ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

ヨットマスターⅡの操作方法

ヨットマスターⅡ
の操作方法

1. レガッタレース開始前

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

カウントダウンの秒針が止まっていることを確認します。動いている場合は、上部プッシャーを押して止めてください。
ベゼルを反時計回りに止まるところまで回転させ、ベゼル位置 2 に設定します。ベゼルがこの位置にあるとき、上部プッシャーはロックされます。

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

下部プッシャーを止まるところまで押します。カウントダウンの秒針は 12 時の位置に戻ります。カウントダウンの分針は、前回プログラムした分数に戻ります。

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

リューズをゆるめます。
リューズを前方に回してカウントダウンの分数を設定します。カウントダウンの分針は 1 分毎に動きます。設定したい分数で止めます。(この場合は 10 分間)

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

ベゼルを時計回りに止まるところまで回転させ、ベゼル位置 1 に戻します。ベゼルがこの位置にあるとき、上部プッシャーは解除され、下部プッシャーが操作可能になります。

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

リューズを押し込みながら、ねじ込みます。

カウントダウンの
プログラムが
設定されました。

2. レガッタレース中

公式カウントダウン
の開始

レガッタの公式カウントダウンは、号砲とフラッグによる合図でスタートします。
上部プッシャーを押すとカウントダウンが始まります。カウントダウンの秒針が動き、経過時間(秒)を表示します。カウントダウンの分針は、ダイアル上の 10 から 0 の目盛りで残り時間(分)を示します。

公式カウントダウン
への同期

号砲の際に下部プッシャーを押すことにより、時計を公式カウントダウンに同期させることができます。カウントダウンの秒針はすぐにリセットされ、プッシャーを放すと同時に再び動き始めます。カウントダウンの分針も自動的に同時されます。

号砲

ホーンの音と2回目の号砲で揚げられたフラッグの降下により、スタート1分前が合図されます。この時、ヨットマスターⅡのカウントダウンが公式カウントダウンと一致していることを確認します。誤差がある場合、カウントダウンを再度、同期させます。(前ステップ)これで、時計はスタートラインを切るまでに残された時間を正確に示します。

公式
スタート

カウントダウンが終了すると、カウントダウンの分針は0で止まります。カウントダウンの秒針は進み続けます。
上部プッシャーを押すと、カウントダウンの秒針が止まります。
下部プッシャーを押すと、カウントダウンがリセットされます。カウントダウンの秒針は12時位置に戻ります。カウントダウンの分針は、最後にプログラミングした分数に戻ります。(この場合は10分)

ヨットマスターⅡの
設定が完了しました。

防水性を確実にするため、リューズ操作後は、必ず十分にリューズをねじ込んでください。水中でのリューズの操作は絶対にしないでください。

ヨットマスターⅡ

ヨットマスターⅡ

新しいロレックス ウォッチ

ユーザーガイド

2017年新作モデル