ロレックスと映画:常に生まれ変わり続けるムーブメント

映画は永続的なムーブメントである。映画には、歴史に命を吹き込み、集団と個人のどちらにおいても、未来のあらゆる可能性を探求する力がある。ロレックス ウォッチのように、映画は私たちの記憶と願いに刻まれている。それは、私たちの大いなる志と、人生で直面するであろう困難をも乗り越えるという決意の証人である。1秒間に24コマ、または1日24時間という単純な枠を超えて、私たちの感情の本質を体現する。

ロレックスは、常に映画の世界と密接な絆を築いてきた。アカデミー賞を受賞した名作を含む数多くの映画の中で、ロレックス ウォッチは、伝説的な登場人物の手首で独自の役割を演じてきた。そして今日、映画制作における芸術的、技術的卓越性を支援することで、ロレックス、自らも参加者となった。

ロレックスは、テスティモニー(マーティン・スコセッシやジェームズ・キャメロン)、映画芸術科学アカデミー(機関、賞、ロサンゼルスのミュージアム)とのパートナーシップやロレックス メントー&プロトジェ アート・イニシアチヴを通じて伝説的人物や新進の才能を支援することで、映画芸術の保存と継承を奨励し、卓越性を推進し、進歩を称えている。

ロレックスと映画、隣り合わせで歴史を刻む

1926年、ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフは画期的な防水腕時計、オイスターを発明し、大きな話題を呼んだ。そのわずか数カ月後に、史上初のトーキー(発声)映画『ジャズ・シンガー』が公開され、観客を驚かせた。この2つの瞬間は、現代の映画制作と現代の時計製造の両方の到来を告げるものだった。

1931年、ロレックスはオイスター パーペチュアルという、またしても先見性のある画期的な製品を発表した。パーペチュアルローターが搭載された初の防水自動巻腕時計。一方、映画界ではカラー映画が大スクリーンデビューを果たした。

以来、ロレックスと映画は常に時代と共鳴してきた。今日に至るまで、卓越性、革新、進歩への探求を共有し続け、それが大いなる志を育んでいる。

スクリーン内外でのロレックス

何十年にもわたり、年を追うごとにスクリーン上でロレックスを着用する著名人は増えていった。偉大な俳優や監督たちが時計を愛用し、今度は彼らが自らのカリスマ性とセンスを時計に注ぎ込んだ。しかし、カメラがあってもなくても彼らの手首でゲスト出演していたロレックスは、やがて中心的な役割を果たすことになる。

ロレックス ウォッチは、それを身につける人物に何を語りかけるのだろうか。

時計と登場人物

ロレックス ウォッチは、その強い存在感で、身につける人物のアイデンティティを強調する。これだけ多くの作品に登場するのは、決して偶然ではない。登場人物がロレックス ウォッチを身につけるとき、それは俳優や監督による芸術的な選択なのである。これらの時計とスクリーンでの存在感により、ロレックスは映画の世界と切り離せない存在となっている。

ロレックスは物語る

俳優がロレックス ウォッチを身につけることで、プロットに情報が加わる。その効果として、登場人物に起こりうる歴史、過去、運命が与えられる。身につける人の気質、好み、価値観、願望、考え方などが見えてくるのだ。

『ネットワーク』(1976年)、 フェイ・ダナウェイ;Warner Brothers / MGM

『蛇皮の服を着た男』(1960年)、マーロン・ブランド、ジョアン・ウッドワード;MGM

『アポロ13』(1995年)、特定不能のエキストラ;Universal

『ユージュアル・サスペクツ』(1995年)、ガブリエル・バーン;Paramount / MGM

『フランティック』(1998)、ハリソン・フォードとベティ・バックリー;Warner Brothers

ロレックスは、卓越性の推進と称賛、知識の永続、芸術の保護、新しい才能の育成を促進している。

ロレックスとハリウッド

2017年、2つの大きな出来事が、ロレックスと映画業界の長年にわたる関わりを確固たるものにした。まず、マーティン・スコセッシ監督が、ジェームズ・キャメロン同様、ロレックス テスティモニーの一員となった。そして同年、ロレックスは映画界の最高権威である映画芸術科学アカデミーとのパートナーシップを締結した。

アカデミーのミッションは、映画における卓越性を推進し、その遺産を後世のために保存すること、想像力を喚起すること、そして映画の普遍的価値を称えることである。この長期的なパートナーシップは、ロレックスと映画芸術に共通する価値観を称えている。

ロレックスは映画芸術科学アカデミーのエクスクルーシブウォッチとなり、アカデミー賞のプラウドスポンサー、ガバナーズ賞のエクスクルーシブスポンサーとなった。またロレックスは、2021年9月にロサンゼルスにオープンしたアカデミー・ミュージアム・オブ・モーション・ピクチャーズの創設サポーターでもある。

ページをシェアする