ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

ユジャ・ワン

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

クラシックピアニスト、ユジャ・ワンは1987年、北京で生まれた。ダンサーの母とパーカッショニストの父の影響を受け、幼い頃にピアノを始める。15歳でアスペン音楽祭のコンチェルト・コンペティションで優勝。フィラデルフィアのカーティス音楽院在学中にプロの演奏家として活動を始め、高く評価された。母から時の大切さを教え込まれた彼女が、そのお礼として贈るものは、一つしかない。

ロレックスとユジャ・ワン - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
ロレックスとユジャ・ワンのストーリーを見る。中国出身のクラシック・ピアニストであり、ロレックスのアンバサダーでもある彼女が、青色のデイトジャストについて語る。

「幼い私に、母はいつも言って聞かせました。『一番大切なのは時間よ、時が人生で一番貴重なのよ。過ぎてしまった時は、二度と取り戻せないのだから。』」

まだほんの幼い頃、6歳で私は演奏を始めました。その半年後にはステージで演奏しています。夢中でした。練習を重ねて色々なことを試してみると、次々に発見があります。探究し発見する。学ぶということに終わりはありません。
 

音楽は私の人生を意義深いものにしてくれます。私にとって、パラメータのようなものですね、日々生まれてくる独創的な考えで人生を測るのです。ソリストというのは孤独なものです。だからいつも自分の腕時計を携えています。ルツェルン音楽祭で初めてソリストを務めた時も、時計はそばにありました。故郷の北京でNCPA [中国国家大劇院]で招聘アーティストだった時も、ロレックスと一緒でした。キャリアの節目のすべてにいつも寄り添ってくれます。
 

箱を開けた時のことを、私は今でもはっきりと覚えています。21歳、スイスのベルビエール音楽祭に参加していた時のことです。このエレガントな深いブルーの時計が、箱の中から私を見つめていました。時計そのものだけではなく、時計が象徴するものが大切なのです-美しくエレガントで、情熱に溢れ、正確、そして完璧-まさに私がクラシック音楽で目指していることです。人生のように、時計も動き続けます。時は常に過ぎていくものだと、時計を見るたびに、時の大切さを思い出します。

ユジャ・ワンのロレックスウォッチ

「時計そのものだけではなく、時計が象徴するものが大切なのです-美しくエレガントで、情熱に溢れ、正確、そして完璧-まさに私がクラシック音楽で目指していることです。」

幼い私に、母はいつも言って聞かせました。「一番大切なのは時間よ、時が人生で一番貴重なのよ。過ぎてしまった時は、二度と取り戻せないのだから。」そしてそれは、生産的に時を過ごすということではなく、一瞬一瞬を大切にすることなのだと思います。だから、私は母に時計を贈るのです。

音楽は人々の気分を高揚させてくれます。ロレックスは私に目指すべきゴールを示してくれます。私にとって常にベストを尽くすためのモチベーションのようなものです。人生において、日々の行動や芸術活動において、そして何を達成できるのか、常に高い目標を持ちたいと思います。

世界を魅了するストーリー

ユジャ・ワン

神業の演奏技術、芸術性、ステージで放つ強烈な存在感。これらを兼ね備えた稀有なピアニスト、ユジャ・ワンは、クラシック音楽の可能性を再定義してきた。30歳になる前に、世界の主要ステージでデビューを果たした。若さにかかわらず、成熟したレパートリーを誇る。その才能はとどまることを知らない。

ロレックスとユジャ・ワン - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
ロレックスとユジャ・ワンのストーリーを見る。中国出身のクラシック・ピアニストであり、ロレックスのアンバサダーでもある彼女が、青色のデイトジャストについて語る。

インスパイヤリング ウーマン
セレクション

限界を超え、伝統にとらわれず、新たな挑戦に挑む。
その類まれなる功績で世界を魅了する女性たち。