‭ロレックス ブティック 近鉄あべのハルカス‬
‭ロレックス ブティック 近鉄あべのハルカス‬

オーバーホールによって、お客様の時計は本来の機能と美しい外観を取り戻します。ムーブメントは分解・洗浄され、徹底した調整が行われます。

ケースとブレスレットには、その輝きを取り戻すために、非常に綿密な仕上げが施されます。さらに、精度および防水性能は厳しく検査され、品質と信頼性を保証します。オーバーホール終了後は、2年間有効の国際サービス保証書を発行します。オーバーホールや修理、点検等のご相談やご依頼は、全国主要都市のロレックスサービスセンターまたはサービスカウンターで承っております。またサービスセンターではご郵送による受付も行っております。専用の梱包キットをご用意しておりますので、最寄りのサービスセンターにお問い合わせください。

ステップ 1

分解

ブレスレットが時計のケースから取り外されます。裏蓋が開けられ、ムーブメントが取り外されます。その後、ケースは完全に分解されます。

ステップ 3

部品交換

ロレックスの時計技術者がムーブメントの各部品を綿密に検査し、交換が必要な部品を特定します。部品は、スイスのロレックス本社から供給される純正品のみが使用されます。

部品交換
ステップ 4

注油と組み立て

部品の摩擦や摩耗を最小限に抑えるため、高品質な潤滑油を使用し、ムーブメント各部に注意深く注油します。これにより、お客様のロレックスは、高い精度を保ち続けます。

注油と組み立て
ステップ 6

ケースとブレスレットの再仕上げ

時計のムーブメントと同様に、ケースとブレスレットも細心の注意を払って取り扱われます。洗浄後、ケースとブレスレットを丁寧に点検し、消耗していたり、傷ついた部品を交換します。その際は、ロレックスの純正部品のみが使用されます。その後、専門の技術者による研磨と超音波洗浄を経て輝きを取り戻します。

ステップ 7

ケースの再組み立て

ケースは注意深く組み立てられ、防水性能を確実にするために、すべてのパッキン類は交換されます。

ステップ 9

最終品質検査

各工程において厳密な品質チェックをクリアしたロレックスは最終品質検査が行われます。最終検査では最高の品質を保証するため、自動巻きの持続、精度、そして外観においても基準を満たしていることを再度確認します。

最終品質検査
ステップ 10

2年間の国際サービス保証

オーバーホールを受けたロレックスには、2年間有効な国際サービス保証書が発行されます。事故や時計の誤った取扱いに起因する不具合は、本保証の対象にはなりません。また、ロレックス以外の第三者によって時計に何らかの手が加えられた場合や純正部品以外が使用されている場合も、この保証は無効となります。

2年間の国際サービス保証
ロレックスのお手入れ

よくあるご質問

ページをシェアする