ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

トム・クリステンセン

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

耐久レースドライバーのトム・クリステンセンは、デンマークの小さな町に生まれ、カーレーサーの父が経営するガソリンスタンドで育った。この生い立ちが彼の将来を決定づけた。クリステンセンのドライバーとしてのキャリアは日本で始まった。そして1997年、レース開始のわずか4日前に招聘され、耐久レースの象徴であるル・マン24時間レースに初参戦。いきなり優勝を果たすだけでなく、新記録を樹立した。その後2年間は不運に見舞われたが、2000年に再びル・マン24時間レースで優勝。以後5連覇を達成し、最多記録を塗り替えた。この忘れがたい日の記念として、クリステンセンは「究極のドライバーズウォッチ」であるロレックス コスモグラフ デイトナを購入した。

Every Rolex Tells a Story - Tom Kristensen

「大きな夢をもって好きなことをやっていれば、良い方向に向かうものです。」

記憶にある初めて見たカーレースは、母が押すベビーカーに乗って見た、父のレースです。自分で運転を始めるとすぐに夢中になりました。最初に乗ったゴーカートのメーターを今でもよく覚えています。あの開放感、緊張感、集中力。しかしすぐに限界を超えることの方が面白くなったのです。

1997年、初めてル・マン24時間レースに参戦した時は、ポジティブなフィーリングと緊張感、アドレナリンで満ちていました。完璧な組合せです。若いころは、ル・マンといえば夢のまた夢でした。地方の小さなガソリンスタンドで小さな車を乗り回していた私にとって、はるかかなたのことでした。しかし、大きな夢をもって好きなことをやっていれば、良い方向に向かうものです。

1997年の初優勝の後、2年間はうまく行きませんでした。1999年、ル・マンでかつて経験したことのない、4周近い大きなリードをしていました。しかし車が故障したのです。キャリア最大の失望感を味わいました。でも、転んだら起き上がる、これほど大切なことはありません。ル・マン優勝はできる、だがもう一度優勝することが重要だ。この考えが私を成長させてくれました。生まれつき競争心は強い方なのですが、この時ほど勝ちたい、表彰台に戻りたいと渇望したことはありません。2000年の優勝は一世一代の勝利であり、6連覇の始まりでした。

ル・マンでは24時間走り続けることと優勝することの、どちらが最高ですか、と聞かれることがあります。あの24時間とその前の準備すべて、そして一瞬一瞬を楽しめなければ、勝つことはできないと答えます。ル・マンで共に働く人々、チームメイト、メカニック、エンジニアは皆、人生の勉強をしていると思います。努力とエネルギーを惜しまず注ぎ込み、耐え続ければ、結果は出るのです。成果を得るためにはそれ以外の方法はありません。

「2000年の優勝は一世一代の勝利であり、6連覇の始まりでした。」

手が届かないと感じることもありますが、達成すると手放したくなくなります。不運だった2年間の後に2勝目を挙げられた。これは何か祝わなくては、と思いました。あの瞬間を大切にいつまでもそばに置いておきたい。だからご褒美として、究極のドライバーズウォッチ、ロレックス デイトナを自分に贈ることにしたのです。

トム・クリステンセンのロレックス ウォッチ

裕福な生まれではありませんから、自分の貯金でロレックス デイトナを買うということは、一大決心でした。色々な意味で、賞品として時計をもらうということは嬉しいサプライズですが、自分のお金で買うというのは、本当の意味でご褒美です。

「あの瞬間を大切にいつまでもそばに置いておきたい。だからご褒美として、究極のドライバーズウォッチ、ロレックス デイトナを自分に贈ることにしたのです。」

私のロレックス デイトナには2000という年号が刻まれています。デイトナを見る度にあのレースと、この時計が象徴する素晴らしいパフォーマンス、仲間たちとの友情、私の人生において記念すべき時を思い起こしてくれます。