baselworld_2019_new_day-date_36_video_cover_0001.mp4

New 2019 Watches デイデイト 36

プレステージあふれる時計

ロレックスは、18 ctイエロー、ホワイト、エバーローズゴールドのオイスター パーペチュアル デイデイト 36の新世代モデルを発表します。新モデルは特徴的な新ダイアルを備え、ベゼルに貴石をセットしたものもあります。

baselworld_2019_new_day-date_36_video_autoplay_0001.mp4
New Rolex Day-Date 36

ロレックス独自の時計

1956年に発表されたデイデイトは非常に革新的な時計でした。日付に加えて12時位置の弧状の小窓にフルスペルの曜日を表示した初のカレンダー腕時計で、当時この技術は画期的でした。

ロレックス独自の時計

1956年に発表されたデイデイトは非常に革新的な時計でした。日付に加えて12時位置の弧状の小窓にフルスペルの曜日を表示した初のカレンダー腕時計で、当時この技術は画期的でした。 曜日表示は26言語から選ぶことができます。 デイデイト コレクションの時計は18 ctイエロー、ホワイト、エバーローズゴールドまたは950 プラチナといった貴金属のみで製造されています。

世界中の多くの政治家や指導者、先見者に愛用されてきたデイデイトは、ひと目で見分けられる特徴的な時計です。歴代の愛用者を思い起こさせる名前がつけられたプレジデントブレスレットが象徴するように、デイデイトは”プレジデントに愛用される時計”として知られるようになりました。

グラデーションが施された
新しいダイアルデザイン

新モデルのうち、2つのモデルはグラデ―ションが施された新デザインのダイアルを備えています。1つ目は18 ctイエローゴルドモデルにグリーンオンブレダイアル、2つ目は18 ctエバーローズゴールドモデルにブラウンオンブレダイアルです。

グラデーションが施された新しいダイアルデザイン

新モデルのうち、2つのモデルはグラデ―ションが施された新デザインのダイアルを備えています。1つ目は18 ctイエローゴルドモデルにグリーンオンブレダイアル、2つ目は18 ctエバーローズゴールドモデルにブラウンオンブレダイアルです。いずれも18 ctゴールドの台座にセットしたダイアモンドのアワーマーカーで飾られ、6時と9時位置のダイアモンドはデイデイトの特徴であるバゲットカットです。
別の2つのモデルは18 ctホワイトゴールドと18 ctイエローゴールドで、デコラティブストーンのダイアルを備えています。ひとつはピンクオパール、もう1つはわずかに縞模様の入ったターコイズで、輝くアワーマーカーと、18 ctゴールドの台座にダイアモンドをセットしたローマ数字のVIとIXがダイアルを引き立てています。ベゼルは52個のブリリアントカットダイアモンドで飾られています。

最後は18 ctホワイトゴールドで、さらに貴重なモデルです。ダイアルにはレインボーカラーの10個のバゲットカットサファイアのアワーマーカーを配し、全体にダイアモンドが敷き詰められています。ベゼルには52個のブリリアントカットダイアモンドが煌めき、ブレスレットにはセンターリンクに沿って412個のブリリアントカットダイアモンドがセットされています。ケースサイドとラグに光が反射し、36mmのオイスターケースのエレガントな輪郭を際立たせます。

オイスターケース、
防水性の象徴

デイデイト 36のオイスターケースは水深100m(330フィート)までの防水性能が保証されており、堅牢性とエレガンスの象徴となっています。ミドルケースは18 ctイエロー、ホワイトまたはエバーローズゴールドの塊から製造されています。

オイスターケース、
防水性の象徴

デイデイト 36のオイスターケースは水深100m(330フィート)までの防水性能が保証されており、堅牢性とエレガンスの象徴となっています。 ミドルケースは18 ctイエロー、ホワイトまたはエバーローズゴールドの塊から製造されています。 縁に細かい刻みが入れられた裏蓋は専用工具で厳重に密閉され、ロレックスのウォッチメーカーだけが特別な工具でムーブメントに触れることができます。 二重密閉構造の防水システムが搭載されたトゥインロックリューズは、ケースにしっかりとねじ込まれています。

日付の視認性を高めるために3時位置にサイクロップレンズが搭載されたクリスタルは、極めて耐傷性に優れるサファイアから製造されています。この防水性オイスターケースがデイトジャスト36 の高精度ムーブメントを最大限に保護します。

パーペチュアル
キャリバー 3255

デイデイト 36の新モデルには、ロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメント、キャリバー 3255が搭載されている。

パーペチュアル
キャリバー 3255

デイデイト 36の新モデルには、ロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメント、キャリバー 3255が搭載されています。技術の粋を尽くし、時計製造技術の最先端を行くこの機械式自動巻ムーブメントは、数件の特許を申請し、精確性、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、利便性と信頼性において抜本的な進歩を遂げています。

キャリバー3255 は、高いエネルギー効率と信頼性を両立させる、ロレックスが特許を取得したクロナジー エスケープメントを採用しています。ニッケル・リン合金製のため、磁場の影響を受けにくくなっています。ムーブメントには、ロレックスが独自の常磁性合金から製造し、従来のヘアスプリングの10倍もの耐衝撃性を実現した、最適化されたブルーパラクロム・ヘアスプリングが備えられています。ブルー パラクロム・ヘアスプリングにはロレックス オーバーコイルが装備され、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。振動子にはロレックスがデザインし、特許を取得した高性能パラフレックス ショック・アブソーバが搭載され、ムーブメントへの耐衝撃性を高めています。
キャリバー 3255はパーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備えています。香箱の構造と、エスケープメントの効率を向上させたことにより、キャリバー 3255のパワーリザーブは約70時間まで延長されました。このキャリバーはデイデイト 36に今回初めて採用されます。

揺るぎない一流の証

デイデイトの世界観