60年以上にわたり、ロレックスは馬術競技の最高峰を支援し、貢献してきた。

トップレベルの騎手から象徴的な大会まで、ロレックスはこの由緒ある世界と特別な関係を築いてきた。

ロレックス障害馬術グランドスラム

ロレックス障害馬術グランドスラムは、CHIOアーヘン、CSIOスプルースメドウズ マスターズ、CHIジュネーブという3つの大会により2013年に開設された、世界的な取り組みである。2018年、ロレックス障害馬術グランドスラムの第4のメジャー大会としてダッチ マスターズが加わったことにより、世界一流の旗手たちに馬術競技において最も羨望される賞を勝ち取るための新たなチャンスが提供されることになった。これらの4大会のうち3つのグランプリを獲得した騎手には、究極の障害馬術として広く知られるロレックス グランドスラムの栄誉が与えられる。

ロレックス障害馬術グランドスラム

ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショー

ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーは、1943年以来年に一度開催されてきた。5日間にわたりイギリス、ウィンザー城の会場に馬術競技のエリート選手が一同に会し、5日間にわたり、馬場馬術、障害馬術、馬車競技、耐久競技で荘厳かつ国際色豊かな試合を繰り広げる。ロレックスがオフィシャルパートナーとして初めて迎えた2016年度のショーは、特に意義深いものであった。クイーン エリザベス2世の90歳誕生日祝賀式典も含まれていたのだ。

ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショー
  • スティーブ・ゲルダ
  • マルティン・フックス
  • スコット・ブラッシュ
  • ケント・ファリントン
  • ケビン・スタウト
  • メレディス・マイケルズ=ビアバウム
  • エリック・ラマーズ
  • ロドリゴ・ペッソア
  • イザベル・ワース
  • ザラ・ティンダル
  • CSIO ローマ 世界規模のイベント
  • ロレックス IJRC トップ10 ファイナル 世界規模のイベント
  • 冬季馬術フェスティバル 世界規模のイベント
  • ロレックス グランドスラム 総合馬術競技大会 世界規模のイベント

ページをシェアする