームズ・キャメロン、ストーリーテリングの名手

ジェームズ・キャメロンの映画は、夢であり、冒険である。そこからは、彼の深海探検への思いと同時に、技術革新への情熱が伝わってくる。その彼の熱意が実を結び、タイタニックで歴代最多の11部門でアカデミー賞を受賞。アバターは歴代興行収入1位を記録している。

ページをシェアする