ロレックス障害馬術グランドスラムは、2013年に創設された世界的な取り組みである。それは4つのメジャー大会で構成される: ダッチ マスターズ (2018年に第4の大会として加わった)、CHIOアーヘン、CSIOスプルースメドウズ ‘マスターズ’、CHIジュネーブ。

これら4大会のうち3つのグランプリを獲得した騎手には、馬術競技において最も羨望される賞であり、究極の障害馬術として広く知られているロレックス グランドスラムの栄誉が与えられる。現時点では、スコットランド出身のスコット・ブラッシュが、2014年から2015年にかけてこの偉業を成し遂げた唯一の選手である。

ダッチマスターズ

中世の街並みが美しいオランダの町スヘルトーヘンボスにて1966年に創られたダッチマスターズ。世界の優秀な馬と騎手を惹きつけてやまない魅力的な大会だ。素晴らしい障害馬術と質の高いドレサージュが、世界のインドア障害馬術大会の中でもこの大会を揺るぎのない存在としている。その確かな名声により、ダッチマスターズは2018年、ロレックス障害馬術グランドスラムの第4のメジャー大会となっている。

ダッチマスターズ

CHIO アーヘン世界馬術競技大会

騎手にとっては究極の夢であり、観客にとっては最高のショーである。その魅力に惹きつけられ、熱狂的なファンたちがこの神聖な会場に集まる。見事なジャンプ、優雅なピアッフェ、息をのむほどに美しい動き。その他すべての馬術競技の中で、最も代表的な大会。それが、アーヘンである。

CHIO アーヘン世界馬術競技大会

CSIO スプルース メドウス ‘マスターズ’

カナダのロッキー山脈の麓で開催される大会。美しい景観はもちろん、世界の一流騎手と名馬が全力を尽くせるよう、完璧な施設設備が待っている。北米随一の馬術大会として多くのファンに知られているCSIOスプルースメドウズ‘マスターズ’。ロレックスは1989年以来パートナーであることを誇りに思う。

CSIO スプルース メドウス ‘マスターズ’

CHI ジュネーブ

ロレックスは四半世紀にわたり、馬術界で最も権威ある大会のひとつであるCHIジュネーブのプレゼンティング スポンサーを務めてきた。この大会では、世界最大のインドア馬術アリーナに一流騎手たちが集い、4日間にわたる熱戦を繰り広げる。この大会は、10回にわたり最優秀インドア競技会に選ばれている。

CHI ジュネーブ

ページをシェアする