ロレックスは、卓越性が世代を超えて受け継がれることは不可欠であると確信している。2021年に設立されたアカデミー・ミュージアム・オブ・モーション・ピクチャーズは、映画界における最も新しい施設のひとつである。ロレックスはその創設サポーターを務めている

映画の殿堂

2021年9月に、世界的な映画の中心地にオープンしたアカデミー・ミュージアム・オブ・モーション・ピクチャーズは、映画ファンにとって必見の場所だ。

ここは、映画制作専門のアメリカ最大のミュージアムである。ロサンゼルスのミラクルマイルにある、このミュージアムは一目でそれとわかるデザインのガラスのドームで、プリツカー賞を受賞した建築家レンゾ・ピアノが設計を手掛けた広さ2万8000平方メートルの建物だ。内部は常設展と仮設展を展示する4,650平方メートルを超えるギャラリースペース、1,000席の観客席を有するデヴィッド・ゲフィン・シアター含む2つの劇場、教育用スタジオ、公開イベントや特別イベント用のスペースを備えている。

ロレックスは遺産の保存と卓越性の継承を奨励している。

ロレックス:アカデミー・ミュージアム・オブ・モーション・ピクチャーズの創設サポーター

ミュージアムの創設サポーターとして、ロレックスは才能への注視、卓越性の育成、遺産の保護、知識と技術の次世代への継承に取り組むことを改めて明言する。

ミュージアムは映画の過去、現在、未来に光を当て、独創的な展示、上映、教育プログラム、優れたコレクションを通じて、来館者を唯一無二の映画の世界に引き込む。

ミュージアムには、映画制作や映画の技術に関する膨大な展示物が公開されており、映画製作者とその作品の多様な国際的かつ複雑なストーリーを展示している。数百の展示物には、『ジョーズ』のサメ、『トイ・ストーリー』のおもちゃ、アルフレッド・ヒッチコックからジョージ・ルーカスまでさまざまな監督を思わせる品々がある。

ロレックス ギャラリー

ミュージアムの3階にあるロレックス ギャラリー内のモジュール式展示は、映画史のさまざまな瞬間を旅するようにデザインされている。来館者は、世界中の監督の作品と世界に引き込まれる。Stories of Cinemaの展示スペース中央にあるインスタレーションでは、技術、アーティスト、歴史、社会的影響など映画制作のさまざまな側面を、映画の魅力を伝える多様な音声で明かしている。 Inventing Worlds and Charactersでは、来館者はアーティストと技術者が最初のアイデアから制作の最終段階まで、どのように映画を作り上げていくのかを学べる。多くの展示物の中には、模型やコスチューム、アニメのセル画などもある。

ミュージアムに展示されている伝説的俳優の時計

“DRIVE CAREFULLY ME”

この3つの言葉は、女優のジョアン・ウッドワードが、レーシングドライバーとしてのキャリアをスタートさせる直前の夫、ポール・ニューマンに贈ったコスモグラフ デイトナのバックケースに刻まれている。演技とレースの両方に情熱を注いだニューマンは、1972年に初めてプロのレースに出場し、その後、スポーツカークラブ・オブ・アメリカのチャンピオンシップで4度の勝利を収めた。1979年、ル・マン24時間レースでは2位入賞を果たした。1995年、70歳のときには、彼のチームはデイトナ24時間レースのGTS-1クラスで優勝した。この輝かしいキャリアを通じて、コスモグラフ デイトナは常に彼の手首にあった。

サーキットを離れても、ニューマンは他のロレックス ウォッチを着用し、最も印象深い『ハスラー2』 の“ファスト・エディ” フェルソン役では、1987年のアカデミー賞主演男優賞を獲得した。

彼は才能豊かな優れた著名人であった。才能のある俳優、レーシングカードライバーとして活躍する一方、先駆的な社会起業家でもあった。

ジョアン・ウッドワードから贈られた時計は、アカデミー・ミュージアム・オブ・モーション・ピクチャーズに展示されている。

ページをシェアする