ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
Rolex and equestrianism – Partners for more than 60 years

ロレックスと馬術競技

ロレックスの世界

60年以上にわたり、ロレックスは馬術競技の最高峰を支援し、貢献してきた。トップレベルの騎手から象徴的な大会まで、ロレックスはこの由緒ある世界と特別な関係を築いてきた。

ロレックス障害馬術グランドスラム

ロレックスと馬術競技

ロレックス障害馬術グランドスラムは、CHIOアーヘン、CSIOスプルースメドウズ‘マスターズ’、CHIジュネーブという3つの大会により2013年に開設された、世界的な取り組みである。2018年、ロレックス障害馬術グランドスラムの第4のメジャー大会としてダッチ マスターズが加わったことにより、世界一流の旗手たちに馬術競技において最も羨望される賞を勝ち取るための新たなチャンスが提供されることになった。これらの4大会のうち3つのグランプリを獲得した騎手には、究極の障害馬術として広く知られるロレックス グランドスラムの栄誉が与えられる。

ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショー

ロレックスと馬術競技

ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーは、1943年以来年に一度開催されてきた。5月あるいは6月、5日間にわたりイギリス、ウィンザー城の会場に馬術競技のエリート選手が一同に会し、5日間にわたり、馬場馬術、障害馬術、馬車競技、耐久競技で荘厳かつ国際色豊かな試合を繰り広げる。ロレックスがオフィシャルパートナーとして初めて迎えた2016年度のショーは、特に意義深いものであった。クイーン エリザベス2世の90歳誕生日祝賀式典も含まれていたのだ。

スティーブ・ゲルダ

ロレックスと馬術競技

スティーブ・ゲルダは、物心がつく前から馬に乗っていた。彼は今日、世界に名高い障害馬術騎手であり、競技に対する専心と馬への情熱により、10年以上もの間、トップ騎手として君臨している。多くの栄誉の中で、このスイス人チャンピオンは、ロレックスIJRCトップ10ファイナルで2度、CHIジュネーブのロレックスグランプリとFEIワールドカップ・ファイナルでそれぞれ3度優勝し、2012年オリンピック障害馬術個人では金メダルを獲得した。

マルティン・フックス

ロレックスと馬術競技

スイス人騎手のマルティン・フックスは障害馬術における一流騎手の血を受け継ぐ。彼の両親は世界レベルで競い、叔父マーカスは2000年シドニー・オリンピックの銀メダリストである。5歳で騎乗し始めた後、彼がジュニアランクでめざましい成績を収めるまでそう長くはかからなかった。2010年シンガポールで開催された第1回ユースオリンピックで団体金メダルを獲得し、世界の舞台で注目を浴びるようになった。それ以来、彼は着実にエリートランクへと駆け上がっている。2018年FEI世界馬術選手権大会と2019年FEIワールドカップ・ファイナルの両方で個人銀メダル、2019年FEIヨーロッパ選手権で金メダルを獲得、さらにいくつかの5*(ファイブスター)グランプリでも優勝を収めている。2016年リオ・オリンピックで個人9位、団体6位に入賞した際と同じクルーニー51号に彼はいつも騎乗している。

スコット・ブラッシュ

ロレックスと馬術競技

スコットランドの障害馬術騎手スコット・ブラッシュは、2014年12月CHIジュネーブ、2015年ドイツで行われたCHIOアーヘン、2015年9月カルガリーでのCSIOスプルースメドウズ‘マスターズ’においてロレックス障害馬術グランドスラムを3大会連続で制した初の選手となり、歴史的な偉業を成し遂げた。パートナーであるハロー・サンクトス号と共に戦い始めて以来、2012年のロンドン・オリンピックでは団体で金メダル、2013年ヨーロッパ障害馬術選手権と、2014年ジュネーブで行われたロレックスIJRCトップ10ファイナルでは団体で金メダル、個人で銅メダルを獲得した。

ケント・ファリントン

ロレックスと馬術競技

ケント・ファリントンは立ち直る力に定評がある。2018年5月、彼は米国フロリダ州の冬季馬術フェスティバルに出場した際、右下肢の両骨を折ったものの、わずか12週間後にロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーで復帰している。シカゴ出身者が世界ランキング1位をはじめ、披露するトップレベルの障害馬術はその不屈の精神によるものである。2015年、彼はジュネーブで開催されたロレックス IJRCトップ10 ファイナルで優勝した最初のアメリカ人となり、2016年リオ・オリンピックでは団体戦でチームを銀メダルへと導いた。輝かしいキャリアの過程で、彼は2017年のCHIジュネーブと2019年のCHIOアーヘンでのロレックス グランプリの2つのメジャー大会を含む多数のグランプリで勝利を収めている。

ケビン・スタウト

ケビン・スタウト

ロレックスと馬術競技

フランスの馬術騎手ケビン・スタウトは、2010年と2014年、アメリカとフランスで開催された世界馬術選手権大会で団体の銀メダルを獲得した。2009年と2010年のネイションズカップでのフランスの優勝に大きく貢献した後、同年には世界最高峰の馬術大会であるCHIジュネーブのロレックス グランプリ制覇も成し遂げている。2016年、フランスチームの一員としてリオ・オリンピックで金メダルを獲得。2017年にはロレックスIJRCトップ10ファイナルで優勝している。

メレディス・ミハエル・ビアバウム

ロレックスと馬術競技

Rolex presents : Meredith Michaels-Beerbaum

エリック・ラマーズ

ロレックスと馬術競技

オリンピックチャンピオンのエリック・ラマーズは、同世代の中で最も成功した騎手のひとりである。数々のワールドカップ予選、そしてCHIOアーヘンのロレックス グランプリ(2010年)、CNインターナショナルグランプリのCSIOスプルースメドウズ‘マスターズ’(2007、2011年)、CHIジュネーブのロレックス グランプリ(2008年)という3つのメジャー大会など、世界最高峰の国際障害馬術競技大会で勝利をおさめてきた。2008年の北京オリンピックでの個人金メダル、そして2016年のリオ・オリンピックでの銅メダル獲得は、情熱とスキル、強い意志が勝利への鍵となることを証明した。2016年12月にはCHIジュネーブのロレックスIJRCトップ10ファイナルで優勝し、素晴らしい一年の締めくくりとした。

ロドリゴ・ペッソア

ロレックスと馬術競技

早くより成功を収めてきた障害馬術馬術のチャンピオン、ロドリゴ・ペッソア。アトランタとシドニー・オリンピックの2大会(1996年、2000年)でブラジルチームを銅メダルに導き、2004年のアテネ・オリンピックでは、愛馬バルーベ・デュ・ルーエとともに障害馬術個人で金メダルを獲得した。1998年度ワールドチャンピオン。ワールドカップファイナルで3度の優勝。CHIジュネーブとCHIOアーヘンのロレックス グランプリでの勝利など、世界中で数々のグランプリトロフィーを獲得。2003年と2005年にはロレックスIJRCトップ10ファイナルでも優勝している。

イザベル・ワース

ロレックスと馬術競技

イザベル・ワースは世界トップクラスの馬場馬術選手だ。ドイツ代表として5回オリンピックに出場し、団体・個人の両方で、6つの金メダルを含む入賞を果たしている。1994年、1998年、2006年、2018年の世界馬術選手権では個人・団体の両方で世界チャンピオンに輝き、2014年には団体で金メダルを獲得している。ヨーロッパ選手権、ドイツ選手権で数々のトロフィーを獲得、1992年、2007年、2017年のワールドカップ馬場馬術ファイナルで優勝するなど、その戦績は実に輝かしい。イザベル・ワースは、いつの時代でも最高のアスリートに共通する優れた技術を披露してきた。

ロレックスと馬術競技のパートナーシップ

60年以上にわたり、ロレックスは馬術競技の
最高峰を支援し、貢献してきた。

ザラ・ティンダル

ロレックスと馬術競技

英国のアン王女とトップレベルの騎手であるマーク・フィリップス陸軍大尉の娘であるザラ・ティンダルは、一族の卓越した馬術選手の血を受け継いでいる。ヤングライダー時に輝かしい成績を残した後、2005年ブレナムのヨーロッパ総合馬術競技選手権大会で個人、団体ともに金メダル、2006年にはアーヘンの世界馬術選手権大会で個人金メダルと団体銀メダルを獲得している。2012年、長年の夢が叶いロンドンオリンピックに出場。ハイ・キングダム号に騎乗し、母国に団体銀メダルをもたらすという偉業を成し遂げた。

ロレックス IJRC
トップ10 ファイナル

ロレックスと馬術競技

国際障害馬術騎手協会は2001年、障害馬術における一流騎手たちの偉業を称えるトップ10 ファイナルのコンセプトを発表した。馬術競技のハイライトであり、初回からロレックスがスポンサーを務めるロレックス IJRC トップ10 ファイナルでは、世界の頂点に立つ10人の騎手たちが最高の馬術を競い合う。馬術競技の究極の卓越性が披露される場である。

ロレックス IJRC トップ10 ファイナル
ロレックス グランドスラム 総合馬術競技大会

ロレックス グランドスラム
総合馬術競技大会

ロレックスと馬術競技

ケンタッキー、バドミントン、バーリー。この3か所で開催される伝説的な馬術競技大会のうち1つにでも勝利することができれば、それは偉業と言えるだろう。そして、その全てを制する者は最高の騎手。世界中の一流騎手と馬たちに新たな目標を示すべく、ロレックスは馬術競技のグランドスラムを設立した。大会の発足以来、2003年と2016年に二人の騎手だけがこの偉業を達成している。

馬術競技のエレガンスとロレックス
インドア ブラバント  スヘルトーヘンボス馬術大会

ロレックス セントラルパーク ホースショー

ロレックスと馬術競技

ロレックスが提供し5日間にわたり開催されるロレックス セントラルパーク ホースショーは、9月にセントラルパーク グランプリで幕を開ける。ニューヨークの摩天楼を背景に、セントラルパークのウォールマン・リンクで開催されるこのユニークな馬術ショーは、社交界や馬術競技界で注目のイベントである。世界で最も活気ある都市の中心部という他にはない舞台ゆえに瞬く間に有名になったこの由緒正しいイベントには、馬術競技の最高峰たちが参戦する。

冬季馬術フェスティバル

ロレックスと馬術競技

乗馬競技の完成形ともいえる、米国の主要な競技会のひとつである冬季馬術フェスティバルは、言葉では言い表せないほどの魅力があふれている。フロリダ州ウェリントンで開催されるこのイベントには米国50州、そして世界33ヶ国以上のアマチュアから馬術競技界のトッププロまでが集結する。

最高のイベントにふさわしく、12週間に及ぶ期間中、約5,500頭の馬、2,800人の騎手、800人のトレーナーが参加するほか、25万人もの観衆でにぎわう。

コンサルティング冬季馬術フェスティバル(WEF)