ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
ロレックス シードゥエラー & ロレックス ディープシー - 深海への挑戦
シードゥエラーとロレックス ディープシーは、プロフェッショナル ダイバーズウォッチの規範となるモデル。揺るぎない防水性を誇るウォッチの詳細を見る。

シードゥエラー

オイスター パーペチュアル

深海遠征用のツールとしてロレックスが開発した、究極の防水機能を備えたダイバーズウォッチ。ロレックス シードゥエラーは水深 4,000 フィート(1,220 m)、ディープシーは水深 12,800 フィート(3,900 m)までの防水性能を誇る。これは何十年にもわたるプロダイバー達との協力関係の成果である。

The Rolex Sea-Dweller

The Rolex Sea-Dweller

ブラックダイアルとレッドの文字

ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。変色しにくい 18 ct ゴールド製アワーマーカーが特徴的なロレックスのダイアルは、設計から製造まですべて自社内で行われ、完璧を期すためほぼすべての工程が手作業で行われる。新しいシードゥエラーのダイアルには、初代モデルの伝統を受け継ぎ、Sea-Dweller の名が赤い文字で記されている。

Day
Night

Ceramic Bezel and Luminescent Display

シードゥエラーの特徴

60 分の目盛り入り逆回転防止ベゼルにより、ダイバーは正確かつ安全に潜水と減圧の時間をモニターすることができます。また、極めて耐傷性に優れ、紫外線の影響を受けにくく、ロレックスが製造・特許を取得したブラック セラクロム ベゼルインサートが装備されています。目盛りにはPVD(物理蒸着)によりプラチナの薄い層がコーティングされています。光沢のあるブラックのダイアルは、クロマライトの大きなアワーマーカーと針が特徴です。アワーマーカーと針には、暗闇でも優れた視認性を提供するためにブルーに発光する長時間継続のルミネッセンスが採用されています。

The Oyster Bracelet

シードゥエラーの特徴

The Oyster Bracelet

シードゥエラーのオイスタースチールのオイスターブレスレットには、クラスプが誤って開くことを防止するセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプが装備されています。道具を使わなくても、ダブルエクステンションシステムにより調節できるため、 7 mm の厚さのダイビングスーツの上からでも快適に装着することができます。

ロレックス シードゥエラー & ロレックス ディープシー - 深海への挑戦

The Oyster Case,
Symbol of Waterproofness

シードゥエラーの特徴

シードゥエラーのオイスターケースは水深 1,220 m( 4,000 フィート)までの防水性能が保証され、堅牢性の象徴となっている。特徴的な形のミドルケースは極めて耐蝕性に優れるオイスタースチールの塊から製造され、刻みが入れられた裏蓋は専用工具で厳重に密閉される。ロレックスのウォッチメーカーだけが、特別な工具でムーブメントに触れることができる。

Triplock Winding
Crown

特徴

トリプロックリューズはダイバーズウォッチのために開発され、特許を取得した三重密閉防水システムである。ロレックスが開発したこのシステムは現在、多くのプロフェッショナルモデルに採用されており、サブマリーナーで 300m(1,000 フィート)、ロレックス ディープシーでは 3,900 m(12,800 フィート)までの防水性能を保証する。1970 年より採用されているトリプロックシステムは、厳選された素材から製造された 10 個の部品から構成されている。リューズはオイスターケースにしっかりとねじ込まれ、潜水艦のハッチのごとく密閉される。

 

Helium Valve

シードゥエラーの特徴

時計の防水性能を保持しながら、この精巧なセーフティバルブがケース内に蓄積した圧力を調節する。

The watchthat conquered thedeep

The watch
that conquered the
deep

シードゥエラーの特徴

ロレックス シードゥエラーは水深 4,000 フィート(1,220 m)、ディープシーについては水深 12,800 フィート(3,900 m)までの防水性能を備えたプロフェッショナルダイバーズウォッチのオイスター パーペチュアル シードゥエラーは当初、プロの深海ダイビングのパイオニアたちのために設計されました。また、ロレックスが 1967 年に特許を取得し、シードゥエラーの名を知らしめた発明のひとつである、ヘリウム排出バルブが搭載されています。時計の防水性能を保持しながら、この精巧なセーフティバルブがケース内に蓄積した圧力を調節します。

ロレックス シードゥエラー & ロレックス ディープシー - 深海への挑戦

The Rolex Deepsea

オイスター パーペチュアル

オイスタースチール製の堅牢な44mmケース、ドーム型の厚いサファイアクリスタル、ブラックのセラクロムインサートに60分間の目盛りを刻んだ逆回転防止べゼルという装備は、その名前が体現する使命を果たすに十分である。まさに、深海の極みを目指して設計された、妥協の余地のないダイバーズウォッチであり、真のプロフェッショナルにこそふさわしい。

RINGLOCK SYSTEM

RINGLOCK SYSTEM

ロレックス ディープシーの特徴

ロレックス ディープシーは独自の革新的技術であるリングロックシステムを採用している。そのケースは、クリスタルにかかる約3トン相当の水圧にも耐える。複雑な構造を持つこのケースは、航空宇宙産業で使用される最も堅牢な素材から作られる3つの主要部品で構成されている。

窒素合金ステンレススチール製のセンターリングがシステムの中核をなし、厚さ5.5mmのドーム型サファイアクリスタルとグレード5のチタン合金の裏蓋が設置されている。ロレックス ディープシーは、特殊な目的のために設計された、わずかな研究用の潜水艦を除き、何よりも深く潜ることができる。その距離は、人類が物理的に生存できる深さの100倍以上である。