ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
2017年ロレックス新作モデル

スカイドゥエラー

オイスター パーペチュアル

新しいロレックス スカイ ドウェラー

旅行者のための時計。
904L スチールと
18 ct ゴールドの
コンビネーション
モデルを発表。

ロレックスは世界を旅する旅行者のための時計、オイスター パーペチュアル スカイドゥエラーに初めてイエローロレゾールとホワイトロレゾール ( 904L スチールと 18 ct  イエローまたはホワイトゴールドのコンビネーション) の新モデルを発表します。ダイアルに配された長方形のアワーマーカーと長くなった針には、視認性を高める長時間継続のルミネッセンスを採用したクロマライトディスプレイが搭載されています。

すべてのロレックス ウォッチと同様に、新しいスカイドゥエラーは 2015 年にロレックスが再定義した Superlative Chronometer(高精度クロノメーター)で、手首着用時に極めて優れた性能を発揮します。 

新しいスカイ ドウェラーのベゼル

ホームタイム(基準時刻)は、
ダイアル上に配された
オフセンターの回転ディスクで
24 時間表示で示される。

世界を旅する旅行者のための時計

世界を旅する旅行者のためのエレガントな時計、オイスター パーペチュアル スカイドゥエラーは最先端技術と使いやすさを見事に融合させた革新的なデザインを誇る逸品です。 11 件の特許技術を採用した技術の結晶ともいえるスカイドゥエラーは、世界を旅する旅行者が容易に時刻を確認するために必要な情報を、これまでにない独創的な方法で提供します。センターの針がローカルタイム、ダイアル上の回転ディスクがホーム タイムを 24 時間式で示す第 2 タイムゾーン表示機能、 同名の天文現象からインスピレーションを受けて考案された、年に一度の 3 月 1 日にのみ日付調整が必要な革新的な年次カレンダー「サロス」、ダイアルのアワーマーカー外周にある 12 個の小窓での月表示機能などを備えています。また、各機能を素早く簡単にセットすることを可能にする、特許を取得した革新的な接続機構、回転式リングコマンドベゼルが搭載されています。

リングコマンドベゼルを回転させ、
3 つの機能のいずれかに合わせることで
日付、ローカルタイム、ホームタイムの
変更が可能となります。

スカイドゥエラーをさらに見る

リングコマンドベゼルで機能を選択、
そしてリューズで設定します。

ダイアル上の赤い逆三角形が
ホームタイムを示します。

ロレゾール、ゴールドとスチールの融合

ゴールドとスチールのコンビネーションのロレックス ウォッチはロレゾールと呼ばれ、 1933 年にその名が登録されて以来、ブランドの特徴となっています。ロレゾールは輝きと安定性が魅力の貴金属と、耐久性に優れ強度と信頼性で知られる金属との幸運な出会いから生まれました。これらの特性はすべて、ロレックス ウォッチに共存するエレガンスと性能を完璧に反映しています。スカイドゥエラーのイエローロレゾールモデルではベゼル、リューズとブレスレットのセンターリンクは 18 ct イエローゴールドで、ミドルケースとブレスレットのアウターリンクは 904L スチールです。

ホワイトロレゾール モデルではベゼルは 18 ct ホワイトゴールドで、リューズ、ミドルケースとブレスレットは 904L スチールです。

防水性の象徴、オイスターケース

スカイドゥエラーのオイスターケースは水深 100 m( 330 フィート)までの防水性能が保証されており、堅牢性の象徴となっています。特徴的な形のミドルケースは 904L スチールの塊から製造され、刻みが入れられた裏蓋は専用工具で厳重に密閉されます。ロレックスのウォッチメーカーだけが、特別な工具でムーブメントに触れることができます。

2017 年新作 ロレックス スカイドウェラー ウォッチ

二重密閉構造の防水システムが搭載されたトゥインロックリューズは、ケースにしっかりとねじ込まれています。日付の視認性を高めるために 3 時位置にサイクロップレンズが搭載されたクリスタルは、極めて耐傷性に優れるサファイアから製造されています。この防水性オイスターケースがスカイドゥエラーの高精度ムーブメントを最大限に保護します。

第2タイムゾーン表示と
月を表示する年次カレンダーを
搭載した初のロレックス。

パーペチュアル キャリバー 9001

スカイドゥエラーには、ロレックスが開発・製造した機械式自動巻ムーブメント、キャリバー 9001 が搭載されています。ロレックスがこれまでに開発した中で最も複雑なキャリバーのひとつで、 7 件の特許技術に支えられています。その構造、製造品質と革新的な特徴により、並外れた精度と信頼性を誇ります。

新しいロレックス スカイドウェラー:キャリバー 9001
キャリバー 9001、
ロレックスの
最も複雑なムーブメント

パラクロム・ヘアスプリングを備えた振動子

リングコマンドセレクター

サロス遊星ギア

キャリバー 9001、
ロレックスの最も複雑なムーブメント

時計の心臓部である振動子には、ロレックスが特許を取得し、独自の合金から製造したブルー パラクロム・ヘアスプリングを備えています。パラクロム ・ヘアスプリングは耐磁性に優れ、気温の変化にさらされても非常に高い安定性を保ち、標準の 10 倍もの耐衝撃性を実現しました。ヘアスプリングにはロレックス オーバーコイルが装備され、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。振動子は耐衝撃性を 50 % 向上させ、ロレックスが開発・特許を取得した高性能パラフレックス ショック・アブソーバの間に、高さ調節が可能なトラバーシングブリッジによってしっかりと固定されています。

キャリバー 9001 はパーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備え、パワーリザーブは 約 72 時間です。ムーブメントの外周に設置されたセレクターウィールが、機能を選択するためのムーブメントとベゼルの相互作用を実現します。

イージーリンクシステムを
搭載したブレスレット

スカイドゥエラーのホワイトロレゾールモデルには 904L スチールのオイスターブレスレット、イエローロレゾールモデルには 904L スチールと 18 ct イエローゴールドのコンビネーションのオイスターブレスレットが装備されています。オイスターブレスレットは、ベゼル下部の新しいコンシールドアタッチメント システムにより、ブレスレットとケースの接続部分はつなぎ目がなく、一体化しています。オイスター クラスプと、ロレックスが特許を取得したイージーリンクシステムが搭載されており、この独創的なシステムによりブレスレットの長さを容易に約 5 mm 調節することができ、あらゆる場面でより快適な装着感を提供します。

新しいロレックス オイスター パーペチュアル スカイ ドウェラー ウォッチ

Superlative Chronometer Certification

すべてのロレックス ウォッチと同様に、スカイドゥエラーは 2015 年にロレックスが再定義した Superlative Chronometer(高精度クロノメーター)です。この独自の称号は時計製造業界の基準より厳しく設定した、ロレックスが自社内で独自に行う一連の検査を通過したことを証明しています。手首着用時に精度、パワーリザーブ、防水性能と自動巻において最高の性能を発揮することを保証するために、認定はムーブメントをケーシングした後、つまり完全に組立てられた時計に与えられます。ケーシング後のロレックス高精度クロノメーターは平均日差が − 2 ~ + 2 秒以内に調整され、これは公認クロノメーターの基準の 2 倍以上です。グリーンのタグがついているロレックス ウォッチはすべて高精度クロノメーターで、 5 年間の国際保証が適用されます。

最先端技術と使いやすさを
見事に融合させた
革新的なデザインを誇る逸品。

回転式リングコマンドベゼルは、ムーブメントと相互作用し、世界を旅する人に容易な機能の設定を提供する。リングコマンドベゼルを回転させ、 3 つの機能の いずれかに合わせることで日付、ローカルタイム、ホームタイムの変更が可能となる。選択した機能は、リューズを早送り・逆戻しすることで素早く設定できる。この直感的な接続機構は、 60 もの部品から成る複雑な機構で構成され、最先端の時計製造技術と高度なマイクロメカニクスにより実現した。

  • リングコマンド
    ベゼル
  • パラクロム・
    ヘアスプリング
  • パラフレックス
    ショック・アブソーバ
  • クロマライト
    ディスプレイ

スカイドゥエラーの機能

スカイドゥエラーの 3 つの主要機能は、素早く容易に設定することが可能である。順序や回す方向に決まりはない。リングコマンドベゼルを回転させて機能を選び、リューズを一段階引き出して回し、調整する。その操作は非常にシンプルである。

スカイドゥエラーの設定

スカイドゥエラー
の設定方法

1. ホームタイム

ホームタイム
の設定

リューズをゆるめ、1段階引き出します。

ホームタイム
の設定

ベゼルを反時計回りに止まるところまで回転させ、ベゼル位置Ⅲに設定します。秒針は止まっているので、正確な時刻合わせが可能です。

ホームタイム
の設定

リューズを手前、または前方に回し、時間を24時間表示の回転ディスクで、分をセンターの分針で合わせます。

ホームタイム
の設定

ベゼルを時計回りに止まるところまで回転させ、元の位置に戻します。

ホームタイム
の設定

リューズをケースにねじ込みます。

ホームタイムが
設定されました。

2. ローカルタイム

ローカルタイム
の設定

ホームタイム(時間を24時間表示の回転ディスクで、分をセンターの分針で表示)を設定する時、時針(ローカルタイム)も動きます。そのため、ホームタイムはローカルタイムの前に設定してください。

ローカルタイム
の設定

リューズをゆるめ、1段階引き出します。

ローカルタイム
の設定

ベゼルをⅡの位置まで回転させます。

ローカルタイム
の設定

リューズを手前、または前方に回しローカルタイム(1時間ずつ進む時針によって表示)を設定します。24時間表示の回転ディスクと分針は動きません。時針のみが単独で1時間ずつ進みます。時計回りに進めた場合のみ、時針が深夜12時を過ぎると日付が変わります。午前と午後を正しく設定するために、一度、針を12時まで進めてください。日付が変わった場合は、深夜12時を示しています。

ローカルタイム
の設定

ベゼルを時計回りに止まるところまで回転させ、元の位置に戻します。

ローカルタイム
の設定

リューズをケースにねじ込みます。

ローカルタイムが
設定されました。

3. 月と日付

月と日付
の設定

月と日付を設定するには、次の手順で行います。

月と日付
の設定

リューズをゆるめ、1段階引き出します。

月と日付
の設定

ベゼルをⅠの位置まで回転させます。

月と日付
の設定

リューズを手前、または前方に回し月を設定します。現在の月が表示されるまで、日付と月を進めます。月は、ダイアルのアワーマーカー外周の12個の小窓で表示されます。例えば1月は1時位置、2月は2時位置、12月は12時位置の小窓の色が変わります。

月と日付
の設定

現在の日付が表示されるまでリューズを手前、または前方に回し日付を設定します。この年次カレンダーは月間30日と31日の月を自動的に区別します。修正は年に一度の3月1日にのみ必要となります。2月は28日、または29日までしかないためです。

月と日付
の設定

ベゼルを時計回りに止まるところまで回転させ、元の位置に戻します。

月と日付
の設定

リューズをケースにねじ込みます。

スカイドゥエラーの設定が
完了しました。

防水性を確実にするため、リューズ操作後は、必ず十分にリューズをねじ込んでください。水中でのリューズの操作は絶対にしないでください。

新しいロレックス スカイ ドウェラーのダイアル

新作モデル
スカイドゥエラー

e-ブローシュア

あなたのパソコンやタブレット端末にe-ブローシュアをダウンロードすることで、このモデルに関する詳細な製品情報をご覧頂くことができます。

オイスター & チェリーニ

2017年新作モデル

シェアされたモデルの中にお住まいの地域でお取り扱いのない時計が含まれています。

ロレックス正規品販売店は、日本国内で取扱いのあるロレックス コレクションのすべての時計をご案内いたします。