1916年に初開催された全米プロゴルフ選手権は、その革新性とファンに身近な雰囲気で知られている。

全米プロゴルフ協会が主催する、シーズン2番目の男子メジャー大会は、ゴルフ界最強のフィールドを備えている。ロレックス テスティモニーのジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレイヤー、タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン、マーティン・カイマー、ジェイソン・デイ、ジャスティン・トーマス、ブルックス・ケプカもチャンピオンに名を連ね、初開催以来、この大会の勝者に授与されてきたワナメーカー トロフィーに刻まれている。

  • 全米プロゴルフ
    選手権

    ロレックスとゴルフ

  • ブルックス・ケプカ
    ブルックス・ケプカは2019年の全米プロゴルフ選手権優勝により、1年前に同じトーナメントで優勝し、かつ全米オープンで(2017年と2018年に)連続優勝したこととあわせて、2つのメジャータイトルの防衛に成功した最初のプレーヤーとして、ゴルフ史に特別な足跡を残した。 

  • ジャスティン・トーマス
    2017年の全米プロゴルフ選手権での勝利により、ジャスティン・トーマスは25歳の誕生日を迎える前にメジャーを制した4人目のゴルファーとなった。その成功を機に、PGAツアーを次々に制覇している。

  • ジョン・ラーム
    2018年の全米プロゴルフ選手権での4位タイを含む、幾度ものトップ10入りを果たしたことにより、ジョン・ラームは、メジャータイトルに手が届く存在として頭角を現した。2016年にプロに転向して以来、このスペイン人は大西洋の両側に大きな影響を与えてきた。

  • ジェイソン・デイ
    ジェイソン・デイは、メジャー大会にて20アンダーでフィニッシュした史上初のプレーヤーになるという記録的勝利を収め、2015年の全米プロゴルフ選手権を制覇した。

  • マーティン・カイマー
    2010年全米プロゴルフ選手権でのマーティン・カイマーの勝利は、その輝かしいキャリアの黄金期到来を告げるものだった。ドイツ人のカイマーは、その年の後半にライダーカップにデビューし、アメリカチームとの対戦でヨーロッパチームの勝利に貢献した。そして2011年の初めにはオフィシャル・ワールド・ゴルフ・ランキングで首位に上り詰めた。

デイデイト 40

18 ct ゴールドまたは950プラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアルに日付だけでなくフルスペルの曜日も表示する、世界初の腕時計であった。特別にデザインされたプレジデント(President)ブレスレットを装備するデイデイトは、全米プロゴルフ選手権に集う一流ゴルファーたちのように、影響力をもつ人々のための究極の逸品であり続けている。

 デイデイト 40

ページをシェアする