ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブの起源は1888年に遡り、100年以上にわたり国内および国際大会を開催してきた。

第148回全英オープンの舞台である同クラブのダンルース・リンクスは、世界最難関のコースとして知られている。北アイルランド、北海岸の大西洋沿い、その名前の由来にもなっている15世紀の城の遺跡近くに位置しており、指折りの壮観な場所でもある。同クラブは、1951年にイギリス本土以外で初めて全英オープンを主催したクラブとなった。

 

  • フランチェスコ・モリナリ
    - イタリア人初の
    メジャー大会勝者

    ロレックスとゴルフ

  • フランチェスコ・モリナリ
    ロレックス テスティモニーのフランチェスコ・モリナリは、2018年にメジャー大会を制した初のイタリア人となり、全英オープンの歴史に名を刻んだ。カーヌスティにおける勝利は、ウェントワースのBMW PGA選手権で優勝し、PGAツアーで初優勝、ライダーカップで5戦全勝を挙げた初のヨーロッパ人となり、チームがアメリカを破るのに貢献した輝かしい2018年の総仕上げとなった。

    詳細を見る
  • ブルックス・ケプカ
    ブルックス・ケプカは世界ランキング1位となり、2017年以来メジャー大会を4度制し、ゴルフ界で最も有力な一人となった。2017年と2018年の全米オープンにて連続優勝を果たしたアメリカの強豪は、2019 全米プロゴルフ選手権で優勝したことにより、2つのメジャー大会で連覇を果たした初のゴルファーとなる。

    詳細を見る
  • リー・ハオトン
    リー・ハオトンには全英オープンでのとても幸せな記憶がある。2017年、ロイヤルバークデールでデビューを果たしたリー・ハオトンは、優勝したジョーダン・スピースに次ぐ3位に入賞。最終日、後半の11ホールで7バーディをきめ、驚異の63をマーク。

    詳細を見る
  • フィル・ミケルソン
    フィル・ミケルソンの2013年全英オープン優勝は、輝かしいゴルフキャリアに絶頂期をもたらした。「全英オープンの歴史の一部になれた瞬間は感無量でした。自分にとってこの大会を制するのは最も大きなチャレンジであり、私自身にとっても私のキャリアにとっても素晴らしい功績となりました。」とアメリカ人ゴルファーのミケルソンは勝利後に語った。

    詳細を見る
  • トム・ワトソン
    トム・ワトソンは全英オープン史上最も成功したゴルファーの一人であり、1975年から1983年の間に5度クラレット・ジャグを掲げるという、比類ない偉業を達成。8度のメジャー優勝とトータル39勝をPGAツアーでおさめ、PAG年間最優秀選手に6回選ばれ、1978年から1982年まで世界ランク1位を保持し、ゴルフ界の伝説となった。

    詳細を見る

タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズは同世代でも群を抜くゴルファーである。ゴルフの近代化に貢献し、世界中のゴルファーに勇気を与えてきた。ジャック・ニクラウス(18回)に次ぐ15回のメジャー優勝には、3つのオープンタイトルが含まれている。そのうちの1番目が全英オープンであり、2000年にセントアンドリュースで通算19アンダーという最小スコア記録で優勝した。ウッズは2005年にセントアンドリュースで、2006年にはロイヤル・リバプール・ゴルフクラブで、再びクラレット・ジャグを掲げた。2019年、彼は43歳で5度目のマスターズのタイトルを獲得して11年振りにメジャー大会を制し、スポーツ史上屈指の見事なカムバックを遂げた。

全英オープン タイガー・ウッズ

デイデイト 40

18 ctゴールドまたはプラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアルに日付だけではなくフルスペルの曜日も表示する、世界初の腕時計であった。並外れた精度、信頼性、視認性とその存在感により、究極のステータスウォッチ、一流の象徴としての地位を確立した。特別にデザインされたプレジデント(President)ブレスレットを装備するデイデイトは、世界中のエリートのための究極の逸品であり続けている。全英オープンに挑む一流ゴルファーたちと同様に、それぞれの分野をリードし続ける。

全英オープン デイデイト 40

ページをシェアする