エレガンスと革新の融合

デイデイトは発表当時、日付とフルスペルの曜日表示 (現在では26言語に対応) を備えた自動巻防水クロノメーターという、時計製造における技術革新のすべてを兼ね備えた初の腕時計であった。貴金属のみで製造され、象徴的なプレジデントブレスレットを備えており、その多彩なダイアルは自己表現のための理想的なキャンバスとなっている。

瞬時に変わる
日付表示:
真夜中の奇跡

1956年に初登場したデイデイトは、世界初の特徴を備えていた。それは、ダイアルに曜日をフルスペルで表示するという機能である。世界中の数多くのリーダーたちに愛用されているデイデイトの曜日表示は、様々な言語から選択できる。

プレジデントブレスレット:
運命づけられた名前

1956年のデイデイトの発表に合わせて特別に作られたエレガントで印象的なプレジデントブレスレットは、このモデルのプレステージの一部である。ひと目で見分けられる特徴的なこの18 ct ゴールドまたは950 プラチナのブレスレットは、半円形のリンクが3列に配されており、信頼性と快適な装着感を提供する。

クラウンクラスプ:
細部に宿るエレガンス

プレジデントブレスレットには、ロレックス クラウンで開閉するコンシールドタイプのクラウンクラスプが装備され、このブレスレットを美しくかつ機能的に仕上げている。リンク内部にはセラミックインサートが備えられ、柔軟性と耐久性を高めている。また、ブレスレットのコンシールドアタッチメントシステムにより、ブレスレットとケースの接続部は一体感のある外観になっている。

フルーテッドベゼル:
固く守られた秘密

元来、オイスターベゼルの刻みにはベゼルをケースにねじ込み、時計の防水性能を確実にする機能的な目的があった。したがって、その刻みはバックケースにも施されており、防水性能の維持という同じ理由で、ロレックス独自のツールを用いてケースにねじ込まれていた。時を経て、ベゼルの刻みはデザインの要素となり、ロレックスのシンボルとなった。現在、フルーテッドベゼルは卓越性の象徴であり、ゴールドあるいはプラチナで製造されている。

950 プラチナ製の新しいデイデイト 40には、ロレックス初のプラチナ製フルーテッドベゼルが採用された。これはデザインと技術の面での偉業であり、フルーティング加工の工程を最も高貴な金属であるプラチナで行うためには長年の研究を要した。完璧な形状で輝く表面のフルーティングを成形するには高度な技術を要し、卓越したノウハウを有するロレックスだからこそ実現できた。

デイデイトのダイアル:
現代性に息づくクラシック

伝統的なサンレイ仕上げの上にレーザーエッチングのモチーフがあしらわれ、洗練された印象を与える。面取りを施し、デザイン化されたローマ数字の新しいアワーマーカーは、パーツのひとつひとつが手作業で配置され、このカリスマ的な時計の男性らしさを強調している。ロレックスのダイアル製造における比類なき卓越性を示すこのダイアルは、デイデイトのために特別に製造された。アイスブルーダイアルは、これまでと同様に950 プラチナ製のロレックス ウォッチの特徴となっている。

ロレックスの鋳造所:
貴金属を極める

ロレックスのゴールド製ウォッチは、この貴重な金属を長年にわたって使用し、その扱いを熟知するブランドだけが実現できる魅惑的な輝きを放つ。ロレックスは、時計ケースとブレスレットに比類なき煌めきをもたらす唯一の方法として、全行程を一貫して管理している。

ロレックスは、750‰(千分率)の純金に適切な量の金属を混合した貴重な合金、18 ct ゴールドのみを使用。合金にはイエロー、ホワイト、ロレックスが開発した独自のピンクゴールド合金であるエバーローズゴールドなど、製造するゴールドの種類に合わせて、シルバーや銅が混合される。優れた耐久性を備え、研磨しやすく、世代を超えて続く眩い輝きを保証する。

ページをシェアする