ロレックスと
全英オープン

ロレックスの世界

ゴルフのメジャー原点である全英オープンは、イギリス、スコットランド、北アイルランドの自然によって形作られ、いずれも難関であるリンクスコースのいずれかで開催される。

このチャンピオンシップで勝つことは、その歴史のもつ重みだけでなく、過酷なリンクスコースの形状や自然の力、予測できない気象条件に立ち向かうことでもある。ロレックス テスティモニーのトム・ワトソン、ゲーリー・プレイヤー、タイガー・ウッズ、そしてフィル・ミケルソンを含む偉大なゴルフプレーヤーたちによって、象徴的なクラレット・ジャグを手にするという最高の偉業が成し遂げられてきた。

  • 全英オープン

    ロレックスとゴルフ

  • フィル・ミケルソン
    2013年にミュアフィールドで開催された全英オープンでの優勝は、彼のキャリアの中でも大きな偉業となった。最も成功した左利きゴルファーであるミケルソンは、6つのメジャーを含む50以上のプロタイトルを獲得している。

  • ジョン・ラーム
    ジョン・ラームは2021年、トーリー・パインズでの全米オープンを制覇したことで、彼にとって初のメジャー優勝を果たし、急成長するキャリアにおいて最も新しいマイルストーンとなった。2016年にプロに転向して以来、このスペイン人は大西洋の両側で成功してきた。

  • ジョーダン・スピース
    2017年のロイヤル・バークデールでの優勝と、他にも2回のトップ10入りを果たしたジョーダン・スピースは、全英オープンで活躍するための実績あるチャンピオンの素質をもつ。アメリカ人であるスピースは、24歳の誕生日を迎える前に4つのゴルフ男子メジャーのうち3つを制した、これまでに2人しかいないプレーヤーの1人として稀有な存在である。 

  • ジャスティン・トーマス
    2017年の全米プロゴルフ選手権の優勝者、ジャスティン・トーマスは常に、メジャーで目の離せないプレーヤーだ。2021年のザ・プレーヤーズ選手権での優勝により、28歳の誕生日を迎える前にPGAツアーで14勝を挙げた4人目のプレーヤーとなった。

  • トム・ワトソン
    アメリカ人のトム・ワトソンは全英オープン史上最も成功したゴルファーの一人であり、1975年から1983年の間に5度クラレット・ジャグを掲げた。

デイデイト 40

18 ctゴールドまたはプラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアルに日付だけではなくフルスペルの曜日も表示する、世界初の腕時計であった。並外れた精度、信頼性、視認性とその存在感により、究極のステータスウォッチ、一流の象徴としての地位を確立した。特別にデザインされたプレジデントブレスレットを備えるデイデイトは、世界中のエリートのための究極の逸品であり続けている。全英オープンに挑む一流ゴルファーたちと同様に、それぞれの分野をリードし続ける。

全英オープン デイデイト 40

ページをシェアする