ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
2017年ロレックス新作モデル

ヨットマスターⅡ

オイスター パーペチュアル

新しいロレックス ヨットマスター Ⅱ

新しいディスプレイになった
ロレックスの
レガッタ クロノグラフ。

ロレックスはヨット愛好家と経験豊かなプロセーラーのためにつくられたレガッタ クロノグラフ、オイスター パーペチュアル ヨットマスター II の新モデルを発表します。ヨットマスター II は、ロレックスのプロフェッショナルモデルの特徴である新しい針が採用された新ダイアルが装備され、視認性が向上し、デザインの美しさが際立っています。

新しいダイアルのアワーマーカーは 12 時位置が三角形、 6 時位置が長方形で、より直感的に時刻を読み取ることができます。時針の先端は発光性のディスク型になり、分針とはっきり区別することができます。この新しいディスプレイは 904L スチール、エバーローズロレゾールモデル( 904L スチールと 18 ct エバーローズゴールドのコンビネーション)、 18 ct イエローゴルドと 18 ct ホワイトゴールドのヨットマスター II のすべてのモデルに採用されます。すべてのロレックス ウォッチと同様に、新しいヨットマスター II は 2015 年にロレックスが再定義した Superlative Chronometer(高精度クロノメーター)で、手首着用時に極めて優れた性能を発揮します。

新しいヨットマスター Ⅱのベゼル

ベゼルとムーブメントを連動させる革新的なインターフェースである回転式リングコマンドベゼルにより、カウントダウンのプログラムを設定します。

スキッパーのための時計

2007 年に発表されたプロフェッショナル レガッタ ウォッチのヨットマスター II は、ロレックスが開発した独自の機能:瞬時にシンクロナイゼーションできる機械式メモリーを備えたプログラム可能なカウントダウンを搭載しています。この機能により、 レガッタレースを左右するスタート時の正確な計時が可能になりました。その技術は複雑ですが、操作はとても簡単です。ロレックスが開発した、ベゼルとムーブメントを連動させる革新的なインターフェースである回転式リングコマンドベゼルにより、カウントダウンのプログラムを設定します。

ヨットマスター II は 1 分~ 10 分までのカウントダウンをプログラムできる機能が搭載されています。プログラミングは機械に記憶されるため、リセットすると前回の設定に戻ります。レース開始後は、公式カウントダウンに合わせ、瞬時に同期させることができます。

公式タイムより早かったり遅かったり
した場合、 4 時位置のプッシャーで
カウントダウンをリセットします。

ヨットマスター II をさらに見る

リューズは時計を調整したり、
リングコマンドベゼルと合わせて
使うことでカウントダウン時間を
設定するために使われます。

2 時位置のプッシャーで
カウントダウンを開始、停止させます。

防水性の象徴、オイスターケース

ヨットマスター Ⅱ のオイスターケースは水深 100 m( 330 フィート)までの防水性能が保証されており、堅牢性の象徴となっています。特徴的な形のミドルケースは 18 ct ゴールドまたは極めて耐蝕性に優れる 904L スチールの塊から製造され、刻みが入れられた裏蓋は専用工具で厳重に密閉されます。

ロレックスのウォッチメーカーだけが、特別な工具でムーブメントに触れることができます。三重密閉構造の防水システムが搭載されたトリプロックリューズは、潜水艦のハッチのようにケースにしっかりとねじ込まれ、ミドルケースのリューズガードで保護されています。クリスタルは、極めて耐傷性に優れるサファイアから製造されています。この防水性オイスターケースがヨットマスターⅡの高精度ムーブメントを最大限に保護します。

パーペチュアル キャリバー 4161

ヨットマスターⅡには、ロレックスが開発・製造した機械式自動巻クロノグラフムーブメント、キャリバー 4161 が搭載されています。その構造、製造品質と革新的な特徴により、並外れた精度と信頼性を誇ります。ロレックスの技術力の結晶ともいえるこのムーブメントは 35,000 時間以上もの開発期間を経て完成し、特許機能を搭載した、約 360 個の部品で構成されています。一部の部品はロレックスの自社内で行われるミクロ製造技術、 UV-LiGA で製造されています。この技術により、従来の方法では製造できなかった微細な部品や複雑な形状の部品が製造できるようになりました。

新しいロレックス ヨットマスター Ⅱ:キャリバー 4161
キャリバー 4161、
高性能クロノグラフ ムーブメント

パラクロム・ヘアスプリングを備えた振動子

カウントダウン・ラック

リセット・ハート

キャリバー 4161、
高性能クロノグラフ ムーブメント

キャリバー 4161 はコスモグラフ デイトナに搭載されている、ロレックスの 4130 クロノグラフムーブメントを応用しています。トラバーシング コラムウィールと垂直クラッチが搭載され、クロノグラフを瞬時にスタートさせることができます。時計の心臓部である振動子には、ロレックスが特許を取得し、独自の合金から製造したブルー パラクロム・ヘアスプリングを備えています。パラクロム・ヘアスプリングは耐磁性に優れ、気温の変化にさらされても非常に高い安定性を保ち、標準の 10 倍もの耐衝撃性を実現しました。ヘアスプリングにはロレックス オーバーコイルが装備され、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。キャリバー 4161 はパーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備え、パワーリザーブは 約 72 時間です。

オイスターロッククラスプ付ブレスレット

ヨットマスター II のオイスターブレスレットには、クラスプが誤って開くことを防止するセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプが装備されています。また、ロレックスが特許を取得したイージーリンクシステムが搭載されており、この独創的なシステムによりブレスレットの長さを容易に約 5 mm 調節することができ、あらゆる場面でより快適な装着感を提供します。

新しいロレックス オイスター パーペチュアル ヨットマスター Ⅱ ウォッチ

Superlative Chronometer Certification

すべてのロレックス ウォッチと同様に、ヨットマスター II は 2015 年にロレックスが再定義した Superlative Chronometer(高精度クロノメーター)です。この独自の称号は時計製造業界の基準より厳しく設定した、ロレックスが自社内で独自に行う一連の検査を通過したことを証明しています。

2017 年新作 ヨットマスター Ⅱ

手首着用時に精度、パワーリザーブ、防水性能と自動巻において最高の性能を発揮することを保証するために、認定はムーブメントをケーシングした後、つまり完全に組立てられた時計に与えられます。ケーシング後のロレックス高精度クロノメーターは平均日差が − 2 ~ + 2 秒以内に調整され、これは公認クロノメーターの基準の 2 倍以上です。グリーンのタグがついているロレックス ウォッチはすべて高精度クロノメーターで、 5 年間の国際保証が適用されます。

オイスター パーペチュアル
ヨットマスター Ⅱ の
開発にあたり、ロレックスは
世界初となるユニークで
新しい時計の複雑機構を
考案しました。

ロレックスはプロスキッパーが時計に求める機能と人間工学的デザインを想定し、新たな時計を創造しました。機械式メモリーを備えたプログラム可能なカウントダウンの技術的な複雑さは、外から見て取ることはできません。ヨットマスター Ⅱ は簡単な操作性と高い視認性、唯一無二のスタイルを誇ります。

  • セラクロム
    リングコマンド
    ベゼルインサート
  • トリプロック
    リューズ
  • パラクロム・
    ヘアスプリング
  • セーフティキャッチ付オイスターロッククラスプ

ヨットマスター Ⅱのユーザーガイド

ムーブメントとベゼルの相互作用により、簡単にカウントダウンを設定・操作できる洗練された機能が実現しました。次のユーザーガイドではヨットマスター Ⅱ の使い方の詳細を学ぶことが可能です。

ヨットマスターⅡの操作方法

ヨットマスターⅡ
の操作方法

1. レガッタレース開始前

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

カウントダウンの秒針が止まっていることを確認します。動いている場合は、上部プッシャーを押して止めてください。
ベゼルを反時計回りに止まるところまで回転させ、ベゼル位置 2 に設定します。ベゼルがこの位置にあるとき、上部プッシャーはロックされます。

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

下部プッシャーを止まるところまで押します。カウントダウンの秒針は 12 時の位置に戻ります。カウントダウンの分針は、前回プログラムした分数に戻ります。

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

リューズをゆるめます。
リューズを前方に回してカウントダウンの分数を設定します。カウントダウンの分針は 1 分毎に動きます。設定したい分数で止めます。(この場合は 10 分間)

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

ベゼルを時計回りに止まるところまで回転させ、ベゼル位置 1 に戻します。ベゼルがこの位置にあるとき、上部プッシャーは解除され、下部プッシャーが操作可能になります。

カウントダウン機能の
プログラミング
(レース開始前)

リューズを押し込みながら、ねじ込みます。

カウントダウンの
プログラムが
設定されました。

2. レガッタレース中

公式カウントダウン
の開始

レガッタの公式カウントダウンは、号砲とフラッグによる合図でスタートします。
上部プッシャーを押すとカウントダウンが始まります。カウントダウンの秒針が動き、経過時間(秒)を表示します。カウントダウンの分針は、ダイアル上の 10 から 0 の目盛りで残り時間(分)を示します。

公式カウントダウン
への同期

号砲の際に下部プッシャーを押すことにより、時計を公式カウントダウンに同期させることができます。カウントダウンの秒針はすぐにリセットされ、プッシャーを放すと同時に再び動き始めます。カウントダウンの分針も自動的に同時されます。

号砲

ホーンの音と2回目の号砲で揚げられたフラッグの降下により、スタート1分前が合図されます。この時、ヨットマスターⅡのカウントダウンが公式カウントダウンと一致していることを確認します。誤差がある場合、カウントダウンを再度、同期させます。(前ステップ)これで、時計はスタートラインを切るまでに残された時間を正確に示します。

公式
スタート

カウントダウンが終了すると、カウントダウンの分針は0で止まります。カウントダウンの秒針は進み続けます。
上部プッシャーを押すと、カウントダウンの秒針が止まります。
下部プッシャーを押すと、カウントダウンがリセットされます。カウントダウンの秒針は12時位置に戻ります。カウントダウンの分針は、最後にプログラミングした分数に戻ります。(この場合は10分)

ヨットマスターⅡの
設定が完了しました。

防水性を確実にするため、リューズ操作後は、必ず十分にリューズをねじ込んでください。水中でのリューズの操作は絶対にしないでください。

新しいロレックス ヨットマスター Ⅱ ウォッチのベゼル
New Rolex Yacht-Master II

新作モデル
ヨットマスター II

e-ブローシュア

あなたのパソコンやタブレット端末にe-ブローシュアをダウンロードすることで、このモデルに関する詳細な製品情報をご覧頂くことができます。

シェアされたモデルの中にお住まいの地域でお取り扱いのない時計が含まれています。

ロレックス正規品販売店は、日本国内で取扱いのあるロレックス コレクションのすべての時計をご案内いたします。