Congratulations 米国チーム!

ライダーカップは単なるゴルフトーナメントではない。頂点に立つ2つのチームの対決である。それがこの大会を特別なものにし、勝利を難しくしている。ホームの地で、米国チームはスキル、チームスピリット、そして対戦相手への敬意を示して、名誉あるトロフィーを取り戻した。ライダーカップでセンセーショナルな優勝を果たしたチーム全員に、心からの祝福を。

ライダーカップ

ロレックスの世界

ライダーカップには、大西洋の両側から偉大なゴルファーたちが集う。

チームスピリットを何よりも重視する経験豊富なキャプテンに率いられ、ヨーロッパとアメリカから集結した12名のプレーヤーたちが、栄誉あるサミュエル・ライダー トロフィーを賭けて、3日間にわたって競い合う。このユニークな大会では、一流のチャンピオンたちも、グループのより大きな成果のために特別な才能を発揮して、グループをたたえる。

トロフィー

ゴルフのレベルが最も高い国はどこか。ほぼ1世紀前に、この疑問がきっかけとなって英国と米国のゴルファーたちが友好試合を始めた。試合を観戦した実業家のサミュエル・ライダーはこの大会に夢中になり、定期的な試合開催にトロフィーを提供することを決めた。1927年、2つのチームはマサチューセッツで再会。これが隔年開催の幕開けとなった。その後は言うまでもない。ゴルフ界の誰もが憧れる賞、ライダーカップは、ゴルフの真髄である卓越性とフェアプレーという伝統的な価値を何よりも重んじる。

チームスピリット

ライダーカップにはヨーロッパとアメリカから偉大なチャンピオンたちが集結し、チームの栄光、敬意、歴史を作るために競い合う。個人の卓越性だけでは成功を保証することはできない。そのため、2年に1度開催される、栄誉あるこのゴルフ大会で、大西洋のどちら側が栄誉を勝ち取るかを決めるために、プレーヤーたちは力を合わせる。

チームスピリット

比類なき大会

グランドスタンドを埋め尽くす観客たち、歓声、期待、そして張り詰めた空気の中で放たれる、ライダーカップ最初のティーは、他の国際スポーツとは異次元のステージとなる。ゴルフ界を最も沸かせるチームイベントは、コース上の数十万人の観客たち、そして世界中から見守る数百万ものテレビ視聴者を魅了してやまない。3日間にわたる試合は常に緊張感に溢れ、ドラマチックな展開にプレーヤーとファンの熱い思いが高まる。

比類なき大会

デイデイト 40

18 ct ゴールドまたはプラチナのみで展開されるオイスター パーペチュアル デイデイトは、ロレックスのプレステージと卓越性を体現している。1956年に発売されたこのモデルは、ダイアルに日付だけではなくフルスペルの曜日も表示する、世界初のカレンダー付き腕時計であった。象徴的なプレジデントブレスレットを備えるデイデイトは、世界中のエリートのための究極の逸品であり続けている。ライダーカップに挑む一流ゴルファーたちと同様、このフィールドにおけるリーダーである

ライダーカップ デイデイト 40

ページをシェアする