rolex-and-cinema-2020-cover-0001.mp4

ロレックスと映画

詳細を見る

映画監督のマーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、キャスリン・ビグローは、それぞれが映画界に深く、永続的な影響をもたらした。彼らは映画界の素晴らしい功績者であり、それぞれが独自のビジョン、スタイルをもって私たちの世界を映画に投影し続ける。

マーティン・スコセッシ

50年にも及ぶキャリアを持つ映画界の巨匠、マーティン・スコセッシは、若く、新進気鋭の監督だった1960年代にニューヨーク大学に入学した。そこで彼は映画の教授、ヘイグ・マヌージアンと出会った。メントーである、彼が自身や同級生たちに与えた影響について、「私たちの心に火をつけた」と表現する。彼はニューヨーク大学在学中に初の短編映画を制作し、数年後には今日の映画を形作るのに貢献した長い作品リストの最初のものとなる長編映画を制作した。

デイデイト 40

キャスリン・ビグロー

映画監督になる前、キャスリン・ビグローはサンフランシスコ芸術大学で絵画を専攻していた。その後、彼女はニューヨークに移り、そこで今日の芸術家としての姿になるべく彼女を駆り立てたコンセプチュアル・アーティストのローレンス・ウィナーに出会った。「彼は、テストとサプライズの両方の過程、そして芸術がいかに知識をもたらすかについて気づかせてくれました。」 彼女は史上初のそして未だ唯一のアカデミー賞監督賞を受賞した女性である。

デイトジャスト 36

アレハンドロ・G・イニャリトゥ

その視覚スタイルと人間の本質を探求することで知られている、アレハンドロ・G・イニャリトゥは映画界において強い影響力を持つ人物となった。イニャリトゥは監督を始めたときに、自身のメントーである舞台、オペラ、映画監督のルドヴィク・マルグーレスと出会った。3年間にわたる、マルグーレスからの指導により、人生と「監督であることの認識」が変わった。また、彼は自身を信じ、今日私たちが称賛する人物や芸術家となるべく導かれた。

GMTマスターⅡ

ジェームズ・キャメロン

ジェームズ・キャメロンは、高く評価されている映画監督であり、探検家である。彼は監督、脚本家、プロデューサーとして、過去30年間で最も記憶に残る映画の何作品かを制作してきた。高校の生物学のマッケンジー先生に「無限の可能性」があると勇気づけられたキャメロンは、14歳のときに演劇グループを作った。彼の無限の可能性は、映画監督や探検家として表現する大胆なビジョンへと形を変えていった。「私たちは上演するために放課後何時間もかけて舞台を製作り、照明を設置し、セットを作り上げました。彼(マッケンジー先生)は枠組みを作り、あとは私たちの自由にさせてくれました。」

ロレックス ディープシー

ロレックスとアカデミー

2020年ロレックス
グリーンルーム

ロレックスは5年連続で、アカデミー賞の出演者の控室、ドルビー・シアターのグリーンルームの魅惑的な空間をデザインしました。ロレックスの「パーペチュアル プラネット」イニシアチヴに沿って、今年のグリーンルームのデザインは極地の風景がデザインされています。

これは、未来の世代のために地球を守るべくたゆまぬ努力をしている先駆的な個人や団体の支援を通じてロレックスが保護しようとしている環境の美しさと脆さを、ゲストに思い起こさせる役割を担っています。

デイトジャスト 41

流行に左右されない美しさと機能を兼ね備えるデイトジャスト。

芸術形式の前進