baselworld_2019_new_sea-dweller_video_cover_0001.mp4

New 2019 Watches シードゥエラー

深海の時計

ロレックスは、オイスター パーペチュアル シードゥエラーのイエローロレゾールモデルを発表します。この新しい時計は、シードゥエラーコレクションで初めて18 ctイエローゴールドを使用したモデルです。

baselworld_2019_new_sea-dweller_video_autoplay_0001.mp4
New Rolex Sea-Dweller

水中探検のツール

シードゥエラーは、長期間水中で過ごすプロの深海ダイビングのパイオニアたちとの協力のもと設計されました。

この極めて高い耐久性を誇る実用腕時計は、初期の水中居住実験の際に使用されました。

水中探検のツール

シードゥエラーは、長期間水中で過ごすプロの深海ダイビングのパイオニアたちとの協力のもと設計されました。この極めて高い耐久性を誇る実用腕時計は、初期の水中居住実験の際に使用されました。

最初は水深610m(2,000フィート)、その後1978年以降に水深1,220 m(4,000フィート)までの防水性能を備えるようになったオイスターケースと、ケースサイドに搭載されたロレックスが特許を取得した革新的技術のヘリウム排出バルブにより、この時計は深海制覇において極めて重要な役割を果たしました。

ハイテクセラミック

ロレックスは、モノブロックベゼルとモノブロックベゼルインサートに用いられる特別なセラミック素材の開発で先駆的な役割を果たしました。これらの新素材は極めて耐蝕性と耐傷性に優れるだけでなく、色も鮮やかで、紫外線の影響を受けにくいのが特徴です。

ハイテクセラミック

ロレックスは、モノブロックベゼルとモノブロックベゼルインサートに用いられる特別なセラミック素材の開発で先駆的な役割を果たしました。これらの新素材は極めて耐蝕性と耐傷性に優れるだけでなく、色も鮮やかで、紫外線の影響を受けにくいのが特徴です。ロレックスは独自の技術と革新的なハイテク製造法を開発してきたことにより、これらのセラミック製部品を完全に自社内で製造することができます。

シードゥエラーの新モデルは、逆回転防止ベゼルに60分目盛り入りのブラックセラミック製セラクロムベゼルインサートを備え、ダイバーは安全に潜水・減圧時間を計測することができます。型どられた凹型の目盛りと数字は PVD(物理蒸着)によってイエローゴールドでコーティングされています。またベゼルは縁に刻みが入れられているため滑りにくく、手袋をしていても容易に潜水時間を設定することができます。

オイスターケースと
ヘリウム排出バルブ

シードゥエラーのオイスターケースは水深1,220m(4,000フィート)までの防水性能が保証され、堅牢性と信頼性の象徴となっています。ミドルケースは極めて耐蝕性に優れるオイスタースチールの塊から製造されています。

オイスターケースと
ヘリウム排出バルブ

シードゥエラーのオイスターケースは水深1,220m(4,000フィート)までの防水性能が保証され、堅牢性と信頼性の象徴となっています。 ミドルケースは極めて耐蝕性に優れるオイスタースチールの塊から製造されています。 縁に細かい刻みが入れられた裏蓋は専用工具で厳重に密閉され、ロレックスのウォッチメーカーだけが特別な工具でムーブメントに触れることができます。

三重密閉構造の防水システムが搭載されたトリプロックリューズは、ケースにしっかりとねじ込まれ、ケース一体型のリューズガードで保護されています。日付の視認性を高めるために3時位置にサイクロップレンズが搭載されたクリスタルは、極めて耐傷性に優れるサファイアから製造されています。この防水性オイスターケースがシードゥエラーの高精度ムーブメントを最大限に保護します。
ロレックスが1967年に特許を取得したヘリウム排出バルブは、安全弁の役割を果たします。ダイバーが高圧室で行う減圧過程において時計のケース内で高まる過度な圧力を逃がしつつ、時計の防水性能を維持します。

パーペチュアル
キャリバー 3235

シードゥエラーの新モデルには、ロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメント、キャリバー 3235が搭載されています。

パーペチュアル
キャリバー 3235

シードゥエラーの新モデルには、ロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメント、キャリバー 3235が搭載されています。 技術の粋を尽くし、時計製造技術の最先端を行くこの機械式自動巻ムーブメントは、数件の特許を申請し、精確性、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、利便性と信頼性において抜本的な進歩を遂げています。

キャリバー 3235は、高いエネルギー効率と信頼性を両立させる、ロレックスが特許と取得したクロナジー エスケープメントを採用しています。ニッケル・リン合金製のため、磁場の影響を受けにくくなっています。ムーブメントには、ロレックスが独自の常磁性合金から製造し、従来のヘアスプリングの10倍もの耐衝撃性を実現した、最適化されたブルーパラクロム・ヘアスプリングが備えられています。ブルー パラクロム・ヘアスプリングにはロレックス オーバーコイルが装備され、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。
振動子にはロレックスがデザインし、特許を取得した高性能パラフレックス ショック・アブソーバが搭載され、ムーブメントへの耐衝撃性を高めています。キャリバー 3235はパーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備えています。香箱の構造と、エスケープメントの効率を向上させたことにより、キャリバー 3235のパワーリザーブは約70時間まで延長されました。

深海を制覇した時計

シードゥエラーの世界観