ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

タイガー・ウッズ

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

タイガー・ウッズは史上最も偉大なゴルファーの一人であり、もはやゴルフと同義語である。1997年に弱冠21歳の時、アメリカのオーガスタで開催されるマスターズ・トーナメントを最少スコア記録で優勝。2001年には、マスターズ優勝後にメジャー4大会連覇という快挙を成し遂げた最初のプレイヤーとなった。ゴルフキャリアが20年を超えた彼にとって、成功の定義は変わり、現在は父親であることが最大の勲章である。ゴルフの他に彼が情熱を注いでいるものはダイビングで、海に潜るときは必ず、彼が最も信頼しているロレックス ディープシーを身につけている。

ロレックスとタイガー・ウッズ - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
タイガー・ウッズのロレックスへの愛を見る。ゴルフ界の先駆者でありロレックスのアンバサダーでもある彼は、コース上の勝利と自身のディープシーを語る。

「かつて成功とは私にとって、抜群の成績を残すことと、トーナメントに勝利することでしたが、今は幸せでいることだと考えています。」

私の成功に対する定義は、年とともに変化していきました。かつて成功とは私にとって、抜群の成績を残すことと、トーナメントに勝利することでしたが、今は幸せでいることだと考えています。目標を達成することが成功なのではなく、鏡に映った自分が幸せな顔をしているかどうかだと思うのです。自分が幸せだといえないことが過去には何度もありました。私たちの誰もがその安定や人生における平静を手に入れようと日々戦い、模索しているのだと思います。私は自分自身と、ゴルフコースの内外で自分が達成してきたことを幸せだと感じています。

「ゴルフにおける私の最大の偉業は、4つのメジャー大会の連続制覇です。この4つのトロフィーを手にした人は、私以外に誰もいません。」

私の人生において最も価値があることは、父親になったことです。子供たちの楽しそうな姿を見る時、この上ない喜びを感じます。それがどんなことに対してであってもです。私は彼らがいろいろなことを試し、好きなことを見つけるための環境や機会を与えていきたいと考えています。それが私の情熱と関係のあることでも、そうでなくても、それは重要なことではありません。

 

ゴルフにおける私の最大の偉業は、4つのメジャー大会の連続制覇です。この4つのトロフィーを手にした人は、私以外に誰もいません。だから、今の時代にそれを成し遂げた最初の人物になったことは、私にとって大きな意味があります。

ゴルフをしていない時は、海で時間を過ごしています。私は南カルフォルニアの太平洋沿岸で育ち、いつもサーフィンをしていました。今でもダイビングは続けています。水は私の人生の一部です。潮風の香りはとても心地良く、海の塩水、砂の感覚…どれもが私の愛するものです。だからロレックス ディープシーはそんな私にとって信頼できる理想的な時計です。着け心地がとてもよく、重くて、頑丈で、そして男らしい時計です。

タイガー・ウッズ ディープシー

私はいつも海に潜ります。水の中にいると無心になれるからです。リラックスできて、とても楽しいものです。誰もが携帯電話を気にしている陸上とは違って、水中では時間はゆっくりと流れ、研ぎ澄まされた感覚でいられるのです。周りにあるものを観察するのも好きです。

 

私は子供たちと自由に海に潜り、スキューバダイビングをしたり、魚を探したりします。海で過ごす何気ない時間は最高です。娘は貝を集めること、息子はタコノマクラ(ウニの一種)を探すことが大好きです。彼らにとって深すぎて取れないものは、私が潜って取ってあげます。こんなひと時にこの上ない幸福を感じます。

「私の腕時計は、勝利と敗北、子供たちとの日常、私個人の人生の一部となりました。」

どんな環境でも、どんな服装にも合い、いつでも身につけられるので、私はこの腕時計が好きです。どこに行くにも、何をするにも一緒です。既に10回近く私と世界一周をしたと思います。

私の腕時計は、勝利と敗北、子供たちとの日常、私個人の人生の一部となりました。最初この腕時計が私についてくることができるか心配だったのですが、全く問題ありませんでした。

他のストーリーを見る

#EveryRolexTellsAStory