ブライソン・デシャンボー、2020全米オープンゴルフで初メジャータイトル獲得。

2020全米オープンゴルフで初のメジャータイトルを獲得したブライソン・デシャンボーに、心からの祝福を。彼の科学的なアプローチはゴルフの未来を刺激する。

メジャー4大会のひとつで、全米ゴルフ協会のフラッグシップイベントである全米オープンは、1895年にロードアイランド州ニューポート・ゴルフクラブで初めて開催された。

毎年、アメリカで最もアイコニックな会場で行われ、どこで開催されるかにかかわらず、ゴルフ競技としてあらゆる点においてテストされている。2020年の会場であるウィングド・フット・ゴルフクラブがこの伝統を引き継ぎ、ウエスト・コースにはスコアリングを難しくする、難関が設定されている。ロレックス テスティモニーのジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレイヤー、トム・ワトソン、タイガー・ウッズそしてブルックス・ケプカは、実力を最大限に発揮し、この権威ある大会でチャンピオンの座をつかみ取った。正確性こそがすべてであるこの大会において、1980年からオフィシャルタイムキーパーを務めるロレックスは完璧なパートナーである。

  • 試練に挑む
    選手たち

    ロレックスとゴルフ

  • ジャスティン・トーマス
    ジャスティン・トーマスは、PGAツアー®において驚くべきスピードで成功を収めた数少ない選手の一人だ。2017年のPGA選手権での勝利により、25歳の誕生日を迎える前にメジャーを制した4人目のゴルファーとなった。

    詳細を見る
  • ホン・ラーム
    2016年にプロに転向して以来、ホン・ラームは大西洋の両側に大きな影響を与えてきた。その傑出した才能は2019年にも発揮され、ヨーロピアンツアーのシーズン最後のDPワールドツアー選手権で勝利し、レース・トゥ・ドバイで優勝した。

    詳細を見る
  • ブライソン・デシャンボー
    PGAツアー®最長打者のひとり、ブライソン・デシャンボーは、2020年に頭角を現した。ジャスティン・トーマス、リッキー・ファウラー、ジョーダン・スピースなどのテスティモニーと並び、ロレックス ニューガードのメンバーだったデシャンボーは、科学的アプローチと革新的なスタイルで試合に臨み、トーナメントで常に挑戦し賞金を得ている。

    詳細を見る
  • アダム・スコット
    2013年にマスターズ・トーナメントで優勝するなど、メジャーでのトップ10入りは18回を数えるアダム・スコットは、PGAツアー®で成功を収めている。 

    詳細を見る

タイガー・ウッズ

20年前、タイガー・ウッズは全米オープンで優勝し、メジャー大会3連覇を果たした。第100回の記念大会となったペブルビーチでは、2位と15打差をつけた12アンダーパーで試合を終えた。現在もこの得点差は、メジャー4大会において誰にも破られていない。この勝利は、2000年にPGA選手権と全英オープン、そして翌年のマスターズで達成した、ゴルフ史上初のメジャー4大会連続優勝、いわゆる「タイガー・スラム」を予告するものとなった。この他、2002年にはベスページ・ブラックでの全米オープン優勝、そして6年後のトーリ・パインズでは故障をものともせず勝利を勝ち取り、揺るぎない決意を示した。

全米オープン タイガー・ウッズ

デイデイト 40

18 ct ゴールドまたはプラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアルに日付だけではなくフルスペルの曜日も表示する、世界初の腕時計であった。並外れた精度、信頼性、視認性とその存在感により、究極のステータスウォッチ、一流の象徴としての地位を確立した。特別にデザインされたプレジデント(President)ブレスレットを装備するデイデイトは、世界中のエリートのための究極の逸品であり続けている。全米オープンに挑む一流ゴルファーたちと同様、このフィールドにおけるリーダーである。

全米オープン デイデイト 40

ページをシェアする