baselworld_2019_new_gmt-master_ii_video_cover_0001.mp4

New 2019 Watches GMTマスターⅡ

グローバルに活躍する時計

ロレックスは、24時間目盛り入りでブルーとブラックのセラミック製セラクロムベゼルインサートを備える両方向回転ベゼルを搭載したオイスター パーペチュアル GMTマスターⅡの新モデルを発表します。

baselworld_2019_new_gmt-master_ii_video_autoplay_0001.mp4
New Rolex GMT-Master II

複数のタイムゾーンの時刻を表示

世界を縦横無尽に飛び回るパイロットのためのツールとして作られたGMTマスターは、時とともに旅行者に選ばれる時計になりました。

複数のタイムゾーンの時刻を表示

世界を縦横無尽に飛び回るパイロットのためのツールとして作られたGMTマスターは、時とともに旅行者に選ばれる時計になりました。 特徴的な単色または2色のベゼルは、さまざまなカラーコンピネーションで登場してきました。 その独特でひと目でわかるベゼルのデザインは、このモデルの特徴です。

従来の時針、分針、秒針と、先端に三角形がついた24時間針、そして24時間目盛り入りセラクロムベゼルインサートを備えた両方向回転ベゼルにより、GMTマスターⅡは同時に2つのタイムゾーンの時刻を表示することができます。例えばローカルタイム(現在地の時刻)とホームタイム(基準時刻)や、ローカルタイムと別のタイムゾーンの時刻です。ダイアルの3時位置に表示される日付は、ローカルタイムと連動します。

ハイテクセラミック

ロレックスは、モノブロックベゼルとモノブロックベゼルインサートに用いられる特別なセラミック素材の開発で先駆的な役割を果たしました。これらの新素材は極めて耐蝕性と耐傷性に優れるだけでなく、色も鮮やかで、紫外線の影響を受けにくいのが特徴です。

ハイテクセラミック

ロレックスは、モノブロックベゼルとモノブロックベゼルインサートに用いられる特別なセラミック素材の開発で先駆的な役割を果たしました。 これらの新素材は極めて耐蝕性と耐傷性に優れるだけでなく、色も鮮やかで、紫外線の影響を受けにくいのが特徴です。 ロレックスは独自の技術と革新的なハイテク製造法を開発してきたことにより、これらのセラミック製部品を完全に自社内で製造することができます。 2013年には、1つの部品として製造されたブルーとブラックのセラミック製ベゼルを採用したGMTマスターⅡが発表され、時計製造におけるセラミック使用のマイルストーンとなりました。

GMTマスターⅡの新モデルは両方向回転ベゼルに、24時間目盛り入りのブルーとブラックのセラミック製セラクロムベゼルインサートを備えています。型どられた凹型の目盛りと数字はPVD(物理蒸着)により、プラチナでコーティングされています。また、ベゼルは縁に刻みが入れられているため滑りにくく、容易に回すことができます。

ジュビリーブレスレット
とセーフティキャッチ付
オイスターロッククラスプ

GMTマスターⅡのこのモデルは、ジュビリーブレスレットを備えています。しなやかで快適な5列リンクのジュビリーブレスレットは、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされました。

ジュビリーブレスレットとセーフティキャッチ付
オイスターロッククラスプ

GMTマスターⅡのこのモデルは、ジュビリーブレスレットを備えています。しなやかで快適な5列リンクのジュビリーブレスレットは、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされました。

新モデルのジュビリーブレスレットは、ロレックスがデザインし、特許を取得したセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプを備えています。このクラスプにより、誤って開くことを防ぎます。また、ロレックスが開発したイージーリンク(エクステンションリンク)を備え、これによりブレスレットの長さを容易に約5mm調節することができます。コンシールドアタッチメントシステムにより、ブレスレットとケースの接続部はつなぎ目がなく一体感のある外観となっています。

パーペチュアル 
キャリバー 3285

GMTマスターⅡの新モデルには、ロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメント、キャリバー 3285が搭載されています。

パーペチュアル
キャリバー 3285

GMTマスターⅡの新モデルには、ロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメント、キャリバー 3285が搭載されています。 技術の粋を尽くし、時計製造技術の最先端を行くこの機械式自動巻ムーブメントは、数件の特許を申請し、精確性、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、利便性と信頼性において抜本的な進歩を遂げています。 キャリバー 3285は、高いエネルギー効率と信頼性を両立させる、ロレックスが特許を取得したクロナジー エスケープメントを採用しています。 ニッケル・リン合金製のため、磁場の影響を受けにくくなっています。

ムーブメントには、ロレックスが独自の常磁性合金から製造し、従来のヘアスプリングの10倍もの耐衝撃性を実現した、最適化されたブルーパラクロム・ヘアスプリングが備えられています。ブルー パラクロム・ヘアスプリングにはロレックス オーバーコイルが装備され、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。振動子にはロレックスがデザインし、特許を取得した高性能パラフレックス ショック・アブソーバが搭載され、ムーブメントへの耐衝撃性を高めています。
キャリバー 3285はパーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備えています。香箱の構造と、エスケープメントの効率を向上させたことにより、キャリバー 3285のパワーリザーブは約70時間まで延長されました。

グローバルに活躍する時計

GMTマスターⅡの世界観