ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

スティーブ・ゲルダ

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

スイスの障害馬術チャンピオンのスティーブ・ゲルダは、物心がつく前から馬に乗っていた。そして世界に名高い障害飛越騎手となった彼の今日の成功を築き上げたのは、馬術競技に対する献身と馬への情熱に他ならない。2012年には世界第3位にランクされ、続く2013年にCHIジュネーブで開催されたロレックス グランプリで見事優勝を飾った。その時彼が身に着けていたロレックス コスモグラフ デイトナは、彼が馬と育んできた愛情物語を思い起こさせるものであり、その成功の証でもある。

ロレックスとスティーブ・ゲルダ - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
スティーブ・ゲルダ のストーリーを見る。馬術騎手であり、ロレックスのアンバサダーでもある彼は、自身のキャリアとロレックス デイトナを語る。

「私の心の中には、馬とずっと一緒にいたいという思いがありました。歩き始める前にすでに馬に跨っていたくらいですから。」

騎手と馬とをつないでいるもの、それは愛情です。愛情は、ある日突然、生まれるものではありません。騎手は馬と向き合い、馬が知っていること、知らないことをじっくりと時間をかけて理解していきます。双方の間の調和は信頼関係のもとに徐々に形成されていくのです。

私の心の中には、馬とずっと一緒にいたいという思いがありました。歩き始める前にすでに馬に跨っていたくらいですから。馬の背中に跨ること、それは私にとって幸福以外の何ものでもありません。なぜならば、自由を感じることができるからです。そこにいるのは私と馬だけです。それは私がいつも探し求めている感覚で、私が生きていく中で最も尊重している感覚でもあります。障害飛越競技はスポーツですが、スポーツを超えた生き方そのものと言えるでしょう。馬に自分の命を捧げるのですから、馬に深い愛着を持っている必要があります。馬術は人生を学ぶにあたって最も優れた学校でもあります。馬たちが私に教えてくれたことは、私という人間に良い影響を与えてきました。成功はこうした経過を経て、初めて得られるものです。

「2013年にこの特別なイベントであるCHI ジュネーブで初めて勝利を手にした時に身につけていたロレックス デイトナは、私にとって大変意味のあるものです。」

初めてジュネーブに出場したのは、16歳の頃でした。試合も観客も大好きです。観客が私のパフォーマンスに応えてくれますので、一年のうち最も楽しみにしている週です。ですから、毎年常にベストを尽くすことを心に誓っています。スイスの観客は競技の中で最も大切な部分を占めています。アリーナに登場した騎手は、観客の声援に翼を与えられたような気持ちになれるのです。

スティーブ・ゲルダ ロレックス コスモグラフ デイトナ

2013年にこの特別なイベントであるCHI ジュネーブで初めて勝利を手にした時に身につけていたロレックス デイトナは、私にとって大変意味のあるものです。この日を忘れることは決してないでしょう。おそらく私が最も多く身につけているのがこの腕時計で、いつでもどこでも、昼も夜も、着けています。

この腕時計と多くの素晴らしい瞬間を一緒に過ごしてきました。でもこの腕時計が言葉を話すことができなくてよかったと思います。私たちの間だけに留めておきたい出来事もありますから。.

今日、この腕時計を見ると、私の一部となった何かが見えるような気さえします。

他のストーリーを見る

#EveryRolexTellsAStory