ロレックスと全英オープン

ロレックスの世界

最も歴史あるゴルフのメジャー大会である全英オープンは、イングランド、スコットランド、北アイルランドの難関なコースのいずれかで開催される。

この大会で勝利するためには、その歴史のもつ重みだけでなく、過酷なリンクスコースにおける自然の力、予測不能な気象条件にも立ち向かわなければならない。象徴的なクラレット・ジャグを掲げるという偉業は、ロレックス テスティモニーのトム・ワトソン、タイガー・ウッズ、そしてビッグスリーと呼ばれるアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレイヤーなどの偉大なプレーヤーたちによって達成されてきた。

  • 全英オープン
    プロゴルフ選手権

    ロレックスとゴルフ

  • ジャスティン・トーマス
    ジャスティン・トーマスは大舞台で活躍する選手だ。彼は2022年全米プロゴルフ選手権でスリリングなプレーオフを制して優勝し、2度目のメジャータイトルを獲得した。5年前にも、彼はこの大会で勝利を収めている。

  • タイガー・ウッズ
    タイガー・ウッズは25年にわたりゴルフ界を席巻し、多くのプレーヤーに影響を与えてきた。プロとして初めてメジャー大会を制した1997年のマスターズ・トーナメント以来、このアメリカ人は比類なきスキルとダイナミックなアプローチをコースで披露し、観客たちを魅了し続けている。

  • ジョン・ラーム
    ジョン・ラームは2021年の全米オープンでメジャー初優勝を果たし、翌月の全英オープンでは、同大会での自己最高成績となる3位タイを記録した。2016年にプロに転向して以来、このスペイン人は急成長中のキャリアにおいて、大西洋の両側で成功してきた。

  • ジョーダン・スピース
    2017年のロイヤル・バークデールでの優勝と、他にも2回のトップ10入りを果たしたジョーダン・スピースには、全英オープンで活躍できる充分な素質がある。アメリカ人のスピースは、24歳の誕生日を迎える前に男子ゴルフ4大メジャーの3つを制覇した2人のうちの1人として稀有な存在である。

  • トム・ワトソン
    アメリカ人のトム・ワトソンは全英オープン史上最も成功したゴルファーの1人であり、1975年から1983年の間に5度クラレット・ジャグを掲げた。

デイデイト 40

18 ct ゴールドまたは950 プラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアルに日付だけではなくフルスペルの曜日も表示する、世界初のカレンダー付き腕時計であった。このモデルのために特別に作られたプレジデントブレスレットを備えるデイデイトは、エリートのための逸品であり続けている。全英オープンに挑む一流ゴルファーたちと同様、このフィールドにおけるリーダーである。

デイデイト 40

ページをシェアする