全米プロゴルフ選手権は、男子4大メジャー大会の中で唯一、プロ選手のみで競われる大会である。 

強豪選手が集うことで、最高レベルの競技が確保される。その革新性とファンにとって身近な雰囲気で知られているこのトーナメントは、熟練と経験を重視しながら、常に限界を押し広げるプレーヤーたちを鼓舞する。ロレックス テスティモニーのジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレイヤー、タイガー・ウッズ、ジェイソン・デイ、ジャスティン・トーマスもチャンピオンに名を連ね、1916年の初開催以来、この大会の勝者に授与されてきたワナメーカー トロフィーに刻まれている。

  • 全米
    プロゴルフ選手権

    ロレックスとゴルフ

  • ジャスティン・トーマス
    2017年の全米プロゴルフ選手権での勝利により、ジャスティン・トーマスは25歳の誕生日を迎える前にメジャーを制した4人目のゴルファーとなった。その成功を機に、PGAツアーを次々に制覇している。 

  • ジョン・ラーム
    全米プロゴルフ選手権のトップ10に2度入ったジョン・ラームは、シーズン2試合目の男子メジャー大会で脅威となる存在である。2021年、このスペイン人選手は全米オープンで優勝を果たし、彼のキャリアにおいて最大の勝利を収めた。 

  • ジェイソン・デイ
    ジェイソン・デイは、メジャー大会にて20アンダーでフィニッシュした史上初のプレーヤーになるという記録的勝利を収め、2015年の全米プロゴルフ選手権を制覇した。

デイデイト 40

18 ct ゴールドまたは950 プラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアルに日付だけでなくフルスペルの曜日も表示する、世界初の腕時計であった。特別にデザインされたプレジデントブレスレットを備えるデイデイトは、全米プロゴルフ選手権に集う一流ゴルファーたちのように、影響力をもつ人々のための究極の逸品であり続けている。

 デイデイト 40

ページをシェアする