デイデイト
The boldest course

950 プラチナ製の新しいデイデイト 40には、ロレックス初のプラチナ製フルーテッドベゼルが採用された。

これはデザインと技術の面での偉業であり、フルーティング加工の工程を最も高貴な金属であるプラチナで行うためには長年の研究を要した。

アイスブルーダイアルは、これまでと同様に950 プラチナ製のロレックス ウォッチの特徴となっている。

オイスター パーペチュアル デイデイト 40のこのモデルは、ブルーの秒針と18 ct ホワイトゴールド製でファセット加工のアワーマーカーとローマ数字を備えている。

デイデイトの雰囲気

Exclusivity according to Rolex

1956年に発表されたデイデイトは非常に革新的な時計だった。日付に加えて12時位置の弧状の小窓にフルスペルの曜日を表示した初のカレンダー腕時計で、当時この技術は画期的だった。曜日表示は26言語から選ぶことができる。デイデイトコレクションの時計は18 ct イエロー、ホワイト、エバーローズゴールドまたは950 プラチナといった貴金属のみで製造されている。

世界中の多くの政治家や指導者、先見者に愛用されてきたデイデイトは、ひと目で見分けられる特徴的な時計だ。歴代の愛用者を思い起こさせる名前がつけられたプレジデントブレスレットが象徴するように、デイデイトは“プレジデントに愛用される時計”として知られるようになった。

デイデイト 40 ベゼル

完璧な形状で輝く表面のフルーティングを成形するには高度な技術を要し、卓越したノウハウを有するロレックスだからこそ実現できた。

オイスターケース、
防水性の象徴

プレジデント(President)ブレスレット

ロレックスは時計製造の世界に明るい兆しと革新の光をもたらす新モデルを発表する。

ページをシェアする