ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

ティム・ヘンマン

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

ティム・ヘンマンはイギリスで最も成功したテニスプレイヤーのひとりで、1996年に国内ランキングで1位を獲得すると、1999年から2005年に掛けても再び1位に返り咲いた。3歳になる前にテニスを始めた彼は、テニス一家の3人兄弟の末っ子として生まれた。彼の祖父、祖母、そして曾祖母はウィンブルドン選手権に出場している。ヘンマン自身は1995年にグランドスラム大会での初勝利をウィンブルドンで収めると、その後、4度の準決勝進出を果たした。しかし、彼が初めてウィンブルドンのコートを目にしたのはそれよりずっと前のことで、その日のことを彼と母は決して忘れない。そして、彼がロレックスを知ったのもこの時だった。

ロレックスとティム・ヘンマン - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
ロレックスとティム・ヘンマンのストーリーを見る。イギリス出身のテニスプレーヤーであり、ロレックス・テスティモニーでもあるティム・ヘンマンが初めて手に入れたロレックスの時計について特別な想いを語る。

「ウィンブルドンのコートに立つ時はいつでも、夢を抱いていた6歳の少年の姿が頭に浮かぶのです。」

1981年に初めてウィンブルドンを訪れた時のことは何一つ忘れていません。恐らく、その日にどんな服装をしていたかまで覚えています。それは大会初日の月曜日で、私は6歳でした。母と私はラッキーなことにセンターコートのチケットを手にしていました。5回目のディフェンディング・チャンピオンであったビョルン・ボルグがコートに入場してきた時、強烈な印象を受けました。印象が非常に強かったのは、彼がその試合に勝利したからだと思います。子どもであれば、勝っている選手を応援する方がずっと楽しく感じるものです。ボルグは間違いなく私が初めて憧れたテニス選手でした。この時に、私は唯一無二となる将来のキャリアを決めたのです。ウィンブルドンでプレーすることが私の夢になりました。

私の家族はテニス一家で、母はジュニア選手、祖父母はミックス・ダブルスでペアを組みウィンブルドンに出場、さらに曾祖母も1900年代初期にウィンブルドンでプレーしました。曾祖母はウィンブルドンで初めてオーバーサーブをした女子選手で、祖母はアンダーサーブをした最後の女子選手だったのです。

「私に選手としての素質があることを両親が心底信じていたかは分かりませんが、少なくとも私にチャンスを与えたいと思ってくれました。」

ティム・ヘンマンのロレックスウォッチ

家族の中で一番小さくて、弱く、おっとりしていた私は、皆に追いつくために競う術を学ぶ必要がありました。私に選手としての素質があることを両親が心底信じていたかは分かりませんが、少なくとも私にチャンスを与えたいと思ってくれました。なぜなら両親は、私にとってテニスが重要なもので、テニスへの強い情熱と愛情があることを知っていたからです。自分自身が人間として成長する上で、この家庭環境は間違いなく決定的な要素でした。

いよいよウィンブルドンでプレーするチャンスを得たときは、本当に興奮しました。出場を待ち切れず、楽しむために万全の準備を整えました。そのコートに立つ時はいつでも、夢を抱いていた6歳の少年の姿が頭に浮かぶのです。

私が初めてセンターコートに設置されたロレックスのクロックを見て、ロレックスが何なのかを母にたずねたのは1981年のあの日のことでした。その時に、いつか自分自身のロレックスを持つのだというビジョンと希望を初めて持ったのです。この時計が初めてのロレックスなのですが、これを得るまでにあれから32年かかりました。しかし私にとっては非常に意味深い、待つだけの価値があるものでした。

「私が初めてセンターコートに設置されたロレックスのクロックを見て、ロレックスが何なのかを母にたずねたのは1981年のあの日のことでした。」

この時計を見るとすぐに、母とスタンドに座る6歳の頃の自分を思い起こします。母はその日の写真を今でも持っていますし、家にはまだチケットも残っていると思います。ですから、この時計についてのストーリーを語って欲しいと頼まれた時、その依頼を母に転送して、「覚えている?」と聞きました。母からはこのような返事が送られてきました。「昨日のことのように覚えているわ。」

他のストーリーを見る

#EveryRolexTellsAStory